サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

宗教のこれから : 日本仏教がもつ可能性

大村英昭 著

詳細情報

タイトル 宗教のこれから : 日本仏教がもつ可能性
著者 大村英昭 著
著者標目 大村, 英昭, 1942-2015
シリーズ名 有斐閣選書
出版地(国名コード) JP
出版地京都
出版社有斐閣
出版年月日等 1996.9
大きさ、容量等 230p ; 19cm
ISBN 4641182663
価格 1648円 (税込)
JP番号 97024303
出版年(W3CDTF) 1996
件名(キーワード) 宗教--日本
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC HK33
NDC(9版) 162.1 : 宗教史・事情
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 宗教のこれから 日本仏教がもつ可能性
  • 目次
  • まえがき
  • 一 宗教はいま…? 1
  • 1 宗教アレルギーと日本人の宗教心 (2)
  • いいかげんな日本人の宗教心
  • 「たしなみ」としての宗教はいい?
  • イチロー選手の「感謝の心」
  • 禁欲と聖婚の意識
  • 禁欲と「鎮欲」
  • 人間中心か神中心か
  • 法華経の日本的受容
  • 教団の外部に広がる拡散宗教
  • なぜキリスト教は広まらないか
  • 遠藤周作のカトリック理解
  • 2 若者たちと宗教 (31)
  • オウムにはしった知性って
  • 「教養」ぬきの技術教育のこわさ
  • オカルト・ブームの影響
  • 「死んだらゴミになるだけ」か
  • 3 宗教プロはうさんくさい? (42)
  • 機能分化した社会の宗教プロ
  • 一つに専従すると……
  • 宗教を「食いもの」にする?
  • 宗教施設の維持経費?
  • 清貧に生きよ
  • 4 宗教と権力 (57)
  • 宗教的理想主義と”政教分離”
  • 法華経のロマン
  • 宮沢賢治と石原莞爾
  • アメリカのキリスト教右翼
  • 講話1 慈悲の風景 68—91
  • 講話2 本当は”いい子”なのに…… —「臨床社会学」応用編 92—113
  • メタ・メッセージとは
  • 予言の自己成就について
  • はじめに期待ありき
  • エッセー1 「良寛」とは誰か 114—120
  • はじめに
  • 「伝統の発明」としての良寛
  • 相馬御風の「良寛」
  • 「愛の人」から「童心の人」へ
  • 「鎮めの文化」と良寛
  • 「癒しの人」良寛
  • エッセー2 「私」って誰? 121—127
  • 期待と演技
  • 阪大生はイモい?
  • 印象操作の時代
  • エッセー3 「矜恃ある敗北」とイエの守り—昔の“尋卒”、今の“高卒” 128—134
  • 二 これからの宗教 135
  • 1 政教分離で、宗教は……? (136)
  • カトリックと日本宗教の近さ
  • 社会学は、市民宗教の神学
  • 国家は個人を解放する
  • 福祉がすすむと、お寺は?
  • 家の宗教としてのカトリック
  • パブリック・ファミリズム
  • 四海の信心の人はみな兄弟
  • 出家主義の否定
  • 女性の悲しさに身を添わせて
  • 「われらごときのいたずらもの」
  • 出離の縁うすきわれら
  • ホーム・チャペルとホーム・ミサ
  • 2 おかげと集り (162)
  • 感謝の心と恨み心
  • 宗教の本流は崇りを鎮める
  • 女の宗教
  • 男の宗教はきれいごと
  • 「お連れ」のない死
  • みんなと一緒に救われる
  • 講義1 家族、この宗教的なもの 179—204
  • 1 真桑文楽「嫁おどしの段」 (179)
  • 嫁と姑
  • 喰まば喰め
  • 今端の回心
  • 2 蓮如と女人往生 (183)
  • 本光坊腹篭の御聖教
  • 流布本との違い
  • 嫁・姑争いの近代性
  • 3 出家者と在家者のエートス (186)
  • 攻めの幸村、守りの信幸
  • 長男文化と次男文化
  • 出家者と在家者
  • 鎮める文化の萎縮
  • 蓮如念仏の共鳴盤
  • 4 親驚と蓮如 (191)
  • 第二の出家
  • 悪人正機
  • 出家主義と在家主義
  • 女人正機
  • 5 在家止住の男女 (196)
  • 弥生中半章
  • 御恩報謝の念仏
  • 在家者の悲しさに
  • 在家止住のともがら
  • 6 「死ねない時代」の家族 (200)
  • 死ねない時代
  • この慈悲、始終なし
  • 結びにかえて (202)
  • 講義2 現代鎮め物語 205—227
  • はじめに
  • 早世のロマン
  • 諦観、こころの故郷
  • 吉本ばなな、ただ添うがごとく
  • 『法華経』と宮沢賢治
  • 植物こそ、いのちのモデル
  • 意外にはかない朋の暮らし
  • あとがき
  • 英昭坊さん閑話
  • 1 自宅の仏間で挙げる本ものの結婚式 9
  • 2 父のためにお百度を 20
  • 3 煽る教育と鎮まらない精神と 40
  • 4 戦没者五十回忌によせて 52
  • 5 いのりとみとり 66
  • 6 会えてよかったね 150

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで