サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

共生の生態学

栗原康 著

詳細情報

タイトル 共生の生態学
著者 栗原康 著
著者標目 栗原, 康, 1926-2005
シリーズ名 岩波新書
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社岩波書店
出版年月日等 1998.2
大きさ、容量等 235, 4p ; 18cm
注記 文献あり
ISBN 4004305462
価格 640円
JP番号 98083321
出版年(W3CDTF) 1998
件名(キーワード) 共生 (生物)
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 生態学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC RA141
NDC(9版) 468.4 : 生態学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 共生の生態学
  • 目次
  • はじめに
  • 1 生物学からみた共生 7
  • 1 反芻動物と微生物の共生 8
  • 2 共進化 17
  • 3 対立する者の共存 24
  • 2 進化と共生 37
  • 1 進化の抑止力 38
  • 2 人間と細菌の軍拡競争 53
  • 3 共生への道 61
  • 3 共生システムの成立条件 71
  • 1 均一系と不均一系 73
  • 2 システムとしてみたルーメン 86
  • 3 共生場の恒常性 94
  • 4 共生系とその破綻 101
  • 1 ガイア的世界観 102
  • 2 地球温暖化現象 112
  • 3 人工食と自然食 118
  • 5 人は自然と共生できるか 129
  • 1 人間の二重性 130
  • 2 フロー型とサイクル型 139
  • 3 人工共生 146
  • 6 エコテクノロジー 153
  • 1 エコテクノロジーにおける環境浄化 154
  • 2 工学と生態学 161
  • 3 生態系の自己設計能力 167
  • 7 生態系操作の方法論 173
  • 1 エコテクノロジーの手法 174
  • 2 陸起原物質のゆくえ 192
  • 3 陸—海リサイクルシステム 199
  • 8 共生の意味 207
  • 1 生態系と遺伝情報 208
  • 2 遺伝子操作微生物 214
  • 3 人間にとって共生とは何か 221
  • あとがき 233
  • 主な参考文献および図書

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで