サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

地球システムを支える21世紀型科学技術

高橋裕, 武内和彦 編

詳細情報

タイトル 地球システムを支える21世紀型科学技術
著者 高橋裕, 武内和彦 編
著者標目 高橋, 裕, 1927- 土木工学
著者標目 武内, 和彦, 1951-
シリーズ名 岩波講座地球環境学 ; 9
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社岩波書店
出版年月日等 1998.11
大きさ、容量等 261p ; 22cm
注記 執筆: 中山茂ほか
ISBN 400010909X
価格 3700円
JP番号 99050818
出版年(W3CDTF) 1998
件名(キーワード) 科学技術
件名(キーワード) 環境問題
NDLC M41
NDC(9版) 404 : 論文集.評論集.講演集
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 地球システムを支える 21世紀型科学技術
  • 目次
  • はじめに
  • 1 環境主義の思想的背景 1ー33
  • 1.1 自然の解釈ー環境主義の構築 2
  • 1.2 近代科学の進歩と環境主義の循環 8
  • 1.3 環境科学のパラダイム 12
  • 1.4 「虚験」のすすめ 16
  • 1.5 行動の担い手 21
  • 2 循環思想に基づく21世紀型科学技術の設計 35ー66
  • 2.1 なぜ21世紀型科学技術か 36
  • 2.2 循環思想に基づく科学技術体系の構築に向けて 41
  • 2.3 循環型社会における科学技術者 46
  • 2.4 自然生態系と融合した人工循環系の設計 50
  • 2.5 人間社会における環境と科学技術 62
  • 3 エネルギー技術 67ー94
  • 3.1 エネルギーの定義 68
  • 3.2 エネルギー技術の歴史と課題 74
  • 3.3 21世紀のエネルギーシステム 78
  • 3.4 エネルギー学への展望 90
  • 4 水循環型社会構築の技術 95ー129
  • 4.1 水循環型社会の理想像 96
  • 4.2 現在行なわれている水循環 101
  • 4.3 水循環システムを支える水処理技術 115
  • 4.4 水循環型社会への新たな挑戦 124
  • 4.5 循環型社会へ 127
  • 5 循環と共生の時代の建設技術 131ー155
  • 5.1 国土づくりと環境 132
  • 5.2 環境負荷の少ない建設技術 135
  • 5.3 環境の創造と修復技術 144
  • 6 エコ・長寿社会の健康 157ー192
  • 6.1 長寿社会と健康 159
  • 6.2 エコ社会と健康 171
  • 6.3 地球温暖化の健康影響研究の特徴と困難点ー老化研究との比較 185
  • 6.4 エコ・長寿社会と健康 190
  • 7 情報化と地球環境 193ー216
  • 7.1 地球環境について 195
  • 7.2 情報化と地球環境に貢献する情報技術 196
  • 7.3 プロジェクトからの貢献 202
  • 7.4 情報化社会における自己の位置付け 210
  • 7.5 情報化の地球環境への貢献 213
  • 8 地球環境保全と環境技術移転 217ー232
  • 8.1 地球環境保全のための技術的基盤 218
  • 8.2 地球環境保全と現代技術の課題 219
  • 8.3 技術移転のメカニズムと問題点 225
  • 8.4 環境技術共有化への課題と展望 228
  • 9 人類文明の持続性と科学技術 233ー256
  • 9.1 科学技術は文明の発展をどこまで支えられるか 234
  • 9.2 持続可能な文明への鍵 244
  • 索引 257ー261

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで