サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

近代日本とトルコ世界

池井優, 坂本勉 編

詳細情報

タイトル 近代日本とトルコ世界
著者 池井優, 坂本勉 編
著者標目 池井, 優, 1935-
著者標目 坂本, 勉, 1945-
シリーズ名 慶應義塾大学地域研究センター叢書 ; 6
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社勁草書房
出版年月日等 1999.2
大きさ、容量等 267p ; 22cm
ISBN 4326200405
価格 5000円
JP番号 99073575
出版年(W3CDTF) 1999
件名(キーワード) 日本--外国関係--トルコ--歴史--論文集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC A99-ZT6
NDC(9版) 319.10274 : 外交.国際問題
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 近代日本とトルコ世界
  • まえがき 坂本勉
  • 第I部
  • 第一章 明治期の文献にみる日本人のトルコ観 白岩一彦 3ー41
  • はじめに 4
  • 1 明治期のトルコ関係日本語文献の概要 4
  • 2 発見と接触の時代──一八六〇ー一八八○年代── 5
  • 3 エルトゥールル号事件と日土関係の始まり──一八九〇年代── 16
  • 4 三つの航海記 22
  • 5 鎌田栄吉の『欧米漫遊雑記』 29
  • おわりに 32
  • 第二章 エルトゥールル号事件をめぐる日土関係 波多野勝 43ー69
  • はじめに 44
  • 1 日土交流の始まり 45
  • 2 エルトゥールル号遭難事件発生 50
  • 3 皇帝との対面 55
  • 4 帰朝へ 59
  • 5 事件後の日本・トルコ関係 61
  • おわりに 64
  • 第三章 世紀末イスタンブルの日本人 セルチュク・エセンベル──山田寅次郎の生涯と『土耳古画観』── 71ー100
  • はじめに 72
  • 1 日本=トルコ関係の始まり 73
  • 2 山田寅次郎とオスマン帝国=日本の関係 75
  • 3 イスタンブルの生活 79
  • 4 グレート・ゲーム 82
  • 5 山田の帝都イスタンブルに対するイメージ──土耳古画観より── 84
  • 6 儀式 88
  • おわりに 93
  • 第四章 稲畑勝太郎と目土民間経済外交 木村昌人 101ー129
  • はじめに 102
  • 1 稲畑勝太郎の経歴 103
  • 2 稲畑勝太郎のトルコ認識 110
  • 3 稲畑勝太郎の日土民間経済外交 116
  • おわりに 124
  • 第五章 一九二六年近東貿易会議 池井優──日本・トルコ関係史の一断面── 131ー153
  • はじめに 132
  • 1 会議開催の背景 133
  • 2 会議開催の準備 136
  • 3 トルコへの方策と提言 142
  • おわりに──会議の意義と成果── 151
  • 第II部
  • 第六章 山岡光太郎のメッカ巡礼とアブデュルレシト・イブラヒム 坂本勉 157ー217
  • はじめに 158
  • 1 山岡光太郎の経歴 160
  • 2 満州のタタール人コミュニティーの形成 165
  • 3 来日以前のアブデュルレシト・イブラヒム 171
  • 4 アブデュルレシト・イブラヒムと亜細亜義会 176
  • 5 メッカヘの旅立ち 185
  • 6 巡礼をめぐるタタール人ネットワーク 190
  • 7 巡礼体験の異相 197
  • おわりに 206
  • 第七章 アヤズ・イスハキーと極東のタタール人コミュニティー 松長昭 219ー263
  • はじめに 220
  • 1 タタール人の商業ネットワーク 221
  • 2 アヤズ・イスハキーの来日 225
  • 3 和泉橋倶楽部乱闘事件 230
  • 4 イデル・ウラル・トルコ・タタール文化協会の創設 235
  • 5 満州在住タタール人同胞を歴訪 240
  • 6 極東クリルタイとミッリー・バイラク 244
  • 7 イスハキーの極東からの出国 248
  • おわりに 252
  • あとがき 池井優 265ー267

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで