サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

岩波講座現代の法 2 (国際社会と法)

岩村正彦 [ほか]編

詳細情報

タイトル 岩波講座現代の法
著者 岩村正彦 [ほか]編
著者標目 岩村, 正彦, 1956-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社岩波書店
出版年月日等 1997.12
大きさ、容量等 291p ; 22cm
ISBN 4000107623
価格 3400円
JP番号 98065659
巻次 2 (国際社会と法)
出版年(W3CDTF) 1997
件名(キーワード) 国際法
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC A121
NDLC A151
NDC(9版) 321 : 法学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 岩波講座現代の法 岩村正彦 岩波書店 1997.12
  • はじめに 最上 敏樹
  • 1 主権国家の増殖と国家主権の相対化
  • 1 国民国家と国際社会のなりたち 松井 芳郎 3ー27
  • 1 はじめに 3
  • 1 1 国民国家の形成とヨーロッパ国際社会 4
  • 1 2 国際社会の「普遍化」と国際法 8
  • 1 3 伝統的国際法の矛盾と転換の契機 12
  • 1 4 国民国家の試練と国家主権の役割 17
  • 1 5 国民国家の課題—むすびにかえて 20
  • 1 主権的自由の圧縮—国家は絶対か 藤田 久一 29ー59
  • 1 はじめに 29
  • 1 1 主権概念の歴史的展開とその意味 29
  • 1 2 主権概念の変容の契機と問題性 33
  • 1 3 主権の現代的課題 50
  • 1 おわりに 52
  • 1 国際「公領域」の拡張 広部 和也 61ー83
  • 1 はじめに 61
  • 1 1 伝統的国際法における領域 63
  • 1 2 資源問題と領域 69
  • 1 3 環境保護問題と領域 74
  • 1 むすび 79
  • 2 結合のきずな—その可能性と限界
  • 2 国際レジームの位置  国際法秩序の一元性と多元性 小寺 彰 87ー107
  • 2 はじめに 87
  • 2 1 多数国間条約体制の構造 88
  • 2 2 国際法秩序とレジーム 95
  • 2 むすび—国際法秩序の多元化と一元性の確保 100
  • 2 国際司法の新展開—紛争処理と新しい国際法規の生成  核兵器使用・威嚇の合(違)法性に関する勧告的意見をめぐって 古川 照美 109ー130
  • 2 1 国際司法裁判所の「顧客」の移り変わり 109
  • 2 2 国際司法裁判所の役割の変化 116
  • 2 3 国際法上の法の欠欠と新しい法規の成熟の狭間 117
  • 2 4 核兵器使用・威嚇の合(違)法性に関する勧告的意見の特徴と構造 124
  • 2 国際法治主義の地平  現代国際関係における国家責任法理の「適用」 中谷 和弘 131ー152
  • 2 1 国家責任法理の現況と「国家の国際犯罪」 132
  • 2 2 国際違法行為責任の追及の現状 134
  • 2 3 国家責任法理の「適用」をめぐる新しい諸課題—途上国の問題状況との関連で 138
  • 2 4 国際法治主義の要件 144
  • 3 市民と国際法
  • 3 「人間の価値」の実現—国際人権法の意味するもの 阿部 浩己 155ー177
  • 3 1 「沈黙の傍観者」からの脱却 155
  • 3 2 レトリックとリアリティの間 158
  • 3 3 理念への接近 164
  • 3 4 新時代への展望 169
  • 3 国境の無化—難民と不法移民の越境移動 本間 浩 179ー208
  • 3 はじめに 179
  • 3 1 難民・不法移民の越境行動に伴う諸現象 183
  • 3 2 国際難民法と大量の難民・不法移民の越境行動によるその揺らぎ 194
  • 3 おわりに 203
  • 3 国際安全保障と平和的生存権 山内 敏弘 209ー235
  • 3 はじめに 209
  • 3 1 平和的生存権(平和への権利)の生成と展開 210
  • 3 2 国際人道法の展開 216
  • 3 3 集団的安全保障の展開 222
  • 3 4 「安全保障」観念の転換 228
  • 4 国際機構法の未来
  • 4 「地域統合の法」の構造と特質 植木 俊哉 239ー261
  • 4 はじめに 239
  • 4 1 EC/EUの形成と発展 242
  • 4 2 EC法/EU法の構造と特質 250
  • 4 おわりに 254
  • 4 国連法体系の展望 最上 敏樹 263ー291
  • 4 1 国際機構法体系と国連法体系 263
  • 4 2 時間軸のもたらすもの—国連法体系の議論枠・その1 266
  • 4 3 価値的な設置条約—議論枠・その2 272
  • 4 4 権限と主体の問題—議論枠・その3 277
  • 4 5 課題 283

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで