サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

Excelによる統計入門

縄田和満 著

詳細情報

タイトル Excelによる統計入門
著者 縄田和満 著
著者標目 縄田, 和満, 1957-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 1996.7
大きさ、容量等 198p ; 21cm
注記 付: 参考文献
ISBN 4254121113
価格 2678円 (税込)
JP番号 97005931
出版年(W3CDTF) 1996
件名(キーワード) 統計--データ処理
件名(キーワード) 数理統計学
NDLC MA211
NDC(9版) 417 : 確率論.数理統計学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • Excelによる統計入門
  • 目次
  • 1. Excel入門 1
  • 1.1 Excelを使うための基本操作 1
  • 1.2 Excelへの入力 5
  • 1.3 データ入力の演習 19
  • 2. Excelによる表計算 21
  • 2.1 表の合計の計算 21
  • 2.2 割合の計算と絶対セル番地 24
  • 2.3 罫線を引く 26
  • 2.4 表の値の複写 27
  • 2.5 指定した範囲の印刷 28
  • 2.6 地域別人口割合および人口増加率の計算の演習 30
  • 3. グラフの作成 32
  • 3.1 棒グラフの作成 32
  • 3.2 複数のワークシートの使用 42
  • 3.3 円グラフ・線グラフの作成 42
  • 3.4 XーYグラフの作成 45
  • 3.5 世界人口のデータを使ったグラフ作成の演習 46
  • 4. 大量データの入力 47
  • 4.1 国別人口データの入力 47
  • 4.2 人口密度および人口増加率の計算 53
  • 5. データの並べ替え・条件にあったデータの抽出 54
  • 5.1 データの並べ替え 54
  • 5.2 データの抽出 56
  • 5.3 データベース関数を使ったデータの集計 64
  • 5.4 国別人口データの並べ替え・抽出の演習 67
  • 6. 度数分布表による一次元のデータの整理・分析 68
  • 6.1 度数分布表とヒストグラム 68
  • 6.2 国別人口データを使った度数分布表・ヒストグラムの作成 69
  • 6.3 国別人口データを使った演習 79
  • 7. 代表値・散らばりの尺度の計算 80
  • 7.1 分布の代表値 80
  • 7.2 散らばりの尺度 82
  • 7.3 度数分布表からの代表値・散らばりの尺度の計算 84
  • 7.4 国別人口データを使った代表値・散らばりの尺度の計算 85
  • 7.5 国別人口データを使った演習 89
  • 8. 二次元のデータの整理・分析 91
  • 8.1 散布図と分割表の作成 93
  • 8.2 相関係数の計算 100
  • 8.3 国別人口データを使った演習 105
  • 9. マクロとユーザー定義関数 106
  • 9.1 マクロの作成と実行 107
  • 9.2 ユーザー定義関数 115
  • 9.3 マクロとユーザー定義関数を使った演習 118
  • 10. 確率分布と乱数 119
  • 10.1 確率変数と確率分布 120
  • 10.2 大数の法則と中心極限定理 124
  • 10.3 確率関数・確率密度関数・累積分布関数のグラフによる表示 126
  • 10.4 乱数を使ったシミュレーション 128
  • 10.5 確率分布関数と乱数を使ったシミュレーションの演習 135
  • 11. 正規母集団に関する推定と検定 137
  • 11.1 点推定と区間推定 138
  • 11.2 仮説検定 142
  • 11.3 2つの母集団の同一性の検定 148
  • 11.4 国別人口データを使った演習 157
  • 12. 二次元データにおける2変数間の関係検定 158
  • 12.1 適合度のx2検定による独立性の検定 158
  • 12.2 一元配置分散分析 162
  • 12.3 相関関数を使った検定 166
  • 12.4 国別人口データを使った演習 169
  • 13. 回帰分析 170
  • 13.1 回帰モデル 170
  • 13.2 最小二乗法による推定 171
  • 13.3 回帰係数の標本分布と検定 174
  • 13.4 国別人口データを使った回帰分析 176
  • 13.5 重回帰分析 178
  • 13.6 ダミー変数 182
  • 13.7 国別人口データを使った人口増加率の重回帰分析 183
  • 13.8 国別人口データを使った演習 186
  • A. Windows95でのExcelの使用 188
  • A.1 Excel17.0の起動 189
  • A.2 「分析ツール」の組み込み 190
  • A.3 印刷 190
  • A.4 ブックの保存・呼び出し 191
  • A.5 Windows95の終了 192
  • 参考文献 193
  • 索引 194

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで