サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

まとう : 被服行動の心理学

中島義明, 神山進 編

詳細情報

タイトル まとう : 被服行動の心理学
著者 中島義明, 神山進 編
著者標目 中島, 義明, 1944-
著者標目 神山, 進, 1948-
シリーズ名 人間行動学講座 ; 第1巻
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 1996.9
大きさ、容量等 247p ; 22cm
ISBN 4254526318
価格 4326円 (税込)
JP番号 97026372
出版年(W3CDTF) 1996
件名(キーワード) 衣服
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 行動心理学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC EF25
NDC(9版) 593 : 衣服.裁縫
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • まとう被服行動の心理学
  • 目次
  • 序論 被服の人間行動学 中島義明 001
  • 1節 「着衣行動」の研究視点 001
  • 2節 なぜ人間は衣服を着用するのか 002
  • 第1章 なぜまとう —人間の着衣動機— 馬杉一重,苗村久恵 006
  • 1節 なぜまとった —着衣起源— 006
  • 2節 なぜまとう —着衣ないし着装動機— 011
  • 3節 着衣動機の役割 017
  • 4節 着衣動機の帰属 019
  • 第2章 装う —被服による装飾・整容・変身行動— 神山進 024
  • 1節 はじめに —動物の装いの理由— 024
  • 2節 被服行動の研究 —米国と日本— 025
  • 3節 被服による装飾・整容・変身行動 027
  • 4節 装いによる情報伝達 030
  • 5節 装いによる自己の確認・強化・変容 035
  • 6節 装いによる社会的相互作用の促進・抑制 038
  • 第3章 買う —被服の購買・消費行動— 牧野圭子 046
  • 1節 消費者の認知と購買意思決定 047
  • 2節 消費行為の意味 057
  • 3節 社会現象としての消費者行動 060
  • 4節 今後の展望と課題 061
  • 第4章 まねる —被服と流行行動— 永野光朗 065
  • 1節 被服行動の規定要因としての「流行」 065
  • 2節 現象としての流行 066
  • 3節 心理的・社会的現象としての流行 073
  • 4節 流行採用の個人差 077
  • 第5章 感じる —被服に対する知覚と感情—一 三浦佳世 081
  • 1節 触覚による知覚と感情 081
  • 2節 視覚による知覚と感情 083
  • 3節 色の知覚と感情 091
  • 4節 その他の感覚による知覚と感情 096
  • 5節 拡張される衣服 097
  • 第6章 創造する —被服と芸術行動— 横田正夫 100
  • 1節 はじめに —ミッキー・マウス— 100
  • 2節 ウォルト・ディズニー 100
  • 3節 ミッキー・マウスとウォルト・ディズニーの関係 103
  • 4節 「表皮は被服」の伝統 104
  • 5節 ショートパンツ 106
  • 6節 下半身被服ギャグ 109
  • 7節 上着を着たミッキー・マウス 112
  • 8節 ウォルトの中年期危機 113
  • 第7章 顔をつくる —化粧行動— 余語真夫 119
  • 1節 顔 119
  • 2節 対人魅力 120
  • 3節 顔の管理 121
  • 4節 化粧行動の心理学的研究 125
  • 第8章 身体をつくる —身体と着衣行動— 枡田庸,牛田聡子 139
  • 1節 身体の形態 139
  • 2節 身体像と身体的魅力 143
  • 3節 身体意識と着装行動 153
  • 第9章 性を得る/つくる —被服による性の学習と性役割の演出— 柴田利男 158
  • 1節 性役割とは何か 158
  • 2節 乳幼児期における性の型づけと被服 161
  • 3節 性役割と被服行動 166
  • 第10章 人を得る —人間の発達と着衣行動— 太田裕彦 173
  • 1節 発達諸段階における着衣行動 174
  • 2節 生涯発達と着衣行動 183
  • 第11章 交わる —被服コミュニケーション— 永野光朗 188
  • 1節 「コミュニケーションの道具」としての衣服 188
  • 2節 衣服によるコミュニケーション 189
  • 3節 印象形成と衣服 195
  • 4節 印象管理と衣服 202
  • 第12章 それる —被服と逸脱行動— 西川正之 208
  • 1節 「それる」という現象 —「族」の歴史— 208
  • 2節 「それる」ことの個人的意味 —なぜ「それる」のか— 215
  • 3節 「それる」ことの社会的意味 —「それる」ことの影響— 220
  • 第13章 律する —服装や髪型をめぐる教育臨床— 丹野義彦 226
  • 1節 一般的な規制批判論 226
  • 2節 一般的な規制支持論 229
  • 3節 現場的な規制支持論 231
  • 4節 現場的な規制批判論 235
  • 索引 243

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで