サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

中小企業論 : 市場経済の活力と革新の担い手を考える

清成忠男 [ほか]著

詳細情報

タイトル 中小企業論 : 市場経済の活力と革新の担い手を考える
著者 清成忠男 [ほか]著
著者標目 清成, 忠男, 1933-
シリーズ名 Y21
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社有斐閣
出版年月日等 1996.6
大きさ、容量等 277p ; 22cm
注記 参考文献: p267~269
ISBN 4641067759
価格 2781円 (税込)
JP番号 97004443
出版年(W3CDTF) 1996
件名(キーワード) 中小企業
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC DH141
NDC(9版) 335.35 : 企業.経営
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 中小企業論 市場経済の活力と革新の担い手を考える
  • 目次
  • 第1章 中小企業の学習の枠組み 1
  • 第1節 中小企業とはなにか 1
  • 1 なぜ中小企業を区分するのか 1
  • 2 規模測定の指標 2
  • 3 上限と下限 3
  • 4 政策対象 4
  • 「中小企業という表現」 6
  • 第2節 市場経済と中小企業 7
  • 1 市場経済における中小企業の意義 7
  • 2 企業家と企業家活動 8
  • 3 企業家活動の担い手としての中小企業 9
  • 4 誕生権経済の重要性 11
  • アメリカ経済の復活と企業家セクター 11
  • 第3節 産業構造の変化と中小企業 12
  • 1 産業構造の変動要因 12
  • 2 産業構造の変化と中小企業分野 13
  • 3 日本経済の転換と産業構造の変化 15
  • 4 中小企業の対応 17
  • 中小企業の高度化—デモシカからプロへ 18
  • 第4節 現代経済における中小企業の地位と役割 20
  • 1 中小企業の歴史的推移 20
  • 2 中小企業観の変遷 21
  • 中小企業観について 22
  • 3 日本経済における中小企業 24
  • 4 中小企業の国際比較 28
  • 地域社会と中小企業 34
  • 第2章 中小企業と大企業 35
  • 第1節 中小企業と大企業との分業 35
  • 1 産業組織と中小企業 35
  • 2 日本経済の二重構造 39
  • 第2節 企業間の分業と統合 46
  • 1 分業の程度 46
  • 2 垂直統合度の日米比較 47
  • 3 準統合としての下請生産システム 51
  • 徹底した外注で競争優位—キーエンスのケース 53
  • 垂直統合による競争優位—YKKのケース 54
  • 第3節 日本型下請生産システムの特徴と成果 55
  • 1 取引構造から見た特徴 55
  • 2 企業行動面から見た特徴 57
  • 3 下請生産システムの経済成果 60
  • 第4節 日本型下請生産システムの変遷 64
  • 第5節 経済環境変化と下請企業の自立 67
  • 1 経済環境の変化 67
  • 2 準内部的取引システムの限界 68
  • 3 高度情報化と日本型システムの有効性低下 69
  • 4 水平的システム構築への前提条件 73
  • 日米企業の異なるアプローチ 74
  • 第3章 環境変化と中小企業 75
  • 第1節 技術革新と中小企業 75
  • 1 分業の程度と技術成果 75
  • 2 ベンチャー・ビジネス発展への規制要因 79
  • 3 技術変化と企業間分業 80
  • 急ぎすぎた規模拡大—挫折したベンチャーのケース 82
  • 第2節 情報化と中小企業 83
  • 1 情報とは何か 83
  • 2 情報化とボーダレス化 85
  • 3 情報化の進展と中小企業 90
  • 第3節 サービス経済化と中小企業 92
  • 1 サービス経済化の背景 92
  • 2 サービス財・産業の特徴 93
  • 3 サービス産業の諸類型 95
  • 4 サービス経済化と中小企業 97
  • 第4節 流通革新と中小商業者 98
  • 1 流通における中小商業者の地位 98
  • 小売マーケティングの時代へ 106
  • 2 中小小売商業者の経営問題と課題 108
  • 3 中小卸売商業者の経営問題と課題 118
  • ホールの取引数の削減の原理 121
  • 4 新しい商業集積の形成 127
  • 第5節 地域経済の変化と中小企業 131
  • 1 地域と中小企業 131
  • 2 中小企業の立地動向と産業集積 133
  • 東京の産業構成 138
  • 3 地場産業の伝統と革新 139
  • 4 先端技術産業と地域開発 143
  • 5 新しい立地環境の形成と中小企業 146
  • 第6節 日本経済の国際化と中小企業 149
  • 1 日本の貿易と中小企業の役割変化 149
  • 2 国際経済環境の変化 151
  • 3 輸出中小企業の転換 152
  • 4 中小企業の産業調整型海外投資 153
  • 5 中小企業の産業補完型海外投資 155
  • 6 国際立地移動と産業の空洞化 157
  • 第4章 中小企業の経営戦略 161
  • 第1節 中小企業経営の類型 161
  • 1 中小企業の多様性 161
  • 2 生業的経営の特質 162
  • 3 家業的経営と同族経営 164
  • 4 ベンチャー経営 165
  • 中小企業から大企業へ 167
  • 第2節 中小企業の戦略的経営 168
  • 1 中小企業経営における戦略的可能性 168
  • 2 潜在資源の活用と補強 171
  • 3 長期的市場の展望 172
  • 4 顧客満足の提供 173
  • 5 競争優位の確立 174
  • 6 戦略的情報システムの確立 175
  • 第3節 中小企業のマーケティング戦略 176
  • 1 中小企業経営とマーケティング 176
  • 2 流通戦略便利で心地よい買物環境づくり 176
  • マーケティングとマーケティング・ミックス 177
  • 3 販売促進戦略主張する企業と商品 179
  • PR活動の流れと方法 180
  • 4 製品計画差別的価直の提供 181
  • 5 マーケティング・リサーチ現場からの発想と情報武装化 182
  • 第4節 中小企業の研究開発戦略 184
  • 1 中小企業における研究開発問題 184
  • 2 研究開発プロセスと情報問題 186
  • 3 研究開発の進め方 188
  • 4 技術の優位性を求めて 191
  • マーケティング発想による既存技術と新技術の融合のケース 191
  • 第5節 中小企業における人材開発戦略 192
  • 1 中小企業の人的構成 192
  • 2 中小企業における人材開発問題 195
  • 3 人材育成の課題 196
  • 4 後継者育成 200
  • 第6節 中小企業の財務戦略 201
  • 1 中小企業経営における財務問題 201
  • 2 中小企業における財務体質の強化 210
  • 3 損益分岐点と利益計画の実現 212
  • 損益分岐点図 214
  • 4 ベンチャー・キャピタルと店頭登録 215
  • イギリスの起業家—成功と失敗の物語 219
  • 第5章 中小企業問題と中小企業政策 221
  • 第1節 中小企業問題とは何か 221
  • 1 中小企業問題の本質 221
  • 2 中小企業政策の展開 224
  • 3 先進国の中小企業問題と中小企業政策 226
  • 創業支援 231
  • 第2節 日本の中小企業問題(1) 232
  • 1 中小企業問題の日本的特質二重構造 232
  • 2 二重構造論の登場 233
  • 3 二重構造論の普及 236
  • 4 二重構造論争 237
  • イメージの中の二重構造 238
  • 5 二重構造の解消 239
  • 6 新二重構造論の登場 243
  • 第3節 日本の中小企業問題(2) 244
  • 1 中小企業の労働問題 244
  • 3K問題のゆくえ 246
  • 2 中小企業の金融問題 251
  • 第4節 日本における中小企業政策の展開 256
  • 1 中小企業政策の歴史的展開 256
  • 2 中小企業政策の評価 260
  • 3 中小企業政策の現状 262
  • 4 今後の課題 262
  • 中小企業ビジョン 264
  • 参考文献 267
  • 索引 271

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで