サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

水産資源・漁業の管理技術

北原武 編

詳細情報

タイトル 水産資源・漁業の管理技術
著者 北原武 編
著者標目 北原, 武, 1938-
著者標目 日本水産学会
シリーズ名 水産学シリーズ ; 118
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社恒星社厚生閣
出版年月日等 1998.10
大きさ、容量等 127p ; 22cm
ISBN 4769908784
価格 2500円
JP番号 99037091
シリーズ著者日本水産学会 監修
出版年(W3CDTF) 1998
件名(キーワード) 水産資源--会議録
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC DM626
NDC(9版) 663.6 : 水産基礎学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 水産学シリーズ118 水産資源・漁業の管理技術
  • 水産資源・漁業の管理技術 目次
  • まえがき 北原武
  • I. 資源・漁業管理の考え方
  • 1. これまでの資源・漁業管理論 北原武 11ー18
  • §1. 自律更新性に基づく管理論 (11)
  • §2. 経済学からのアプローチ (13)
  • §3. 最近の動向 (15)
  • §4. 新しい管理論に向けて (16)
  • 2. 欧米とわが国の資源・漁業管理 佐久間美明 19ー28
  • §1. 狭義の管理技術と社会的制御技術 (19)
  • §2. 資源・漁業管理と経済思想 (21)
  • §3. 欧米の漁業管理 (22)
  • §4. 日本の漁業管理 (24)
  • II. 公海における資源・漁業管理
  • 3. 商業捕鯨からの教訓 山村和夫 29ー35
  • §1. 国際捕鯨取締条約とIWC (29)
  • §2. わが国の捕鯨の現状 (30)
  • §3. 商業捕鯨からの教訓 (31)
  • 4. 東シナ海・黄海における底魚資源の管理問題 時村宗春 36ー44
  • §1. 資源管理がうまくいかなかった要因 (37)
  • §2. 解決すべき問題点 (38)
  • §3. とるべき方策 (42)
  • 5. まぐろ類資源の管理を巡る諸問題 魚住雄二 45ー53
  • §1. まぐろ漁業の概略 (46)
  • §2. まぐろ類の資源の現状 (46)
  • §3. まぐろ類の管理にかかわる問題点 (50)
  • 6. 多国間調整の経済施策:私財からのアプローチ 黒沼吉弘 54ー60
  • §1. 基本課題 (54)
  • §2. 課題の所在 (54)
  • §3. 国際レベルにおける管理アプローチ (56)
  • §4. 割当の移動に基づいた経済施策:私財からのアプローチ (57)
  • §5. まとめ (59)
  • III. 沿岸における資源管理型漁業の先進例
  • 7. 伊勢湾におけるイカナゴ漁業 船越茂雄 61ー69
  • §1. イカナゴの生態と漁業 (61)
  • §2. 資源管理の概要 (63)
  • §3. 管理組織と利害調整 (67)
  • §4. 資源をめぐる新しい事態 (67)
  • §5. これまでの総括 (68)
  • 8. 島根県における小型底びき網漁業 由木雄一,村山達朗 70ー77
  • §1. 漁業の概要 (70)
  • §2. 小底の問題点 (70)
  • §3. 問題解決の取り組み (73)
  • §4. 今後の課題 (76)
  • 9. 二枚貝資源管理の今後の展望 中村義治 78ー86
  • §1. 水産業の推進と生態系研究のかかわり (78)
  • §2. 再生産パターンと資源管理方式 (80)
  • §3. 生態系研究を基盤とした二枚貝の資源管理戦略 (84)
  • 10. プール制とその問題点 馬場冶 87ー96
  • §1. プール制の定義 (87)
  • §2. プール制の導入実態 (89)
  • §3. プール制導入の背景 (92)
  • §4. プール制の成立条件 (93)
  • §5. プール制のもたらす効果と問題点 (94)
  • §6. プール制の評価 (95)
  • IV. 遊漁と資源・漁業管理
  • 11. 神奈川県における資源管理型漁業と遊漁 今井利為 97ー105
  • §1. 遊漁案内業者と遊漁者の組織 (97)
  • §2. 遊漁に関係するルールなど (98)
  • §3. マダイの資源管理 (101)
  • §4. マダイ資源管理の効果 (103)
  • §5. 漁業と遊漁の資源管理にあたっての問題点と展開 (104)
  • 12. 中禅寺湖におけるヒメマス資源 吉原喜好,神山公行 106ー117
  • §1. 中禅寺湖の概要と放流の歴史 (107)
  • §2. ヒメマスの湖での動態 (108)
  • §3. 遊漁の実態調査 (110)
  • §4. 無法放流対策 (113)
  • §5. 観光地における遊漁事業の位置づけ (115)
  • §6. おわりに (116)
  • 13. 漁業経済からみた海面遊漁ー遊漁船業の評価をめぐってー 宮沢晴彦 118ー127
  • §1. 沿岸漁業と遊漁船業の現状 (118)
  • §2. 遊漁船業に対する二面的評価 (119)
  • §3. 日本と欧米の遊漁関連制度 (120)
  • §4. 「資源管理型遊漁」に向けた政策的課題 (122)
  • §5. 遊漁船業兼業のメリット (125)
  • §6. 遊漁船業経営安定化の課題 (126)
  • Aiming at the Establishment of Fisheries Management Technology
  • Edited by Takeru Kitahara
  • Preface Takem Kitahara
  • I. Concepts of Fisheries Management
  • 1. Theories Developed so far on Fisheries Management Takeru Kitahara
  • 2. Fisheries Management in Western Countries and Japan Yoshiaki Sakuma
  • II. Fisheries Management in Open Sea
  • 3. Lessons from the Case of Commercial Whaling Kazuo Yamamura
  • 4. Groundfish Stocks in the East China and Yellow Seas Muneharu Tokimura
  • 5. Recent Difficulties in the Management of Tuna Stocks Yuji Uozumi
  • 6. Economic Measure for the Multinational Adjustment of FisheriesーPrivate Goods Approachー Yoshihiro Kuronuma
  • III. Advanced Examples of the CommunityーBased Fisheries Managemendn Coastal Waters
  • 7. Ikanago Fisheries with Special Reference to the Regulations of Fisheries Management in Ise Bay Shigeo Funakoshi
  • 8. Danish Scine Fishery off the Coast of Shimane Prefecture Yuichi Yuuki and,Tatsuo Murayama
  • 9. A Prospect in the Management of Bivalves Fisheries Yoshiharu Nakamura
  • 10. Significanse of the Pooling System and Its Problems Osamu Baba
  • IV. Recreational Fishing and Fisherires Management
  • 11. Fisheries and Recreadonal Fishing Management in Kanagawa Prefecture Toshitame Imai
  • 12. Kokanee Stocking in Lake Chuzenji Kiyoshi Yoshihara and,Kimiyuki Kamiyama
  • 13. Recreational Fishing and Economics of Fishery HouseholdーAbout Values of Recreational Fishing Businessー Haruhiko Miyazawa

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで