サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

厚生省特定疾患内分泌系疾患調査研究班中枢性摂食異常症研究報告書 平成9年度

厚生省

詳細情報

タイトル 厚生省特定疾患内分泌系疾患調査研究班中枢性摂食異常症研究報告書
著者標目 厚生省
出版地(国名コード) JP
出版地[京都]
出版社中尾一和
出版年月日等 [1998]
大きさ、容量等 127p ; 30cm
注記 班長: 中尾一和
JP番号 99103102
巻次 平成9年度
出版年(W3CDTF) 1998
件名(キーワード) 羸痩病--論文集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC311
NDC(9版) 493.12 : 内科学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 官公庁刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 厚生省特定疾患内分泌系疾患調査研究班 中枢性摂食異常症 平成9年度研究報告書
  • 平成9年度研究報告書目次
  • I.序文 1
  • II.班員名簿 3
  • III.総括研究報告 5ー8
  • IV.分担研究報告 9
  • 鹿児島県における中枢性摂食異常症の実態調査 9ー20
  • 鹿児島大学医学部心身医療科 野添 新一
  • 摂食障害患者の高次脳機能の特性に関する核医学的研究 21ー28
  • 鹿児島大学医学部心身医療科 野添 新一
  • 摂食障害患者における脳萎縮と過食行動 29ー34
  • 神戸大学医学部第二内科 春日 雅人
  • 日本人PraderーWilli症候群患者の成長曲線に関する研究 一第2報一 35ー38
  • 慶応義塾大学医学部小児科 松尾 宣武
  • 神経性食欲不振症患者のcorticotropin-releasing factor1 受容体遺伝子の解析 39ー43
  • 日本医科大学生理学第二 芝崎 保
  • レプチンによる脾臓リンパ球機能の抑制:CRHとウロコルチンの役割 44ー52
  • 北海道大学大学院獣医学研究科生化学教室 斉藤 昌之
  • 神経性食欲不振症のエネルギー代謝異常における神経ヒスタミンの役割 53ー61
  • 大分医科大学医学部第一内科 坂田 利家
  • 摂食障害患者の治療前後における血中レプチン濃度の変動 62ー70
  • 九州大学医学部心療内科 久保 千春
  • レプチン遺伝子の発現調節因子に関する研究 一第2報一 71ー77
  • 国立京都病院臨床研究部 葛谷 英嗣
  • エネルギー代謝調節の分子機構と中枢性摂食異常症における意義について 78ー83
  • 京都大学大学院人間 環境学研究科 細田 公則
  • レプチン過剰発現トランスジェニックマウスの開発 84ー91
  • 京都大学医学部第二内科 中尾 一和
  • 超肥満の成因と病態の分子機構に関する研究 92ー100
  • 大阪大学大学院分子制御内科学(第二内科) 松沢 佑次
  • Zucker fatty rat 脂肪組織におけるPPARγの発現 101ー106
  • 九州大学医学部第三内科 名和田 新
  • II型糖尿病モデルにおける肥満遺伝子の検索 107ー120
  • 京都大学大学院人間・環境学研究科 家森 幸男
  • V.研究成果の刊行に関する一覧表 121ー126

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで