サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

ことば・文化・社会

[静岡県立大学国際関係学部]英米文化コース 編

詳細情報

タイトル ことば・文化・社会
著者 [静岡県立大学国際関係学部]英米文化コース 編
著者標目 静岡県立大学国際関係学部
シリーズ名 国際関係学双書 ; 16
出版地(国名コード) JP
出版地静岡
出版社静岡県立大学国際関係学部
出版年月日等 1999.3
大きさ、容量等 286p ; 22cm
JP番号 99088621
部分タイトル 『シャーロット・ブロンテの生涯』と「女らしさ」の問題 / 稲垣久子 著
部分タイトル アーサー・シートンの<叛逆> / 榊正子 著
部分タイトル Dichter und archaische Kultur / Osawa Takayuki 著
部分タイトル A glimpse of current English through Time and Newsweek articles on La Coupe du Monde '98 / Komatsu Toshinori 著
部分タイトル SFと意味論 / 武田修一 著
部分タイトル Japanese children's knowledge of Zibun / Yoshimura Noriko 著
部分タイトル 日英語のテクスト構造と英文読解 / 池田周 著
部分タイトル 静岡県立大学留学生をとりまく状況調査 / 水野かほる, 田中ゆかり, 逢坂里恵 著
部分タイトル 徒弟シェパードの"死を前にしてのことば" / 栗田和典 著
部分タイトル 供犠して共に食らう / 小幡壮 著
部分タイトル Erich Frommとの対話 / 小杉尅次 著
出版年(W3CDTF) 1999
件名(キーワード) 論文集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC US15
NDC(9版) 041 : 日本語
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 地方公共団体刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • ことば・文化・社会
  • 目次
  • 『シャーロット・ブロンテの生涯』と「女らしさ」の問題  稲垣久子 1ー15
  • 1 (1)
  • 2 (3)
  • 3 (7)
  • 4 (9)
  • アーサー・シートンの<叛逆>—『土曜の夜と日曜の朝』をめぐって—  榊正子 17ー36
  • はじめに (17)
  • 1.理由ある反抗? (18)
  • 2.若者と祭り (24)
  • 3.やさしさときずな (28)
  • おわりに (33)
  • Dichter und archaische Kultur:—Uber den Konflikt zwlschen Individuum und Gesenschaft bei Gottfrieds ”Tristan“— OSAWA Takayuki 37ー65
  • 1.Prolog (37)
  • 2.1 Tristans Rache (41)
  • 2.2 Isoldes Rache (46)
  • 3.1 Zweikampf (50)
  • 3.2 holmganga (53)
  • 4.1 Gottesurteil (55)
  • 4.2 Isoldes Gericht (59)
  • 5.ZumSchIuB (61)
  • A Glimpse of Current Englisht hrough Time and Newsweek Articles on La Coupe du Monde ’98  KOMATSU Toshinori 67ー114
  • I Introductory remarks (67)
  • II Subjects and procedure (70)
  • III Classifying results (73)
  • IV Conclusive discussion (112)
  • SFと意味論  武田修一 115ー131
  • Japanese Children’s Knowledge of ZIBUN  YOSHIMURA Noriko 133ー153
  • 1.Introduction (133)
  • 2.The Experiment (134)
  • 3.Discussion (143)
  • 4.ConcIusion (149)
  • 日英語のテクスト構造と英文読解 論理展開の違いが及ぼす影響  池田周 155ー178
  • 1 はじめに (155)
  • 2 読解とテクスト構造 (156)
  • 3 テクスト構造と概要把握 (158)
  • 4 日本人英語学習者による英文読解 (165)
  • 5 結論 (174)
  • 静岡県立大学留学生をとりまく状況調査 —アンケート調査報告—  水野かほる,田中ゆかり,逢坂里恵 179ー202
  • 0 はじめに (179)
  • 1. 調査概要 (179)
  • 2. 留学生の属性 (181)
  • 3. 日本語使用状況における困難度 (185)
  • 4. 使用言語について (189)
  • 5. 留学生活について (190)
  • 6. 社会的スキル項目 (195)
  • 7. おわりに (197)
  • 徒弟シェパードの“死を前にしてのことば”  栗田和典 203ー223
  • はじめに (203)
  • 1 公開処刑をめぐる研究史と史料 (204)
  • 2 シェパードの確定的な事実 (208)
  • 3 死刑囚と牧師の攻防 (213)
  • おわりに (220)
  • 供犠して共に食らう—タジャワンの共食儀礼—  小幡 壮 225ー250
  • I はじめに (225)
  • II 調査地の概要 (226)
  • III タジャワンの共食 (227)
  • IV 共食儀礼の事例 (233)
  • V おわりに (246)
  • Erich Frommとの対話—最晩年期の著作を手がかりに—  小杉尅次 251ー286
  • 序章: 問題の所在・ 本稿の目的・ フロムの著作 (251)
  • 1章: アメリカ“亡命”後のフロム (253)
  • 2章: 遺著 “For the Love of Life”の分析と検証: 主要概念の整理 (258)
  • 終章: 精神分析学者フロム; その連続性と非連続性 (276)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで