サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

民事訴訟法

上原敏夫, 池田辰夫, 山本和彦 著

詳細情報

タイトル 民事訴訟法
著者 上原敏夫, 池田辰夫, 山本和彦 著
著者標目 上原, 敏夫, 1950-
著者標目 池田, 辰夫, 1952-
著者標目 山本, 和彦, 1961-
シリーズ名 有斐閣Sシリーズ
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社有斐閣
出版年月日等 1997.4
大きさ、容量等 297, 23p ; 19cm
注記 折り込1枚
注記 索引あり
ISBN 4641059713
価格 1700円
JP番号 98000538
第2版
出版年(W3CDTF) 1997
件名(キーワード) 民事訴訟法
NDLC AZ-785
NDC(9版) 327.2 : 司法.訴訟手続法
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 民事訴訟法
  • 目次
  • 第1章 総論民事訴訟の世界 上原敏夫 1
  • I 民事紛争の解決制度 2
  • 1 民事紛争と民事訴訟 2
  • 2 民事紛争の解決制度 3
  • 3 民事訴訟手続の特色 7
  • 4 訴訟と実体法 10
  • II 司法制度の中での民事訴訟 11
  • 1 司法権の限界法律上の争訟 11
  • 2 訴訟と非訟143裁判を受ける権利 17
  • III 民事訴訟制度の現代的課題 19
  • 1 裁判所へのアクセスの保障と審理の充実・促進 19
  • 2 現代型訴訟への対応 24
  • 3 国際化の問題 28
  • 4 民事訴訟法典 30
  • 第2章 訴訟手続の開始 山本和彦 31
  • I 訴え 32
  • 1 訴えの提起 32
  • 2 訴訟物 39
  • 3 訴訟の開始の効果 44
  • II 裁判所 47
  • 1 裁判所の概念 47
  • 2 民事裁判権 52
  • 3 管轄 53
  • 4 裁判所職員の除斥・忌避・回避 61
  • III 当事者 64
  • 1 当事者の意義 64
  • 2 当事者能力 68
  • 3 訴訟能力 72
  • 4 第三者による訴訟追行(訴訟担当と代理) 76
  • 第3章 訴訟の審理 上原敏夫 85
  • I 審理の対象 86
  • 1 本案と訴訟要件 86
  • 2 訴訟要件の調査 88
  • 3 訴えの利益 91
  • 4 当事者適格 96
  • II 審理の過程 98
  • 1 当事者・裁判所の役割分担 98
  • 2 口頭弁論 115
  • 3 訴訟手続の停止 137
  • III 証明 140
  • 1 概念 140
  • 2 証明の対象 144
  • 3 自由心証主義 148
  • 4 証明責任 150
  • 5 証拠調べの手続 159
  • 第4章 訴訟の終了 池田辰夫 173
  • I 総説 174
  • 1 訴訟の終了とは 174
  • 2 訴訟の終了の実際 175
  • II 当事者の行為による訴訟の終了 176
  • 1 訴訟上の和解 176
  • 2 訴えの取下げ 182
  • 3 請求の放棄・請求の認諾 187
  • III 終局判決とその効力 190
  • 1 総説 190
  • 2 判決効の客観的範囲 197
  • 3 判決効の主観的範囲 202
  • 4 判決のその他の効力 204
  • 5 終局判決に付随する裁判 205
  • IV その他の裁判 207
  • 第5章 複雑な訴訟形態 池田辰夫 209
  • I 請求の複数—複数請求訴訟— 210
  • 1 訴えの併合(請求の併合) 210
  • 2 訴えの変更 213
  • 3 反訴 218
  • 4 中間確認の訴え 220
  • II 当事者の複数—多数当事者訴訟(多数関与者訴訟)— 221
  • 1 共同訴訟主張共通の原則・証拠共通の原則はどの範囲で妥当するか 221
  • 2 大規模訴訟における審理手続の特則 229
  • 3 訴訟参加の諸形態 231
  • 4 当事者の変動(交替)—訴訟承継・任意的当事者変更・第三者の訴訟引込み 240
  • 第6章 不服申立手続 山本和彦 251
  • I 上訴 252
  • 1 上訴制度 252
  • 2 控訴 255
  • 3 上告 265
  • 4 抗告 274
  • II 特別上訴と再審 278
  • 1 特別上告・特別抗告 278
  • 2 再審 279
  • 第7章 簡略な手続 山本和彦 283
  • I 簡易裁判所の手続 284
  • 1 手続の特則 284
  • 2 訴え提起前の和解 285
  • II 少額訴訟 286
  • 1 意義 286
  • 2 対象事件 287
  • 3 通常手続への移行 287
  • 4 審理 288
  • 5 判決 289
  • 6 不服申立て 290
  • III 手形訴訟・小切手訴訟 291
  • 1 意義 291
  • 2 訴え提起 292
  • 3 審理・判決 292
  • 4 通常訴訟手続への移行 293
  • IV 督促手続 294
  • 1 意義 294
  • 2 管轄および対象となる請求 294
  • 3 支払督促 295
  • 4 督促異議 296
  • 条文索引 (巻末)
  • 判例索引 (巻末)
  • 事項索引 (巻末)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで