サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

民事執行・保全法講義

山木戸克己 著

詳細情報

タイトル 民事執行・保全法講義
著者 山木戸克己 著
著者標目 山木戸, 克己, 1910-
シリーズ名 有斐閣ブックス
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社有斐閣
出版年月日等 1997.4
大きさ、容量等 296, 8p ; 22cm
注記 文献あり
注記 索引あり
ISBN 4641085862
価格 2300円
JP番号 98000556
補訂版
出版年(W3CDTF) 1997
件名(キーワード) 強制執行法
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC AZ-786
NDC(9版) 327.3 : 司法.訴訟手続法
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 民事執行・保全法講義
  • 目次
  • 補訂版はしがき、はしがき
  • 旧版はしがき
  • 第一編 民事執行法 一
  • 第一章 序説 一
  • 第一節 民事執行法 二
  • 第一款 民事執行法の制定 二
  • 第二款 民事執行法の理想 一一
  • 第二節 民事執行 一三
  • 第一款 民事執行の概念と分類 一三
  • 第二款 手続としての民事執行 一九
  • 第二章 民事執行総則 二三
  • 第一節 執行機関とその手続通則 二三
  • 第一款 執行機関 二三
  • 第二款 執行裁判所 二四
  • 第三款 執行官 二八
  • 第二節 執行当事者、代理人及び利害関係者 三一
  • 第三節 執行抗告と執行異議 三三
  • 第四節 執行費用、担保 四四
  • 第三章 強制執行 四八
  • 第一節 総説 四八
  • 第一款 強制執行の意義と態様 四八
  • 第二款 執行力のある債務名義の正本 五一
  • 第一項 序説 五一
  • 第二項 債務名義 五四
  • 第一目 総説 五四
  • 第二目 各種の債務名義 六一
  • 第三項 執行文 七七
  • 第一目 総説 七七
  • 第二目 執行文の付与 七九
  • 第四項 執行文付与に関する救済 八二
  • 第五項 請求与議の訴え 八九
  • 第三款 強制執行の対象財産 一〇〇
  • 第一項 責任財産 一〇〇
  • 第二項 第三者異議の訴え 一〇二
  • 第四款 強制執行手続の進行 一〇九
  • 第一項 強制執行の開始及び終了 一〇九
  • 第二項 強制執行開始の要件 一一〇
  • 第三項 強制執行の停止及び取消し 一一二
  • 第二節 金銭の支払を目的とする債権についての強制執行(全銭執行) 一一七
  • 第一款 総説 一一七
  • 第二款 不動産に対する強制執行(不動産執行) 一二五
  • 第一項 通則 一二五
  • 第二項 強制競売 一二六
  • 第一目 序説 一二六
  • 第二目 強制競売の開始 一二八
  • 第三目 債権者の競合—二重開始決定と配当要求 一三四
  • 第四目 売却条件 一三八
  • 第五目 売却準備の手続 一四四
  • 第六日 売却手続 一四八
  • 第七目 配当等の手続 一五七
  • 第三項 強制管理 一六五
  • 第三款 船舶に対する強制執行(舶舶執行) 一六九
  • 第四款 航空機・自動車・建設機械に対する強制執行 一七二
  • 第五款 動産に対する強制執行(動産執行) 一七三
  • 第六款 債権及びその他の財産権に対する強制執行 一八四
  • 第一項 総説 一八四
  • 第二項 債権執行 一八五
  • 第一目 金銭債権に対する強制執行 一八五
  • 第二目 船舶・動産等の引渡請求権に対する強制執行の特則 一九九
  • 第三項 その他の財産権に対する強制執行 二〇一
  • 第三節 金銭の支払を目的としない請求権についての強制執行(非金銭執行) 二〇二
  • 第一款 総説 二〇二
  • 第二款 物の引渡・明渡請求権についての強制執行 二〇三
  • 第三款 作為・不作為債権についての強制執行 二〇八
  • 第四章 担保権の実行(担保執行)と換価のための競売(形式的競売) 二一八
  • 第一節 担保権の実行としての競売(担保競売・担保執行) 二一八
  • 第一款 総説 二一八
  • 第二款 不動産競売 二二三
  • 第三款 船舶の競売 二二八
  • 第四款 航空機・自動車・建設機械の競売 二二八
  • 第五款 動産競売 二二九
  • 第六款 債権及びその他の財産権についての担保権の実行 二三二
  • 第二節 留置権による競売及び換価のための競売(形式的競売) 二三四
  • 第二編 民事保全法 二三七
  • 第一章 序説 二三八
  • 第一節 民事保全法 二三八
  • 第二節 民事保全 二四三
  • 第二章 民事保全手続総則 二四七
  • 第三章 保全命令に関する手続 二五〇
  • 第一節 総則 二五〇
  • 第二節 保全命令 二五二
  • 第一款 保全命令の発令手続通則
  • 第二款 仮差押命令と仮処分命令 二五九
  • 第一項 仮差押命令 二六〇
  • 第二項 仮処分命令 二六一
  • 第三節 保全異議 二六九
  • 第四節 保全取消し 二七四
  • 第五節 保全抗告 二七七
  • 第四章 保全執行に関する手続 二七九
  • 第一節 総則 二七九
  • 第二節 仮差押えの執行 二八〇
  • 第三節 仮処分の執行と効力 二八二
  • 事項索引 巻末

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで