サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

JARLアマチュア無線ハンドブック

日本アマチュア無線連盟 編

詳細情報

タイトル JARLアマチュア無線ハンドブック
著者 日本アマチュア無線連盟 編
著者標目 日本アマチュア無線連盟
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社CQ出版
出版年月日等 1997.4
大きさ、容量等 503p ; 26cm
注記 索引あり
ISBN 4789810194
価格 3300円
JP番号 98000264
増補改訂版
出版年(W3CDTF) 1997
件名(キーワード) アマチュア無線
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC ND586
NDC(9版) 547.61 : 通信工学.電気通信
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • JARLアマチュア無線ハンドブック
  • 基礎編
  • 01 アマチュア無線の意義と歴史 002
  • 02 アマチュア無線の楽しみかた 007
  • ラグチューの楽しみかた 008
  • いわゆるDX交信 010
  • 賞状集め 010
  • モービル無線の楽しみ 012
  • パケット通信 013
  • QRP通信 013
  • 技術を楽しむ 014
  • 特殊通信の楽しみ 015
  • ソフト的楽しみ 016
  • 03 アマチュア無線の国際親善に果たす役割 018
  • [コラム]ゲスト・オペレーター制度 021
  • 04 開局方法と手続き 022
  • たいせつなアマチュア局づくりの構想 022
  • アマチュア無線局の申請方法 024
  • 技術基準適合証明と保証認定制度 025
  • RTTY・FAX・SSTVなどの申請方法 032
  • 運用編
  • 01 アマチュア無線業務に使用する電波のバンド・プラン 036
  • 運用ガイド・ラインとバンド・プラン 036
  • HF帯の使用区分 038
  • VHF帯の使用区分 039
  • UHF帯の使用区分 039
  • SHF帯の使用区分 040
  • 02 アマチュア無線の運用法 041
  • 交信の準備 041
  • 交信の開始 044
  • 交信法 050
  • 交信の終了 056
  • [コラム]上手な運用のためのポイント 045
  • 03 QSLカードの意義と機能 059
  • QSLカードとは 059
  • 作りかたと記入法 060
  • 04 運用のための電波法規 066
  • 05 各種インターフェア対策 070
  • 06 非常通信 073
  • 応用編
  • 01 変更手続きと再免許申請 076
  • 変更の内容 076
  • 変更手続きの概略 076
  • 無線局の再免許申請 082
  • 02 アマチュア局に許される各バンドの特徴 083
  • 03 MF/HF帯の電波伝搬 090
  • 地表波伝搬 090
  • 電離層電波伝搬 091
  • 短波通信のじょう乱 106
  • 電離層伝搬の諸問題 108
  • 04 V/U/SHF帯の電波伝搬 112
  • 見通し内伝搬 112
  • 見通し外伝搬 116
  • 異常伝搬 120
  • V/UHFにおける遠距離通信とその意義 125
  • [コラム]伝搬損失の計算式 114
  • [コラム]dBについて 117
  • [コラム]電力・電圧・電界強度の関係 121
  • 05パケット通信とその運用 128
  • パケット通信の歴史 128
  • パケット通信の運用の実態 129
  • パケット通信に必要な機器と設備 130
  • 機材の接続 135
  • TNCの設定 137
  • パケット通信の運用 139
  • [コラム]OSI参照モデル 132
  • 06 衛星通信とその運用 143
  • 衛星通信とは 143
  • 衛星通信のための機器,設備 145
  • 運用 148
  • 衛星通信に必要な基礎知識 151
  • [コラム]用語説明 156
  • 07 画像通信ATV/SSTV/ディジタル画像伝送 161
  • ATV 161
  • SST〉(FAX) 165
  • ディジタル画像伝送 170
  • 08 RTTYとAMTOR,その運用 172
  • RTTYの運用の実態 172
  • RTTY運用に必要な機器 173
  • RTTYの運用法 174
  • RTTYの基本技術 176
  • BAUDOTからAMTORへ 180
  • AMTORからPACTORへ 180
  • [コラム]用語解説 177
  • 09 自然体を利用した通信
  • 月面反射通信 183
  • 月面反射通信とは 183
  • 月面反射通信の運用法 185
  • 月面反射通信の設備 186
  • 月面反射通信の回線設計 190
  • 10 リピーターの原理と運用法 192
  • [コラム]リピーター用語 194
  • 11 フィールド運用,モービル運用 195
  • 移動運用の形態 195
  • 移動運用の設備 197
  • 電池と蓄電池 200
  • 12 賞状 203
  • 賞状(Award)とは 203
  • 申請と取得 203
  • 日本の賞状 205
  • 外国の賞状 207
  • 13 コンテスト 210
  • コンテストとは 210
  • 楽しみかたと参加の心得 211
  • 各種コンテストのルール 212
  • 提出書類記入上の注意 214
  • 14 フォックス・ハンティングとARDF 218
  • [コラム]用語の説明 221
  • 15 CWの覚えかた 222
  • 16 相互運用協定と海外での運用 226
  • 外国での運用にはその国の免許や運用許可が必要 226
  • 相互運用協定と海外での運用の実際 229
  • 技術編
  • 01 電気の墓礎知識 234
  • 電界と磁界 234
  • 抵抗と電圧と電流 239
  • 交流 244
  • キャパシタンス 248
  • インダクタンス 250
  • インピーダンスとアドミタンス 251
  • 02 無線設備の基礎技術 253
  • 周波数の選択 253
  • 送受信機の周波数の決定 257
  • 周波数の変換 258
  • 送受信技術の基礎事項 259
  • 送受信機の正しい評価 261
  • SSB送信機の知識 264
  • 03 アンテナの基礎技術 266
  • アンテナとは 266
  • アンテナの選びかたと建てかた 268
  • カタログに現れるアンテナ用語 277
  • インピーダンス・マッチング 279
  • コネクターの付けかたとケーブルの使い分け 280
  • 04 モービル局の基礎技術 282
  • モービル運用の特徴 282
  • 取付方法とメインテナンス 283
  • 電源の取りかたは“最短距離で太く直接”が基本 285
  • アンテナについて 287
  • ノイズ(雑音)の話 291
  • さらに知っておきたいことなど 292
  • 05 インターフェア防止の墓礎技術 294
  • インターフェアの要因 294
  • インターフェア対策の基本 296
  • 対策の具体例 298
  • 障害防止フィルターの製作 299
  • 06 アマチュア無線家のためのコンピューター技術入門 304
  • コンピューターの動作原理 304
  • コンピューターの種類 307
  • プログラミング 308
  • パーソナル・コンピューター 309
  • DSPとディジタル信号処理 311
  • アマチュア無線のハードウェアへの応用 314
  • アマチュア無線のソフトウェアへの応用 316
  • 07ー1 出力1W,7MHz電信送信機の製作 318
  • 07ー2 安定化電原の製作 323
  • 13.8V・4.5A安定化電源の製作 324
  • 07ー3 V/UHF帯用受信プリアンプの製作 331
  • プリアンプとは 331
  • 製作の手順 334
  • 07ー4 50MHz3エレ八木の製作 338
  • 07ー5 各種工作法とノウハウ 344
  • 工具 344
  • 工作テクニック 348
  • 部品の取り扱いかた 352
  • 部品の読みかた 355
  • 08 測定の基礎技術 357
  • 測定器,測定技術はなぜ必要か 357
  • テスター(回路試験器) 358
  • オシロスコープ 363
  • 低周波発振器 368
  • アッテネーター(減衰器) 368
  • ディップ・メーター 370
  • 吸収型波長計 370
  • ダミー・ロード 371
  • SWR計 371
  • あれば便利な測定器・測定具など 374
  • 09 アマチュア局の避雷技術 377
  • 雷の原理と実態 377
  • 雷の分布と統計 380
  • 雷の侵入経路と雷被害 381
  • 避雷技術 384
  • 接地 386
  • [付録]接地抵抗の計算 日本の大地導電率 392
  • 資料編
  • 01 数学公式 396
  • 02 フィルターの設計 407
  • 03 風圧計算法 414
  • 04 グリッド・ロケーター 417
  • 05 ターミナル・ソフト・プログラム 423
  • 06 欧文通話表,モールス符号など 428
  • 07 アマチュア無線でよく使われるQ略語 432
  • 08 JIS(ASCII),Baudot,AMTORコード 434
  • 09 デシベル換算表 436
  • 10 同軸ケーブル 438
  • 11 RS-232-C規格の概要 440
  • 12 新しい電波の発射の表示方法 442
  • 13 アマチュア・バンド 444
  • 14 国際符字列表 446
  • 15 DXビーム・リスト 448
  • 16 ハム用大圏地図 452
  • 17 北米(米、加)州名の略記法 454
  • 18 ARRL DXCCカントリー・リスト 456
  • 19 世界のQSLビューロー 462
  • 20 JCCリスト 466
  • 21 JCGリスト 472
  • 22 計画リピーター局開設状況 477
  • 23 リピーター局リスト 478
  • 24 JARL地方事務局,電気通信監理局所在地 492
  • 25 JARLの仕事と組織 495
  • 索引 499

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで