サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

進化経済学とは何か

進化経済学会 編

詳細情報

タイトル 進化経済学とは何か
著者 進化経済学会 編
著者標目 進化経済学会
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社有斐閣
出版年月日等 1998.9
大きさ、容量等 181p ; 22cm
ISBN 4641160414
価格 2400円
JP番号 99040494
出版年(W3CDTF) 1998
件名(キーワード) 進化経済学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC DA1
NDC(9版) 331 : 経済学.経済思想
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 進化経済学とは何か
  • 目次
  • はじめに
  • PART1 進化経済学への期待
  • 第1章 進化的経済理論の観点 リチャード・ネルソン 3
  • 1 さまざまな進化的経済理論 3
  • 2 鍵となる分析的コミットメント 7
  • 3 進化的経済理論の制約 12
  • 〔参考文献〕 16
  • 第2章 経済学とダーウィニズム ウルリッヒ・ヴィットマックス 19
  • 1 序論 19
  • 2 自然淘汰は経済行動に作用するだろうか 21
  • 3 比喩としての自然淘汰 25
  • 4 経済的選好と遺伝的相続 29
  • 5 経済進化人間中心の見方と自然としての見方 32
  • 6 結論 37
  • 〔参考文献〕 40
  • 第3章 経路依存性の開錠とオプション分担方式─日本の巨大技術開発の経験からの教訓 児玉文雄 45
  • 1 序論 45
  • 2 技術的施錠日本の原子力計画の事例分析 47
  • 3 代替的経路の探索─日本の宇宙計画の事例分析 51
  • 4 協力と競争─オプション分担方式 54
  • (1) 協力方式 54
  • (2) 技術的根拠─進歩の比較による測定 55
  • (3) 経済的インセンティブ─敗者にさえ報いる 57
  • 5 結論 58
  • 〔参考文献〕 59
  • 第4章 ノイズからカオス,さらに複雑系へ 池上高志 61
  • 1 ノイズの役割 61
  • 2 カオスの構造 62
  • 3 複雑系 63
  • 4 自己複製の問題 64
  • 5 ゲームの問題 65
  • 6 経済システムヘの期待 66
  • 〔参考文献〕 66
  • 第5章 進化と倫理 内井惣七 69
  • 1 進化論と倫理 69
  • 2 ダニ取り鳥の戦略 71
  • 3 ドーキンスのシミュレーション 73
  • 4 進化的安定性と倫理 75
  • 〔参考文献〕 78
  • 第6章 進化とゲーム理論岡田章 79
  • 1 ゲーム理論の発展 79
  • 2 ゲームと合理性 81
  • 3 進化ゲーム 82
  • 4 社会制度の進化 83
  • 〔参考文献〕 85
  • PART2 進化経済学とは何か
  • 第7章 進化経済学への学問的遺産 八木紀一郎 79
  • 1 はじめに 89
  • 2 進化経済学の視点から見た経済学史 91
  • 3 進化経済学の流れ 93
  • 〔注〕 96
  • 第8章 複雑系と進化 塩沢由典 99
  • 1 経済学と複雑系 99
  • 2 合理性の限界と複雑さ 101
  • 3 ルーティンと知識の理論 103
  • 4 進化理論の原型 105
  • 5 限界費用論争 108
  • 6 最適化の進化論的説明 110
  • 7 認識論的障害としての最適原理 113
  • 8 最適者生存への疑問 115
  • 〔注〕 117
  • 第9章 進化ゲームの評価 有賀裕二 121
  • 1 進化ゲーム 121
  • 2 均衡の選定 124
  • 3 囚人のジレンマゲームと交渉ゲーム 125
  • 4 進化ゲームと進化論 128
  • 5 利他主義と進化 131
  • 〔参考文献〕 138
  • 第10章 制度論とその可能性 吉田和男 141
  • 1 重要視されなかった制度的側面 141
  • 2 新制度経済学の展開 143
  • 3 コンスティチューショナル・エコノミクス 144
  • 4 複雑系と制度 145
  • 5 制度論の可能性 146
  • 〔参考文献〕 146
  • 第11章 技術革新のダイナミズムと進化経済学 弘岡正明 151
  • 1 はじめに─経済の動学的挙動と進化経済学 151
  • 2 生物進化論に学ぶもの 152
  • 3 科学の本質と創発の暗黙知 153
  • 4 経済発展と技術革新の経済学 155
  • 5 ロジスティック方程式 157
  • 6 技術軌道とパラダイム進化 158
  • 7 複雑系への挑戦 159
  • 〔注〕 160
  • 第12章 文化システムと社会進化の経済学 池上惇 163
  • 1 社会進化の経済学に向けて 163
  • 2 社会進化と文化システム発展のバランス 165
  • 3 準公共財の供給システム─外部性と所得再分配の視点 168
  • 4 個性と多様性の経済学 171
  • 〔参考文献〕 173
  • あとがき

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで