サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

電子物性の基礎 : 量子化学と物性論

岩本光正 著

詳細情報

タイトル 電子物性の基礎 : 量子化学と物性論
著者 岩本光正 著
著者標目 岩本, 光正, 1952-
シリーズ名 シリーズ「電気・電子工学」 ; 1
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 1999.9
大きさ、容量等 185p ; 22cm
ISBN 425422771X
価格 3200円
JP番号 20004132
出版年(W3CDTF) 1999
件名(キーワード) 物性論
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 電子
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC MC141
NDC(9版) 428.4 : 物性物理学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 電子物性の基礎量子化学と物性論
  • 目次
  • 第1章 物質の構造と量子力学 1
  • 1.1 水素原子モデル 1
  • 1.2 水素原子の量子論による扱い 4
  • a. 電子の2重性と水素原子 4
  • b. シュレーディンガーの波動方程式 6
  • c. 電子の波動関数と通常の波の関数 9
  • d. 量子力学からみた水素原子の電子状態 12
  • 1.3 原子内の電子配列 13
  • 第2章 分子と化学結合 17
  • 2.1 水素類似原子モデルによる元素の電子軌道 17
  • 2.2 化学結合と分子軌道 21
  • a. 分子軌道法 21
  • b. 原子価結合法 24
  • 2.3 分子軌道と軌道のエネルギー 26
  • 2.4 異核2原子分子の化学結合 29
  • 第3章 結晶とその構造 31
  • 3.1 化学結合と結晶 31
  • a. イオン結合とイオン結晶 31
  • b. 共有結合と共有結合結晶 33
  • 3.2 結晶構造 38
  • a. 間格子 38
  • b. ミラー指数,座標 40
  • c. 原子間距離と充填(パッキング) 41
  • d. 結晶構造解析 42
  • (1) X線回折 42
  • (2) 電子線回折 43
  • 3.3 格子振動 44
  • 3.4 電子の集団と統計力学 47
  • a. 熱力学と統計力学 47
  • b. 統計分布 49
  • 第4章 金属の電気伝導 53
  • 4.1 金属の自由電子モデル 53
  • 4.2 電気伝導 61
  • 第5章 π電子と電気伝導 65
  • 5.1 π電子と直鎖ポリエン 65
  • 5.2 ポリエン分子内のπ電子の挙動 69
  • 5.3 分子軌道法によるポリエン分子の扱い 70
  • 5.4 結合次数と電荷密度 75
  • 5.5 直鎖ポリエンの色 77
  • 5.6 直鎖ポリエンの電気伝導性 78
  • 5.7 シュレーディンガーの波動方程式との比較 80
  • 第6章 半導体 82
  • 6.1 シリコンの化学結合 82
  • 6.2 周期的ポテンシャル内の電子とエネルギーギャップ 83
  • 6.3 エネルギーバンド図 88
  • 6.4 バンド内の状態数 92
  • 6.5 バンド内の電子の運動 92
  • 6.6 金属と半導体 94
  • 6.7 半導体の電気伝導 96
  • a. キャリヤ 96
  • b. エネルギーバンド内の正孔 98
  • c. 真性半導体と不純物半導体のキャリヤ 100
  • d. 半導体中のキャリヤ分布 102
  • (1) 真性半導体 102
  • (2) 不純物半導体 105
  • e. 半導体中のキャリヤの輸送 107
  • 第7章 σ結合電子と物質の性質 110
  • 7.1 飽和炭化水素からなる固体物質のσ電子と物性 110
  • 7.2 絶縁体の電気伝導 113
  • a. キャリヤの起源 113
  • b. キャリヤの移動機構 115
  • c. 電気伝導特性 117
  • (1) 真空 117
  • (2) 固体 119
  • (3) 電気伝導特性の律速機構 120
  • 7.3 トンネル電流 124
  • 第8章 誘電体 126
  • 8.1 物質と極性 126
  • 8.2 物質の分極 129
  • a. 巨視的な分極 129
  • b. 微視的な分極 130
  • (1) 電子分極 131
  • (2) 双極子分極 132
  • c. 巨視的性質と微視的性質の関係 137
  • (1) 双極子のつくる電場 137
  • (2) 誘電率と分極率の関係 138
  • 8.3 分極形成過程と誘電分散 141
  • a. 分極形成過程 141
  • (1) 電子分極 142
  • (2) 双極子分極 144
  • b. 誘電分散 145
  • (1) 複素誘電率 145
  • (2) 誘電分散,吸収 147
  • 8.4 緩和時間 151
  • a. 複素誘電率の周波数特性による方法 151
  • b. 熱刺激電流による方法 151
  • 8.5 強誘電体 154
  • 第9章 磁性体 159
  • 9.1 磁化 159
  • 9.2 磁気モーメントの起源 160
  • a. 電子の軌道運動 161
  • b. 電子のスピン 163
  • 9.3 原子の全磁気モーメント 163
  • 9.4 合成磁気モーメントと原子 165
  • 9.5 常磁性物質と反磁性物質 166
  • a. 常磁性物質と磁性 166
  • (1) 常磁性とキュリーの法則 166
  • (2) 金属の常磁性 168
  • b. 反磁性物質と磁性 170
  • 9.6 強磁性 171
  • a. 自発磁化 171
  • b. 交換エネルギーと強磁性のバンド理論 173
  • (1) 交換エネルギー 173
  • (2) 金属強磁性のバンド理論 173
  • 演習問題解答 177
  • 参考文献 181
  • 索引 183

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで