サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

自動車のデザインと空力技術

小林敏雄, 農沢隆秀 編

詳細情報

タイトル 自動車のデザインと空力技術
著者 小林敏雄, 農沢隆秀 編
著者標目 小林, 敏雄, 1941-
著者標目 農沢, 隆秀
著者標目 自動車技術会
シリーズ名 自動車技術シリーズ ; 10
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 1998.9
大きさ、容量等 151p ; 27cm
ISBN 4254236506
価格 5200円
JP番号 99032192
シリーズ著者自動車技術会 編
出版年(W3CDTF) 1998
件名(キーワード) 自動車
件名(キーワード) 気体力学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC NC23
NDC(9版) 537.1 : 自動車工学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 自動車のデザインと空力技術
  • 目次
  • 1. 自動車の空気力学 小林敏雄,鬼頭幸三
  • 1.1 自動車の空気力学 1
  • 1.1.1 自動車の空気力学の始まり 1
  • 1.1.2 高速道路の建設 1
  • 1.1.3 自動車用風洞の建設 1
  • 1.1.4 空気力学の分野 1
  • 1.1.5 主要な流れ場 2
  • 1.2 空力特性外形スタイリングと車両運動との関係 2
  • 1.2.1 空力特性と外形スタイリング 2
  • 1.2.2 空気力学的6分力 3
  • 1.2.3 空気抵抗値の変遷 4
  • 1.2.4 空力特性改善技術 4
  • 1.2.5 自然風,横風下での走行と空力特性 6
  • 1.3 空力特性試験法風洞試験と自然風下の試験 7
  • 1.3.1 風洞試験 7
  • 1.3.2 自然風下の試験 7
  • 1.4 数値流体力学 7
  • 1.4.1 数値流体力学とは 7
  • 1.4.2 数値流体力学の手法 8
  • 1.5 自動車における空力関連技術ほか 8
  • 1.5.1 エンジンルーム内の流れ 8
  • 1.5.2 空力騒音 9
  • 1.5.3 空調,泥跳ね,その他の空力関連技術 9
  • 2. 空力デザインの開発 星野隆三,伊藤晋吾
  • 2.1 自動車デザインにおける空気力学の影響 11
  • 2.2 スタイルから見た車の空気力学研究の歴史 11
  • 2.2.1 自動車と空力特性とのかかわり 12
  • 2.2.2 空力から見たスタイルの分類と特徴 13
  • a. 雨滴型 13
  • b. 流線形 14
  • c. カム・フォルム 16
  • d. シュレール型 16
  • e. テールフィン 17
  • f. ウェッジシェープ 18
  • g. 戦後から1970年代の研究 18
  • h. 1980年代の研究 19
  • 2.3 近年の日本の空力研究と低CD車 20
  • 2.3.1 空力実験車・アドバンスカー 20
  • a. HSRーIIIおよびIV 20
  • b. AXVーV 21
  • 2.3.2 市販スポーツカー 22
  • a. フェアレディZ 22
  • b. RXー7 22
  • 2.3.3 乗用車 23
  • a. セルシオ 23
  • b. ディアマンテ 23
  • 2.3.4 トラック 24
  • 2.3.5 バス 25
  • 2.4 空力研究とデザインプロセス 25
  • 2.4.1 CD低減のためのデザイン 25
  • 2.4.2 CD低減のためのデザインプロセス 26
  • 3.空力特性と徒流構造
  • 3.1 車体形状と空力特性 農沢隆秀 29
  • 3.1.1 車体各部の形状変化と空力特性 29
  • 3.1.2 一般的な車体まわりの流れ 33
  • 3.2 車体形状の最適化技術 35
  • 3.2.1 細部形状最適化 35
  • 3.2.2 車体基本形状での最適化 36
  • a. 箱型車体の空気抵抗特性 36
  • b. ノッチバック車体の空気抵抗特性 38
  • 3.2.3 車体各部が空力特性相互に与える影響 40
  • 3.3 後流構造とその制御 43
  • 3.3.1 箱型車体の後部形状変化と後流 43
  • 3.3.2 ノッチバック車体抵抗増大の後流 45
  • a. 車体近傍の後流構造 46
  • b. 後流の不安定性 48
  • 3.3.3 Ahmedモデルの後流との比較 49
  • 3.3.4 後流制御による空力特性コントロールの可能性 50
  • 3.4 走行安定性と空力特性 伊藤晋吾 53
  • 3.4.1 概説 53
  • 3.4.2 横風安定性 54
  • a. 横風受風時の空力特性 54
  • b. 横風空力特性の制御 57
  • c. 空力特性の走行安定性への影響 59
  • 3.4.3 高速直進安定性 61
  • 3.5 車体基本形状の変化と空気抵抗の関係 農沢隆秀 64
  • 3.5.1 箱型車体の空気抵抗特性 64
  • a. フロントでの主たる形状と空気抵抗 64
  • b. リヤでの主たる形状と空気抵抗 66
  • 3.5.2 ノッチバック車体の空気抵抗特性 67
  • a. フロントでの主たる形状と空気抵抗 67
  • b. リヤでの主たる形状と空気抵抗 69
  • 4. 流れの解析手法
  • 4.1 風洞実験 高木通俊 73
  • 4.1.1 風洞装置 73
  • a. レイノルズ数の不一致 73
  • b. 風洞壁の干渉 74
  • c. 天秤あるいは模型支持部による干渉 74
  • d. 風洞床と模型の相対運動の不一致 75
  • e. 送風機などからの騒音発生 76
  • 4.1.2 計測装置 76
  • a. 空気力の計測(天秤装置) 76
  • b. 流速の計測 77
  • c. 圧力の計測 80
  • 4.1.3 流れの可視化 81
  • a. 煙法 81
  • b. タフト法 82
  • c. 油膜法 82
  • d. シャボン玉法 83
  • 4.2 空力シミュレーション 栗山利彦 84
  • 4.2.1 シミュレーションの目的 84
  • 4.2.2 空力計算の方法 85
  • 4.2.3 計算格子作成方法 87
  • 4.2.4 流れの可視化方法 88
  • 4.2.5 解析事例 88
  • a. 車体まわりの流れ解析 88
  • b. エンジンルーム内の熱流体解析 90
  • c. 風切音解析 91
  • 4.2.6 車両開発への効果的な活用方法 91
  • 4.2.7 今後の動向 92
  • 5. 空力応用技術 中川邦夫
  • 5.1 概説 93
  • 5.2 エンジンルームの通風性能 93
  • 5.2.1 概説 93
  • 5.2.2 冷却通風系と各因子の影響 94
  • a. 取り入れ部形状の影響 95
  • b. 排出部形状の影響 96
  • 5.2.3 通風性能と空気抵抗 98
  • 5.2.4 通風性能,冷却性能の予測 100
  • 5.3 汚れ付着の防止 101
  • 5.3.1 概説 101
  • 5.3.2 汚れ付着のメカニズムとその防止手法 101
  • a. 雨水などによる視界阻害 101
  • b. 埃,泥,雪などの付着 103
  • 5.3.3 CFDによる汚れ付着の予測 104
  • 5.4 ワイパ払拭性能の向上 106
  • 5.4.1 概説 106
  • 5.4.2 ワイパ浮上のメカニズム 106
  • 5.4.3 ワイパ浮上の防止 106
  • 5.5 コンバーチブル車の空力問題 108
  • 5.5.1 概説 108
  • 5.5.2 ルーフ閉時の問題 108
  • 5.5.3 ルーフ開時の問題 109
  • 6. 空力騒音
  • 6.1 空力騒音概説 尾川茂 113
  • 6.1.1 概説 113
  • 6.1.2 空力騒音の理論式 113
  • 6.1.3 空力騒音の定量的評価法 115
  • 6.2 自動車における空力騒音の特徴 116
  • 6.2.1 風騒音とは 116
  • 6.2.2 空力騒音の特性 117
  • a. 狭帯域音 117
  • b. 広帯域音 117
  • 6.3 自動車における空力騒音低減技術 炭谷圭二 127
  • 6.3.1 狭帯域音の特徴 127
  • a. エッジトーン 127
  • b. キャビティトーン 127
  • c. ヘルムホルツ共鳴 128
  • d. ウィンドスロップ 128
  • e. エオルス音 129
  • 6.3.2 各部狭帯域音の改善手法 129
  • a. 笛吹き音の改善 129
  • b. ウィンドスロップ 130
  • c. エオルス音の改善 132
  • 6.3.3 広帯域音の特徴 133
  • 6.3.4 広帯域音の改善手法 134
  • a. 遮音性能の改善 134
  • b. フロントピラーまわりの改善 134
  • c. ドアミラーまわり 137
  • 6.3.5 変動感の改善 139
  • 6.4 数値計算による予測技術 尾川茂 140
  • 6.4.1 騒音の計算手法 140
  • 6.4.2 流れの特性と騒音予測 141
  • a. 2次元流れの騒音予測 141
  • b. 3次元流れの騒音予測 143
  • 6.4.3 今後の展望 146
  • 索引 149

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで