サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

民俗の思想

宮田登 編

詳細情報

タイトル 民俗の思想
著者 宮田登 編
著者標目 宮田, 登, 1936-2000
著者標目 篠原, 徹, 1945-
著者標目 関, 一敏, 1949-
著者標目 宮田, 登, 1936-2000
シリーズ名 現代民俗学の視点 ; 第3巻
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 1998.4
大きさ、容量等 232p ; 22cm
ISBN 4254505132
価格 4500円
JP番号 99000711
シリーズ著者篠原徹, 関一敏, 宮田登 編
出版年(W3CDTF) 1998
件名(キーワード) 民俗学--論文集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 日本--風俗・習慣--論文集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GD1
NDC(9版) 382.1 : 風俗史.民俗誌.民族誌
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 民俗の思想
  • 目次
  • 序章 民間学と民俗思想 宮田登 1
  • I 民俗思想論の展望
  • 第一章 深層心意論 津城寛文 14
  • 一 「心意現象」の諸次元 14
  • 二 生活目的、文化型、民族主観 17
  • 三 趣味と感覚の保護ーフォークロリズムの深層 20
  • 第二章 民俗・風俗・殊俗ー都市文明史としての「一国民俗学」 岩本通弥 25
  • 一 「民俗」とは何か 26
  • 二 「農村生活誌」と「文化輸送者」 35
  • 三 漂泊と移住の文明史から都市の文明史へ 40
  • 第三章 ユートピア論と民俗思想 飯島吉晴 48
  • 一 常世の国ー古代のユートピア 49
  • 二 補陀落渡海ー苦行と代替 53
  • 三 ユートピアと民俗学 57
  • 第四章 天皇・天皇制と民俗思想 小池淳一 60
  • 一 問題の所在 60
  • 二 天皇と病 61
  • 三 天皇と天王ー陰陽道の神話から 63
  • 四 弾よけ祈願と氏神出征譚 66
  • II 生活者の思想
  • 第五章 食文化の変容ー高度経済成長前後 むらき数子 74
  • 一 三和町で 74
  • 二 高度成長の前後 75
  • 三 正月の食卓 76
  • 四 ご馳走の条件 77
  • 五 男の料理 78
  • 六 七草オジヤ 80
  • 七 「醤油はどこのうちでもつくった」? 82
  • 第六章 語られる性・語られない性 京馬伸子 85
  • 一 映像と現実が違うこと 85
  • 二 語られた性と語られない性 86
  • 三 語られる場・語られない場 87
  • 四 女性性器を表すことばは言いにくいという現実 89
  • 五 性について語る相手 92
  • 第七章 女性の休日 倉石あつ子 96
  • 一 「休み日」の概念 97
  • 二 休み日という忙しい日 98
  • 三 センタクという休み日 103
  • 第八章 震災二年目の地蔵盆ー郊外仮設住宅と復興計画下の市街地から 森栗茂一 108
  • 一 阪神大震災と地蔵盆 108
  • 二 鹿の子台仮設住宅の概況 109
  • 三 鹿の子台仮設住宅の地蔵盆 110
  • 四 被災市街地での地蔵盆 114
  • III ハレとケガレ
  • 第九章 祭りと踊りの地域文化ー地方博覧会とフォークロリズム 八木康幸 122
  • 一 フォークロリズムと民俗芸能 123
  • 二 地方博覧会と市町村催事 125
  • 三 ぎふ中部未来博覧会「市町村の日」の主要演目 127
  • 四 郷土芸能の語り 131
  • 五 舞台化をめぐる現実 137
  • 第十章 〈世間話〉としての〈うわさ〉ー「世相」を読み解くために 山田厳子 146
  • 一 事件とうわさ 147
  • 二 「外部」への「話」 148
  • 三 「活字」メディアの論調 149
  • 四 「内部」の「話」 151
  • 五 氾濫する「声」 153
  • 六 メディアの中の「ことば」と「身振り」 154
  • 七 「暗示」としての「活字」「映像」 157
  • 八 「物語」としてのうわさ 159
  • 第十一章 「故郷」観の行方 岩田重則 164
  • 一 「故郷」の現実 164
  • 二 「故郷」の視点 167
  • 三 「故郷」と他界観 169
  • 四 「故郷」と家 173
  • 第十二章 被差別部落の民俗研究に向けてー大阪府を事例として 西岡陽子 175
  • 一 被差別部落の伝承基盤 176
  • 二 真宗信仰をめぐって 180
  • IV 地域からの発想
  • 第十三章 地域差と地域性ーその可能性の検討 小川直之 190
  • 一 地域差と地域性研究の現在 191
  • 二 周圏論・領域論と地域論の可能性 195
  • 第十四章 歴史のなかの沖縄ーイザイホー再考 赤嶺政信 203
  • 一 柳田民俗学と南島 203
  • 二 古代祭祀としてのイザイホー 204
  • 三 久高島と王府 206
  • 四 イザイホー再考 207
  • 第十五章 北海道からの視点 阿部敏夫 217
  • 一 アイヌ文化 217
  • 二 和人文化 219
  • 三 アイヌ文化と和人文化の接触(複合文化) 223
  • 索引 233

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで