サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

生物の進化と多様性

森脇和郎, 岩槻邦男 編著

詳細情報

タイトル 生物の進化と多様性
著者 森脇和郎, 岩槻邦男 編著
著者標目 森脇, 和郎, 1930-2013
著者標目 岩槻, 邦男, 1934-
シリーズ名 放送大学教材 ; 1999
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社放送大学教育振興会
出版年月日等 1999.3
大きさ、容量等 253p ; 21cm
ISBN 4595568517
価格 3000円
JP番号 20007480
出版年(W3CDTF) 1999
件名(キーワード) 系統学 (生物)
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 進化
NDLC RA121
NDC(9版) 467.5 : 遺伝学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 生物の進化と多様性
  • 目次
  • まえがき 3
  • 1ー 生物多様性と生物の進化 岩槻邦男 11
  • 1. 生物の多様性 11
  • 2. 生物はどれだけ多様か 14
  • 3. 生物多様性の由来 16
  • 4. 生物多様性研究の方法 18
  • 5. 生物の分類体系 20
  • 2ー 分子レベルの進化と中立説 高畑尚之 23
  • 1. はじめに 23
  • 2. 分子進化の機構 23
  • 3. 遺伝的多様度 26
  • 4. 分子進化速度 27
  • 5. 分子進化の特徴と中立説 28
  • 6. おわりに 32
  • 3ー 生物界の分子系統樹 堀寛 34
  • 1. 古典的系統樹 34
  • 2. 分子進化学の誕生 39
  • 3. 分子時計 40
  • 4. 系統樹の構築法 41
  • 5. 分子系統樹による生物界の全体図 42
  • 6. 新しい遺伝子の出現と分子時計 49
  • 7. ゲノム当たりのDNA量 50
  • 8. ゲノムDNAの半入れ子構造 52
  • 9. 遺伝子重複 54
  • 10. 遺伝子重複の意味 56
  • 4ー 動物ゲノム進化の道筋 大野乾 58
  • 1. はじめに 58
  • 2. 細菌由来の有核生物細胞器官数種 59
  • 3. 水素の核融合反応による他元素の生産と宇宙に分子酸素が存在しない理由 60
  • 4. 35億年前に存在した微生物化石が物語る最初に誕生した生物 61
  • 5. 最初の有核生物としての原始青緑藻? 62
  • 6. 証明済みの古真核生物アーケゾアとその細胞器官ヒドロゲノソーム 63
  • 7. 好気性紅型非硫黄真細菌由来の酸素消費エネルギー生産工場ミトコンドリア 64
  • 8. ミトコンドリアが未だに自身の環状ゲノムを維持している理由 65
  • 9. 5億5千万年前のカンプリア初期に爆発的に同時出現した多細胞動物全門はその直前まで一先祖を共有していたらしいという知見 69
  • 10. シアノバクテリアの細胞内寄生による葉緑体の獲得 71
  • 11. グラム陽性細菌由来細胞器官ペルオキシソーム 73
  • 12. 繊毛,鞭毛のスピロヘータ細菌由来 73
  • 13. 要約 74
  • 5ー 動物の系統樹 白山義久 76
  • 1. 分類学 76
  • 2. 生物学的種概念 76
  • 3. 分類体系 77
  • 4. 二命名法と動物命名規約 7
  • 5. 動物の多様性 80
  • 6. 系統樹 82
  • 7. 系統樹の作成 84
  • 8. 動物界の系統樹 88
  • 9. 新しい系統樹 94
  • 10. 系統樹の応用 96
  • 6ー 化石が語る生物の進化 富田幸光 100
  • 1. 地球の年齢と生命の初期進化 100
  • 2. カンプリア紀以降の生物 105
  • 3. 脊椎動物の進化 405
  • 7ー 動物のかたちの起源と進化 佐藤矩行 119
  • 1. 動物の体づくり(個体発生) 119
  • 2. 動物の体づくりは発生遺伝子によって制御されている 120
  • 3. いろいろな動物の体づくりは共通した発生遺伝子によって支えられている 42
  • 4. 動物の原型(ズータイプ) 125
  • 5. 脊椎動物の背ー腹は昆虫の背ー腹か 126
  • 6. 動物のかたちの進化はどのようにしてできたのだろうか 127
  • 8ー 種の遺伝的分化 森脇和郎 130
  • 1. 生物学的種概念 130
  • 2. 種分化の仕組み 131
  • 3. 生殖的隔離機構 132
  • 4. ハツカネズミ種とその遺伝的分化 133
  • 5. 亜種間雑種に見られる遺伝子機能の乱れ 138
  • 6. おわりに 143
  • 9ー 植物における種分化 伊藤元己 144
  • 1. 種概念と種分化様式 144
  • 2. 藩数体形成による種分化 147
  • 3. 大洋農における適応放散的種分化 150
  • 4. 花と昆虫の共進化 153
  • 5. 花と昆虫の共生 158
  • 10ー 藻類の系統と進化 井上勲 162
  • 1. 地球の歴史と藻類 462
  • 2. 藻類の多様性 163
  • 3. 細胞共生による藻類の多様化 170
  • 4. 海藻と植物プランクトン 175
  • 11ー 陸上植物の起源と多様性 岩槻邦男 177
  • 1. 水の中の生活から陸上生活へ 177
  • 2. 陸上植物の先祖は何だったか 181
  • 3. いつごろ植物は陸上へ進出したか 182
  • 4. 葉の起源と系統の分化 185
  • 12ー 種子植物の系統と進化 西田治文 188
  • 1. 種子植物とは何か 188
  • 2. 種子の起源 189
  • 3. 裸子植物から被子植物へ 192
  • 4. 被子植物の発展 195
  • 5. 種子植物の進化をもたらしたもの 196
  • 13ー 菌類の系統と進化 土居祥兌 198
  • 1. 菌類とは 198
  • 2. 偽菌類と菌類の主な分類群 206
  • 14ー 一人類の起源と進化 長谷川政美 222
  • 1. はじめに 222
  • 2. 類人猿の中におけるヒトの位置 223
  • 3. 現生人類の起源 234
  • 4. おわりに 237
  • 15ー 種の多様性と滅失 岩槻邦男 239
  • 1. 種形成と種の絶滅 239
  • 2. 人類の進化がもたらしたもの 240
  • 3. 人為環境下の種の絶滅 241
  • 4. 絶滅危倶種 244
  • 5. 保全生物学 245
  • 索引 249

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで