サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

手疾患保存療法 : プラクティカルマニュアル

渡辺好博 編

詳細情報

タイトル 手疾患保存療法 : プラクティカルマニュアル
著者 渡辺好博 編
著者標目 渡辺, 好博, 1931-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社金原出版
出版年月日等 1997.2
大きさ、容量等 220, 6p ; 26cm
注記 文献あり
注記 索引あり
ISBN 4307250958
価格 6300円
JP番号 98022155
出版年(W3CDTF) 1997
件名(キーワード) 手--疾患
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC551
NDC(9版) 494.67 : 外科学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 手疾患保存療法プラクティカルマニュアル
  • 目次
  • 第1章 総論
  • 1 保存療法の占める位置 渡辺好博 3
  • A. 保存療法の歴史 3
  • B. 保存療法の占める位置 3
  • C. 治療の適応からみた手の疾患 4
  • D. 結び 5
  • 2 検査からみた保存的療法の適応と限界 藤哲 6
  • A. X線学的検査 6
  • 1. 単純X線撮影 6
  • 2. 関節造影 6
  • 3. CT 11
  • 4. 骨シンチグラフィー 11
  • 5. MRI 11
  • 6. X線診断よりみた保存的療法の適応と限界 11
  • B. 関節鏡 16
  • 1. 適応 16
  • 2. 関節鏡の意義 17
  • C. 電気生理学的検査 18
  • 1. 神経伝導速度Nerve conduction verocity(NCV) 20
  • 2. 筋電図Electromyogram(EMG) 20
  • 3. 神経伝導試験Nerve conduction test 20
  • 4. 電気生理学的検査からみた保存的療法の適応と限界 20
  • 3 保存療法の種類とその選択 浜田良機,戸島忠人,渡辺寛,佐野弥生,長沢晃樹 21
  • A. 薬物療法 21
  • B. 理学療法 21
  • 1. 水を利用する方法 21
  • 2. 温熱を利用する方法 23
  • 3. 経皮的電気刺激療法 24
  • 4. 低出力レーザー治療 25
  • 5. 超音波治療器 27
  • C. 装具療法 27
  • 1. 装具の作製について 27
  • 第2章 各論
  • 1 手指変形性関節症 佐々木孝 37
  • A. Heberden結節(DIP関節変形性関節症・母指IP関節変形性関節症) 37
  • 1. 疾患の概説 37
  • 2. 病態と経過 37
  • 3. 治療法の適応・保存療法の期間・一般的に選択される保存療法 38
  • 4. 筆者の推奨する保存療法ーテーピング 39
  • B. Bouchard結節 40
  • 1. 疾患の概説 40
  • 2. 病態と経過 40
  • 3. 治療法の適応・保存療法の期間・一般的に選択される保存療法 40
  • 4. 筆者の薦める治療 40
  • C. 第1CM関節変形性関節症 41
  • 1. 疾患の概説 41
  • 2. 病態と経過 41
  • 3. 治療法の適応・保存療法の期間・一般的に選択される保存療法 42
  • 4. 筆者の推奨する治療法 43
  • D. 手関節の変形性関節症 43
  • 1. 疾患の概説 43
  • 2. 病態と経過 43
  • 3. 治療法の適応・保存療法の期間・一般的に選択される保存療法 44
  • 4. 筆者の推奨する治療法 44
  • 2 リウマチ手の保存療法 阿部正隆 45
  • A. リウマチ手 45
  • 1. 手指の関節炎 45
  • 2. 腱鞘炎 45
  • 3. 手の変形 46
  • 4. 保存的治療 46
  • 3 狭窄性腱鞘炎 山本博司,斎藤聡 51
  • A. ばね指(弾発指) 51
  • 1. 病因・病態 52
  • 2. 頻度 52
  • 3. 診断 52
  • 4. 治療法の適応 52
  • 5. 保存療法の期間 53
  • 6. 一般的に選択される保存療法 53
  • 7. 筆者らの保存療法 53
  • 8. 症例 55
  • B. De Quervain病 55
  • 1. 病因・病態 55
  • 2. 頻度 56
  • 3. 診断 56
  • 4. 治療法の適応 56
  • 5. 保存療法の期間 56
  • 6. 一般的に選択される保存療法 57
  • 7. 筆者らの保存療法 57
  • 8. 症例 57
  • C. 尺側手根伸筋腱鞘炎 57
  • 1. 病因・病態 57
  • 2. 頻度 57
  • 3. 診断 57
  • 4. 治療法の適応 57
  • 5. 保存療法の期間 58
  • 6. 一般的に選択される保存療法 58
  • 7. 筆者らの保存療法 59
  • 8. 症例 60
  • 4 強直母指 矢島弘嗣 61
  • A. 疾患の概説 61
  • 1. 病因 61
  • 2. 性別および年齢 62
  • 3. 症状 62
  • 4. 診断および鑑別診断 64
  • 5. 自然経過 64
  • B. 治療法の種類および適応 64
  • C. 保存療法の期間 65
  • D. 一般に選択される保存療法 65
  • E. 筆者らの行っている保存療法 65
  • F. 合併症 66
  • G. 代表症例 67
  • 5 手部ガングリオンの保存療法 坂田悍教 69
  • A. 症例 69
  • B. ガングリオンの概要 69
  • 1. 病因 69
  • 2. 病理 69
  • 3. 発生部位と症状 69
  • 4. 診断 70
  • 5. 治療 71
  • C. 筆者らの治療方針および成績 72
  • 1. 筆者らの保存的治療 72
  • 2. 筆者らの保存的治療の成績 74
  • 3. 筆者らの保存的治療の問題点 74
  • 6 手根管症候群 高柳誠 76
  • A. 概説 76
  • B. 治療法の選択 77
  • C. 筆者らの保存療法 77
  • D. 症例 80
  • 7 槌指変形(外傷性) 石黒隆 82
  • A. 疾患の概説 83
  • 1. 分類 83
  • 2. 受傷機転 83
  • 3. 診断 83
  • B. 治療法の適応 84
  • C. 一般的に選択される保存療法 84
  • 1. 腱損傷によるもの 84
  • 2. 関節内骨折によるもの 86
  • 3. 小児の骨端線損傷によるもの 86
  • D. Extension blockを利用したclosed reduction(石黒法) 86
  • 1. 手技の簡単な説明 86
  • E. その他(機能的見地から) 87
  • 1. 腱損傷について 87
  • 2. 関節内骨折について 87
  • 8 幻肢痛(phantom limb pain) 初山泰弘 89
  • A. 概説 89
  • 1. 病因 89
  • 2. 病態 89
  • 3. 頻度 90
  • B. 診断 90
  • 1. 幻肢痛と断端痛の鑑別 90
  • 2. 脊髄損傷の幻肢痛 90
  • C. 治療 90
  • 1. 予防 90
  • 2. 治療 90
  • 9 有痛性神経腫(painfuI neuroma) 関利明 94
  • A. 概説 94
  • 1. 有痛性神経腫の発現機序 95
  • 2. 頻度 96
  • 3. 診断 96
  • B. 治療法の適応 97
  • C. 保存療法の期間 98
  • D. 一般的に選択される保存療法 98
  • 1. 痔痛の除去 98
  • E. 筆者による保存療法 99
  • F. 症例の呈示 100
  • 10 Raynaud症候群 土井一輝,服部泰典 102
  • A. 概念 102
  • B. 病態 102
  • C. 病因 103
  • 1. 交感神経系 103
  • 2. 血管側の因子 103
  • 3. 血液側の因子 103
  • 4. 免疫能との関連 103
  • D. 診断 103
  • 1. 指尖容積脈波 104
  • 2. サーモグラフィー 104
  • E. Raynaud症候群をきたす疾患の鑑別診断 104
  • 1. 全身性硬化症(PSS) 104
  • 2. 全身性エリテマトーデス(SLE) 105
  • 3. 皮膚筋炎(DM),多発筋炎(PM) 105
  • 4. Sjogren症候群 105
  • 5. 混合性結合織炎(MCTD) 105
  • F. 治療 105
  • 1. プロスタグランディン製剤 105
  • 2. カルシウム拮抗剤 106
  • 3. 血小板凝集抑制剤 106
  • 4. 自律神経作用薬 106
  • 11 Kienbock病に対する保存療法 堀井恵美子,中村蓼吾 107
  • A. 診断 107
  • B. 病期分類 107
  • C. 治療方法 107
  • 1. Levelling手術 107
  • 2. 部分手関節固定術 108
  • 3. 血管束移植術 108
  • 4. 月状骨摘出とスペーサー挿入 108
  • 5. Graner法 108
  • 6. Salvage手術 ・108
  • D. 保存療法 110
  • E,Kienbock病の自然経過例 112
  • 12 Spastic hand 田中晴人,山下信哉 114
  • A. 「手」の機能概要 114
  • B. 乳幼児期における上肢運動発達段階 117
  • C. 痙性手病態の概要 119
  • D. 痙筋腱における神経点ブロック法:歴史,目的,意義 120
  • E. 低濃度フェノール溶液による神経点ブロック法 120
  • F. 肩甲帯筋群に対するブロック法 120
  • G. 肘関節周囲筋群に対するブロック法 121
  • H. 手関節屈曲拘縮に対するブロック法 121
  • I. 指固有筋,母指内転筋群に対するブロック法 122
  • J. 筆者考案の母指内転筋群および指固有筋痙性軽減法 123
  • 13 指尖損傷 佐藤和毅,佐々木孝 127
  • A. 指尖損傷の分類 127
  • B. アルミニウムホイル被覆療法 127
  • 1. 適応 127
  • 2. 手技 127
  • 3. 合併症 129
  • 4. 利点・欠点 130
  • C. 実際の治療経験 131
  • D.考察 132
  • 14 指ロッキング 金谷文則 136
  • A. 示指ー小指MP関節ロッキング 136
  • 1. 疾患の概説 136
  • 2. 治療法 138
  • B. 母指MP関節ロッキング 140
  • 1. 疾患の概説 140
  • 2. 治療法 141
  • 15 RSD 古瀬洋一,楠正敬 144
  • A. 疾患の概説 144
  • 1. はじめに 144
  • 2. RSDの定義や用語に関する現在の問題点 144
  • 3. RSDの診断 145
  • B. 治療法の適応 145
  • C. 保存療法の期間 146
  • D. 一般的に選択される保存療法 146
  • 1. ブロック療法 146
  • 2. 薬物療法 146
  • 3. リハビリテーション的治療 147
  • E. 筆者らの特殊な保存療法 147
  • 1. 局所静脈内ブロック 147
  • 2. 手技 147
  • 3. preーRSDの治療 148
  • F. 合併症 148
  • 16 外傷性拘縮 進藤隆康,小林晶 151
  • A. 病因・病態 151
  • B. 診断 152
  • 1. 皮膚 152
  • 2. 筋肉・腱 152
  • 3. 関節包・靭帯 153
  • 4. 骨・軟骨 153
  • C. MRIと超音波診断 153
  • D.手指拘縮の主要な型 153
  • 1. 手関節拘縮 153
  • 2. MP関節伸展拘縮 153
  • 3. PIP関節伸展・屈曲拘縮 153
  • 4. 母指内転拘縮 154
  • 5. Volkmam拘縮 154
  • E. 拘縮の機能評価 154
  • F. 手術適応の有無 154
  • 1. 皮膚 155
  • 2. 筋肉・腱 155
  • 3. 関節包・靭帯 155
  • 4. 関節骨・軟骨 156
  • G. 保存的治療 156
  • 1. 急性期 156
  • 2. 慢性期 156
  • 3. 固定副子 159
  • 4. 動的副子 159
  • H. 症例 159
  • 17 中手骨骨折 小田明彦,阿部宗昭 160
  • A. 骨頭骨折 160
  • 1. 受傷機転と保存療法の適応 160
  • 2. 筆者らの保存療法 161
  • B. 痙部骨折 162
  • 1. 受傷機転と骨片転位 162
  • 2. Jahss法による整復法 162
  • 3. 筆者らの保存療法 162
  • C. 骨幹部骨折 164
  • 1. 受傷機転と骨折型 164
  • 2. 整復時の注意点と固定法 164
  • D. 基部骨折 168
  • 1. 受傷機転と保存療法の適応 168
  • 2. 保存療法 169
  • 18 Bennett骨折田中毒 170
  • A. 母指中手骨骨折の分類 170
  • B. 病態 171
  • 1. 解剖 171
  • 2. 病態 171
  • C. 症状・診断 171
  • 1. 症状 171
  • 2. 診断 171
  • D. 治療 171
  • 1. 適応 171
  • 2. 期間 176
  • 3. 筆者らのギプス法 176
  • 4. 合併症 176
  • 19 舟状骨骨折 井上五郎 178
  • A. 発生機序および頻度 178
  • B. 診断 178
  • C. 治療 180
  • 1. 骨癒合に影響する因子 180
  • 2. 保存的治療の適応 180
  • 3. 固定方法 180
  • 4. 一般的な固定法 180
  • 5. 筆者の治療法 181
  • 6. 合併症 182
  • D. 症例 182
  • 20 手根不安定症 荻野利彦 185
  • A. 疾患の概説 185
  • 1. 概念 185
  • 2. 分類 186
  • 3. 病態と診断 187
  • B. 治療法の適応 190
  • C. 保存療法の期間 191
  • D. 一般に選択される保存療法 191
  • E. 筆者らの特殊な保存療法 191
  • F. 合併症 192
  • 21 携骨遠位端骨折の保存療法 土田浩之 193
  • A. X線計測と解剖学的特徴 193
  • B. Colles骨折 194
  • 1. 骨折の評価と治療方針 194
  • 2. 安定型骨折の治療 194
  • 3. 不安定型骨折の治療 196
  • C. Smith骨折 198
  • D. 掌側,背側Barton骨折 199
  • E. Chauffeur骨折 200
  • 22 TFCC損傷 水関隆也 203
  • A. 病態 203
  • B. 診断 203
  • 1. 理学的所見 203
  • 2. 関節造影 203
  • 3. 関節鏡 204
  • C. 治療法 206
  • 1. 急性期 206
  • 2. 亜急性期 206
  • 3. 慢性期 206
  • D. 筆者らの保存療法 207
  • 1. 対象 207
  • 2. 方法 207
  • 3. 結果 207
  • E. 手術適応 208
  • F. 合併症 209
  • 1. 尺骨手根骨突き上げ症候群 209
  • 2. 遠位擁尺関節不安定症 209
  • 3. 尺骨茎状突起骨折 210
  • 23 PIP関節脱臼 木野義武 212
  • A. 脱臼の原因および損傷別発生頻度 212
  • B. 病態 212
  • C. 保存的治療と観血的治療の適応 213
  • 1. 保存的治療の適応 213
  • 2. 観血的治療の適応 213
  • D. 治療法 213
  • 1. 保存的治療 214
  • 2. 観血的治療 215
  • E. 治療成績 217
  • F. 考察 219

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで