サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

中山研一先生古稀祝賀論文集 第3巻 (刑法の理論)

中山研一先生古稀祝賀論文集編集委員会 編

詳細情報

タイトル 中山研一先生古稀祝賀論文集
著者 中山研一先生古稀祝賀論文集編集委員会 編
著者標目 中山, 研一, 1927-2011
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社成文堂
出版年月日等 1997.2
大きさ、容量等 333p ; 22cm
注記 中山研一の肖像あり
ISBN 4792314259
価格 6800円+税 (税込)
JP番号 97066907
巻次 第3巻 (刑法の理論)
部分タイトル 中山博士の認定論的犯罪論体系について 鈴木茂嗣著. 犯罪論の体系について 大野平吉著. 機能的刑法観の後退と挫折 真鍋毅著. 罪刑法定主義の変化と実質的構成要件解釈 前田雅英著. 行為原理と行為論 生田勝義著. 実行行為と因果関係 大谷実著. 因果関係と結果帰責の否定 吉岡一男著. 過失犯における因果関係について 植田博著. 主観的違法要素 曽根威彦著. 主観的不法要素全面的否認説の検討 振津隆行著. 経験的自由意思論について 内田文昭著. 刑事責任の実質をめぐって 上田寛著. 実行開始後の責任能力の低下 中森喜彦著. 犯罪論における危険概念について 名和鉄郎著. 中止行為の構造 塩見淳著. 共犯論覚書 浅田和茂著. 共犯における可罰的不法従属性に関する若干の考察 山中敬一著. 集団内共犯と集団外共犯 夏目文雄著
出版年(W3CDTF) 1997
件名(キーワード) 刑法--記念論文集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC A711
NDLC AZ-711
NDC(9版) 326.04 : 刑法.刑事法
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで