サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

最新胸部CT診断学

松本満臣 著

詳細情報

タイトル 最新胸部CT診断学
著者 松本満臣 著
著者標目 松本, 満臣, 1941-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 1997.11
大きさ、容量等 404p ; 27cm
注記 文献あり
注記 索引あり
ISBN 4254321759
価格 20000円
JP番号 98060599
出版年(W3CDTF) 1997
件名(キーワード) 胸部--診断
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) コンピュータ断層撮影
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC327
NDC(9版) 492.433 : 臨床医学.診断・治療
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 最新胸部CT診断学
  • 目次
  • 1. 胸部のCTの実施法 1
  • A. CT装置の進歩と概要 2
  • B. CT画像 3
  • 1. ピクセル・ボクセル・マトリックス 3
  • 2. CT値 3
  • 3. ウィンドウ幅・ウィンドウレベル 4
  • 4. アーチファクト 6
  • 5. 部分体積効果 9
  • C. 高分解能CT 10
  • D. ヘリカルCT 11
  • E. 超高速CT 13
  • F. 検査手技 14
  • G. 造影CT 17
  • 1. 胸部の造影CT 17
  • 2. 造影剤の血行動態 17
  • 3. 造影剤投与法 18
  • H. 肺濃度 19
  • 2. 肺,縦隔,胸膜・胸壁のCT横断解剖 21
  • A. 肺区域のCT横断解剖 22
  • 1. 右上葉 22
  • 2. 左上葉上区 28
  • 3. 右中葉 28
  • 4. 左上葉舌区 28
  • 5. 右下葉・左下葉 29
  • 6. 葉間胸膜 31
  • 7. 肺靱帯 32
  • B. 縦隔のCT横断解剖 32
  • 1. 胸郭入口部および肺尖部 32
  • 2. 大動脈弓 38
  • 3. AorticーPulmonic window 39
  • 4. 肺動脈 41
  • 5. 肺静脈および左房 41
  • 6. 心室・冠静脈洞 41
  • 7. 横隔膜脚 42
  • C. 縦隔リンパ節 42
  • D. 縦隔の区分 48
  • 1. 縦隔区分法 48
  • 2. 縦隔区分と好発病変 49
  • E. 胸壁のCT横断解剖 49
  • 1. 胸壁・壁側胸膜の解剖 49
  • 2. 正常壁側胸膜のCT像 53
  • 3. 孤立性肺結節性病変 55
  • A. 孤立性肺結節性病変の一般的事項 56
  • 1. 分類と頻度 56
  • 2. 孤立性肺結節性病変と誤りやすい肺外病変 58
  • 3. 孤立性肺結節影へのアプローチ 59
  • B. 末梢部肺癌 64
  • 1. 末梢部肺癌の組織型と進展様式 64
  • 2. 画像における発育形態分類と病理 65
  • C. 病変の“場”と画像所見 79
  • 1. 辺縁の性状 80
  • 2. 内部構造 81
  • 3. 既存構造との関係 84
  • 4. 炎症の広がりと既存構造 87
  • 5. 病変の“場”と既存構造 89
  • D. 肺癌との鑑別が問題となる孤立性肺病変 95
  • 1. 結核腫 95
  • 2. 過誤腫 100
  • 3. 硬化性血管腫 105
  • 4. 限局性器質化肺炎 109
  • 5. リンパ球増殖性病変 109
  • 6. 円形無気肺 113
  • 7. クリプトコッカス症 114
  • 8. 肺犬糸状虫症 116
  • 9. 肺内気管支嚢胞 117
  • 10. 肺分画症 118
  • 11. 悪性線維性組織球腫 120
  • 12. 胸脾症 120
  • 13. 肺動静脈痩 120
  • 14. 肺内リンパ節 121
  • 15. 孤立性肺転移 122
  • 16. 肺梗塞 123
  • 17. 空洞形成性病変 124
  • E. ヘリカルCTを用いた肺癌検診 124
  • 1. 肺癌検診の足跡と検診結果の概要 124
  • 2. 群馬県の肺癌検診と肺癌治療成績 125
  • 3. ヘリカルCTによる肺癌検診 126
  • 4. 肺癌検診用CTの開発とパイロットスタディ 126
  • 5. 放射線医学総合研究所プロジェクトによるCT肺癌検診 133
  • 4. 肺門部肺癌および気道病変 141
  • A. 気道 142
  • B. 気管腫瘍 142
  • C. 気管・気管支のびまん性病変 145
  • 1. 再発性多発軟骨炎 145
  • 2. アミロイドーシス 146
  • 3. Wegener肉芽腫症 146
  • 4. 骨軟骨増殖性気管気管支症 146
  • 5. 結核性気管支狭窄 146
  • 6. サルコイドーシス 147
  • 7. 巨大気管気管支 148
  • 8. 気管支軟化症 148
  • D. 肺門部扁平上皮癌 148
  • 1. 気管支の構造と肺門部肺癌 148
  • 2. 肺門部扁平上皮癌の進展と画像所見 148
  • 3. 肺門部早期癌 152
  • E. 無気肺 154
  • 1. 閉塞性無気肺 154
  • 2. その他の原因による無気肺 157
  • F. 気管支拡張症 160
  • G. 肺気腫 163
  • H. 肺野のモザイクパターン 164
  • 5. 肺癌の病期診断 167
  • A. 肺癌の病期分類 168
  • B. 肺癌の病期診断と検査法 170
  • C. T因子の診断 171
  • 1. 胸壁浸潤・胸膜播種 171
  • 2. 肺内転移 175
  • 3. 縦隔・大血管・心膜・心房浸潤 180
  • D. N因子の診断 190
  • E. CTによる肺癌のresectabilityの評価 196
  • 1. 切除可能癌と切除不能癌のCT所見の比較 196
  • 2. Resectability診断基準の評価 199
  • F. 肺癌術後のCT 200
  • 6. 限局性肺病変 207
  • A. 肺結核 208
  • 1. 1次結核 208
  • 2. 2次結核 211
  • B. 肺膿瘍 225
  • C. 肺真菌症 229
  • D. 肺梗塞 232
  • 7. びまん性肺疾患 235
  • A. 肺実質と間質 236
  • B. 肺小葉と高分解能CT 237
  • C. びまん性肺疾患の分類 238
  • D. 小葉中心性病変 241
  • E. 汎小葉性病変 242
  • F. 気管支血管周囲間質分布病変 243
  • G. 非小葉性ランダム分布病変 243
  • H. 主な疾患 244
  • 1. びまん性汎細気管支炎 244
  • 2. 塵肺 246
  • 3. 好酸球性肉芽腫 252
  • 4. 肺リンパ管筋腫症 256
  • 5. 呼吸細気管支炎 258
  • 6. 収縮性細気管支炎 258
  • 7. 過敏性肺炎 260
  • 8. BOOP 260
  • 9. 慢性好酸球性肺炎 262
  • 10. 肺胞蛋白症 263
  • 11. 癌性リンパ管症 268
  • 12. サルコイドーシス 269
  • 13. リンパ球増殖性疾患 273
  • 14. 肺線維症 275
  • 15. 血行性肺転移 279
  • 16. 肺胞微石症 283
  • 17. 肺気腫 285
  • 18. 薬剤性肺傷害 285
  • 19. カリニ肺炎 288
  • 8. 縦隔病変2 95
  • A. 縦隔病変の分析 296
  • B. 胸腺 298
  • C. 胸腺肥大と胸腺過形成 299
  • D. 異所性胸腺 300
  • E. 胸腺腫 300
  • 1. CT所見 300
  • 2. 病期分類 302
  • 3. 非浸潤性胸腺腫と浸潤性胸腺腫の鑑別診断 303
  • 4. 浸潤性胸腺腫の進展 310
  • F. 胸腺癌 310
  • G. 胚細胞腫 312
  • 1. 奇形腫 314
  • 2. 精上皮腫 318
  • 3. その他の胚細胞腫瘍 319
  • H. その他の胸腺腫瘍 320
  • 1. 神経内分泌腫瘍 320
  • 2. 悪性リンパ腫 320
  • 3. 胸腺嚢胞 321
  • 4. 胸腺脂肪腫 325
  • 1. 胸腔内甲状腺腫 326
  • J. 心膜嚢胞 329
  • K. リンパ管腫 331
  • L. 血管性腫瘍 332
  • M. 縦隔脂肪沈着症 332
  • N. 腹部脂肪組織のヘルニア 332
  • O. 脂肪性腫瘍 335
  • P. 縦隔および肺門リンパ節腫大 336
  • 1. リンパ節石灰化 336
  • 2. 低吸収を示すリンパ節腫大 337
  • 3. リンパ節腫大の原因疾患と診断上の注意点 337
  • Q. 神経性腫瘍 339
  • R. Castleman病 344
  • S. 縦隔気腫・縦隔膿瘍 345
  • T. 大動脈解離 348
  • U. 胸部大動脈瘤 352
  • V. 大動脈弓とその分岐異常 354
  • W. 食道病変 357
  • 1. 食道癌 357
  • 2. 良性病変 367
  • X. 縦隔病変と反回神経麻痺 367
  • 9. 胸膜・胸壁病変 375
  • A. 肺・胸膜・胸壁病変の鑑別診断 376
  • B. 胸膜病変 376
  • 1. 胸水 376
  • 2. 膿胸 378
  • 3. アスベストーシスの胸膜病変 382
  • 4. 限局性線維性胸膜腫瘍 383
  • 5. びまん性胸膜肥厚 386
  • 6. 悪性中皮腫またはびまん性中皮腫 386
  • 7. その他の限局性胸膜・胸壁腫瘍 389
  • 索引 399

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで