사이트 메뉴 여기에서이 페이지의 선두입니다

바로 가기 키에 대한 설명을 시작합니다. 화면 전환이나 기능 실행은 설명에 나오는 바로 가기 키를 동시에 누른 후 Enter 키를 누르십시오. 바로 가기 키에 대한 설명을 들으려면  Alt +0. 메인 화면을 표시하려면 Alt +1. 로그인을 하려면 Alt +2. 간이검색 화면을 표시하려면 Alt +3. 상세검색 화면을 표시하려면 Alt +4. 장애인을 위한 자료검색 화면을 표시하려면 Alt +5. 검색 결과를 정렬하려면, Alt +6. 국립국회도서관 홈페이지를 표시하려면 Alt +7. 결과내 검색을 하기 위해서는 Alt +8. 바로 가기 키에 대한 설명은 이상입니다.

네비게이션 여기에서

네비게이션 여기까지

본문 여기에서

자료 종별 図書

ワンポイント内科診断学

野田喜代一 [ほか]編

서지정보

타이틀 ワンポイント内科診断学
책임표시 野田喜代一 [ほか]編
저자표목 野田, 喜代一, 1923-
출판 지명(국명 코드) JP
출판 지명東京
출판사金原出版
출판 연월일 등 1995.1
크기, 용량 등 475p ; 22cm
ISBN 4307100883
가격 9800円 (税込)
JP번호 96074734
출판 년도(W3CDTF) 1995
건명(키워드) 診断学
NDLC SC231
NDC(8판) 492.1
대상이용자 一般
자료 종별 図書
언어(ISO639-2 형식) jpn : 日本語

목차
 

  • ワンポイント内科診断学
  • 目次
  • I. 内科基本診察遠
  • 1 診断の意義と目的 2
  • 2 問診と病歴 2
  • a. 一般的事項 3
  • b. 主訴と症候 3
  • c. 現病歴 4
  • d. 自覚症状の系統的問診事項 5
  • 3 全身状態を示す自覚症状 14
  • a. 倦怠感,無力感,易疲労 14
  • b. 食欲の異常 14
  • c. 便通の異常 1s
  • d. 口渇 16
  • e. 味覚障害 16
  • f. 心悸亢進,動悸 16
  • g. 呼吸困難,息ぎれ 17
  • h. 頭痛,頭重 18
  • i. 肩こり 19
  • j. めまい 21
  • k. 耳鳴り 22
  • l. 皮膚〓痒症 22
  • m. 多尿,夜尿 23
  • 4 生活微候と体重 24
  • a. 体温 24
  • b. 脈拍 29
  • c. 血圧 33
  • d. 呼吸 38
  • e. 体重の測定 41
  • 5 理学的検査と徴候ー現症のとり方 42
  • 6 理学的検査法の実際 44
  • a. 視診 44
  • b. 皮膚症状 45
  • c. 顔貌 50
  • d. 浮腫 55
  • e. 爪 58
  • f. 触診 59
  • g. 打診 64
  • h. 聴診 65
  • i. リンパ節腫大 68
  • 7 理学的所見の系統的み方 69
  • a. 全身所見 70
  • b. 生活徴候 70
  • c. 身体計測所見 71
  • d. 局所所見 71
  • e. おもな他覚所見の総括 74
  • 8 診断の進め方 74
  • a. 診察法と臨床検査について 74
  • b. 診断の作業について 75
  • c. 診断と治療について 76
  • 9 健康診断と臨床検査 77
  • a. 健康の診断 77
  • b. 健康度の診断 83
  • II. 初期診療における診断のポイント
  • 1 初期診療の目的 86
  • 2 問診のポイント 86
  • a. 問診の手順 86
  • b. 主訴,現病歴 86
  • c. 既往歴,家族歴,社会歴 87
  • 3 身体所見のとり方のポイント 88
  • 4 検査のポイント 88
  • III.臓器別(系統別)診断のポイント
  • ● 循環器疾患
  • 1 問診のポイント 92
  • a. 主訴,現病歴 92
  • b. 既往歴 93
  • c. 家族歴 93
  • 2 身体所見のとり方のポイント 94
  • a. 視診 94
  • b. 触診 95
  • c. 打診 96
  • d. 聴診 97
  • 3 検査のポイント 98
  • a. 胸部単純X線検査 98
  • b. 心電図検査 101
  • c. 心エコー図 107
  • 4 心疾患,ワンポイントのまとめ 110
  • a. 先天性心疾患 110
  • b. リウマチ性心炎 114
  • c. 細菌性心膜炎 115
  • d. 心臓弁膜症 116
  • e. 心筋炎 118
  • f. 狭心症 119
  • g. 心筋梗塞症 220
  • h. 心膜炎 220
  • i. その他の心疾患 121
  • j. 血管疾患 122
  • k. 血圧異常 124
  • ● 呼吸器疾患
  • 1 問診のポイント 125
  • a. 主訴,現病歴 125
  • b. 既往歴 128
  • c. 家族歴 128
  • 2 身体所見のとり方のポイント 128
  • a. 視診 128
  • b. 触診 130
  • c. 打診 131
  • d. 聴診 131
  • 3 検査のポイント 133
  • a. 胸部X線検査 133
  • b. CTスキャン 135
  • c. 超音波診断 135
  • d. MRI 136
  • e. 呼吸機能検査 136
  • f. 血液検査 139
  • g. 喀痰検査 140
  • 4 肺疾患,ワンポイントのまとめ 141
  • a. 上気道感染症 141
  • b. 肺の感染症 141
  • c. 肺の腫瘍 144
  • d. じん肺 145
  • e. アレルギー性肺疾患 146
  • f. 原因不明の肺疾患 148
  • g. 胸膜疾患 150
  • h. その他の呼吸器疾患 152
  • ● 消化管疾患
  • 1 問診のポイント 153
  • a. 主訴,現病歴 153
  • b. 家族歴,既往歴,生活歴 156
  • 2 身体所見のとり方のポイント 157
  • a. 視診 157
  • b. 聴診 157
  • c. 触診 157
  • d. 圧痛 157
  • e. 打診 158
  • 3 検査のポイント 158
  • a. 腹部単純X線検査 158
  • b. 消化管造影検査 160
  • c. 内視鏡検査 163
  • d. 超音波検査 164
  • 4 消化管疾患,ワンポイントのまとめ 165
  • a. 食道疾患 165
  • b. 胃疾患 167
  • c. 腸疾患 174
  • ● 肝・胆・膵・腹膜疾患
  • 1 問診のポイント 182
  • a. 主訴,現病歴 182
  • b. 既往歴 184
  • c. 家族歴 184
  • 2 身体所見のとり方のポイント 184
  • a. 視診 184
  • b. 触診 185
  • c. 打診 187
  • d. 聴診 188
  • 3 検査のポイント 184
  • a. 血液生化学検査 184
  • b. 血液検査 191
  • c. 肝炎ウィルスマーカー 191
  • d. 腫瘍マーカー 191
  • e. X線検査 193
  • f. 超音波検査 193
  • g. その他 194
  • 4 肝・胆・膵・腹膜疾患,ワンポイントのまとめ 195
  • a. 肝疾患 195
  • b. 胆道疾患 197
  • c. 膵疾患 198
  • d. 腹膜疾患 199
  • ● 腎・尿路疾患
  • 1 問診のポイント 201
  • a. 尿所見異常 201
  • b. 排尿異常 201
  • c. 疼痛 202
  • d. 浮腫 202
  • e. 発熱 202
  • f. 貧血 202
  • g. 尿毒素症状 203
  • h. 尿失禁 203
  • i. 既往歴 204
  • j. 家族歴 204
  • 2 身体所見のとり方のポイント 204
  • a. 全身所見 204
  • b. 局所所見 205
  • 3 検査のポイント 206
  • a. 検尿 206
  • b. 尿沈渣 206
  • c. 尿の化学分析 207
  • d. 腎機能検査 208
  • e. 尿流水力学的検査 208
  • f. 血液化学 209
  • g. 末梢血 209
  • h. 腎生検 209
  • i. 画像診断 210
  • 4 腎・尿路疾患,ワンポイントのまとめ 212
  • a. 急性腎炎症候群 212
  • b. 急速進行性糸球体腎炎 213
  • c. 側生糸球体腎炎 213
  • d. 糖尿病性腎症 213
  • e. 尿路感染症 214
  • f. 多発性嚢胞腎 214
  • g. 急性腎不全 214
  • h. 慢性腎不全 215
  • i. ネフローゼ症候群 215
  • j. 尿路性器癌 216
  • ● 神経疾患
  • 1 問診のポイント 217
  • a. 主訴 217
  • b. 現病歴 217
  • c. 既往歴 218
  • d. 家族歴 218
  • 2 身体所見のとり方のポイント 218
  • a. 精神状態 218
  • b. その他の大脳機能 219
  • c. 脳神経 221
  • d. 四肢運動系 224
  • e. 四肢知覚系 226
  • 3 検査のポイント 229
  • a. 髄液検査 229
  • b. 脳波 232
  • c. 血液生化学 232
  • 4 神経疾患,ワンポイントのまとめ 233
  • a. 感染症 233
  • b. 変生疾患 235
  • c. 脱髄性疾患 241
  • ● 運動器疾患
  • 1 問診のポイント 242
  • a. 主訴,現病歴 242
  • b. 既往歴 243
  • c. 家族歴,遺伝歴 243
  • 2 身体所見のとり方のポイント 243
  • a. 視診 243
  • b. 神経学的診察 243
  • 3 検査のポイント 246
  • a. 電気生理学的検査 246
  • b. 血液生化学検査 246
  • c. 尿化学検査 247
  • d. 筋生検 247
  • e. X線検査およびCT検査 248
  • f. その他の検査 248
  • 4 運動器疾患,ワンポイントのまとめ 249
  • a. 遺伝性ミオパチー 249
  • b. 炎症性ミオパチー 251
  • c. 神経・筋接合部の異常 251
  • d. 周期性四肢麻痺 252
  • e. 先天生ミオパチー 253
  • ● 血液疾患
  • 1 問診のポイント 255
  • a. 主訴,現病歴 255
  • 2 身体所見のとり方のポイント 258
  • a. 視診 258
  • b. 触診 258
  • 3 検査のポイント 259
  • a. 末梢血液検査 259
  • b. 骨髄検査 259
  • c. リンパ節などの腫瘤生検 259
  • d. 出血性素因検査 260
  • 4 血液疾患,ワンポイントのまとめ 262
  • a. 貧血 262
  • b. 赤血球増加症(多血症) 264
  • c. 無顆粒球症 265
  • d. 伝染性単核球症 267
  • e. 白血病 267
  • f. 悪性リンパ腫 269
  • g. 多発性骨髄腫 270
  • h. 出血素因 272
  • ● 内分泌・代謝疾患
  • 1 2 回問診,身体所見のとり方のポイント 276
  • a. 肥満 276
  • b. るいそう 277
  • c. 巨人症 277
  • d. こびと症 277
  • e. 皮膚色素異常 277
  • f. 発毛異常 278
  • g. 多尿 278
  • h. 筋無力症状 278
  • i. 高血圧 278
  • j. 低血圧 279
  • 3 検査のポイント 279
  • a. 下垂体機能検査 279
  • b. 下垂体後葉機能検査 282
  • c. 甲状腺機能検査 283
  • d. 副甲状腺機能検査 284
  • e. 副腎皮質機能検査 285
  • f. 副腎髄質機能検査 286
  • g. 膵内分泌機能検査 287
  • h. 糖尿病関連検査 288
  • 4 内分泌・代謝疾患,ワンポイントのまとめ 288
  • a. 先端巨大症,巨人症 288
  • b. プロラクチノーマ 289
  • c. 下垂体前葉機能低下症 290
  • d. 尿崩症 292
  • e. ADH分泌不適合症候群(SIADH) 292
  • f. 甲状腺機能亢進症 292
  • g. 原発性甲状腺機能低下症 293
  • h. 慢性甲状腺炎(橋本病) 294
  • i. 亜急性甲状腺炎 294
  • j. 甲状腺腫瘍 295
  • k. 原発性副甲状腺機能亢進症 295
  • l. 特発性副甲状腺機能低下症 296
  • m. Cushing病 296
  • n. Addison病 298
  • o. 褐色細胞腫 298
  • p. 原発性アルドステロン症 299
  • q. 糖尿病 299
  • r. 糖尿病性昏睡 300
  • s. 低血糖症 301
  • ● 免疫・アレルギー疾患
  • 1 問診のポイント 303
  • a. 病歴のとりかた 303
  • b. 主訴 303
  • c. 現病歴 303
  • d. 過去の治療 303
  • e. 家族歴 304
  • f. 関連疾患 304
  • 2 身体所見のとり方のポイント 304
  • a. 視診 304
  • b. 打聴診 305
  • c. その他 305
  • 3 検査のポイント 306
  • a. 鼻汁,喀痰 306
  • b. 血液 306
  • c. IgE 306
  • d. 特異IgE抗体 306
  • e. 皮膚試験 307
  • 4 アレルギー疾患,ワンポイントのまとめ 308
  • a. 気管支喘息 308
  • b. アナフィラキシー 309
  • c. じん麻疹 309
  • d. アレルギー性鼻炎 309
  • e. 免疫不全症侯群 310
  • ● 膠原病とその近縁疾患
  • 1 問診のポイント 311
  • a. 主訴,現病歴 311
  • b. 既往歴 313
  • c. 家族歴 313
  • 2 身体所見のとり方のポイント 314
  • a. 視診,触診 314
  • b. 打診,聴診 316
  • 3 検査のポイント 317
  • 4 膠原病とその近縁疾患,ワンポイントのまとめ 317
  • a. 慢性関節のリウマチ 317
  • b. 全身生エリテマトーデス 319
  • c. 進行生全身性硬化症 319
  • d. 多発生筋炎・皮膚筋炎 319
  • e. シェーグレン症候群 320
  • f. 結節性多発動脈炎 320
  • g. ベーチェット病 320
  • h. 高安病 320
  • i. リウマチ性多発筋痛症(PMR)ないし側頭動脈炎(TA) 321
  • ● 感染症疾患
  • 1 問診のポイント 322
  • a. 主訴,現病歴 322
  • b. 既往歴 324
  • c. 家族歴 324
  • 2 身体所見のとり方のポイント 325
  • a. 視診 325
  • b. 触診 325
  • c. 打診 326
  • d. 聴診 326
  • 3 検査のポイント 326
  • a. 血液検査 327
  • b. X線検査 328
  • c. 各種検資材の塗抹,培養検査 328
  • d. 免疫血清学的検査 329
  • e. 皮膚反応 329
  • f. 内視鏡検査 329
  • 9. 超音波検査 329
  • h. 生検材料 331
  • i. 眼底検査 331
  • 4 感染症疾患,ワンポイントのまとめ 331
  • a. 敗血症 331
  • b. 感染性心内膜炎 337
  • c. 髄膜炎 332
  • d. 肝膿瘍 332
  • e. 腸チフス 333
  • f. エイズ 333
  • g. サイトメガロウイルス感染症 334
  • h. 伝染性単核細胞症 334
  • i. つつが虫病 335
  • j. 結核 335
  • k. 非定型抗酸菌症 336
  • l. ニューモシスチス・カリニ感染症 336
  • m. マラリア 337
  • IV. 救急患者の初期診断
  • ● 突然意識障害
  • 1 “意識”とは 340
  • 2 意識障害の評価 340
  • 3 突然の意識障害の原因 344
  • a. 頭部・脳に起因する場合 344
  • b. 全身性循環障害 344
  • c. 代謝異常 344
  • d. 内分泌疾患 344
  • e. 中毒 344
  • 4 意識障害患者の診察 345
  • a. 問診 345
  • b. バイタルサインのチェック 345
  • c. 神経学的診察 346
  • 5 意識障害と粉らわしい状態 350
  • a. 閉じ込め症候群 350
  • b. 心因性意識障害 350
  • 6 意識障害患者の検査 350
  • a. 脳波 350
  • b. 聴性脳幹反応 350
  • c. カロリック試験 351
  • ● けいれん
  • 1 けいれんとは 352
  • a. けいれん 352
  • b. スパズム 352
  • c. クランプ 352
  • 2 けいれんの原因疾患 352
  • a. 新生児期 354
  • b. 乳幼児期 354
  • c. 学童ー青少年期 355
  • d. 成人期 355
  • 3 診断のポイント 356
  • a. 病歴聴取 356
  • b. 診察 357
  • c. 検査 357
  • 4 応急処置 359
  • a. 来院持すでに発作が治まっている場合 359
  • b. けいれんの重積状態の場合 359
  • ● ショック
  • 1 ショックとは 362
  • 2 ショック状態の初期診断 362
  • a. ショックの徴候 362
  • b. ショックの診断基準 353
  • 3 モニタリング 363
  • 4 重症度評価 363
  • 5 ショックに対する初期の緊急処置 365
  • 6 ショックの病態生理学的分類 365
  • a. ショックの病態生理学的分類 365
  • b. 各種ショックの基礎疾患や病態 366
  • 7 循環動態の測定とショックの鑑別 367
  • a. 心原性ショック 368
  • b. 循環血液量減少性ショック 368
  • c. 血管原性ショック 369
  • d. 神経原性ショック,アナフィラキシーショック 369
  • 8 各種ショックの治療 369
  • a. 心原性ショック 369
  • b. 循環血液主減少性ショック 369
  • c. 血管原性ショック 371
  • ● 動悸
  • 1 動悸の概念と発生機序 372
  • 2 動悸の原因 372
  • a. 生理的異常 372
  • b. 精神的因子 372
  • c. 非心臓生異常 373
  • d. 心血管系異常 373
  • e. 不整脈 374
  • 3 動悸の診断 374
  • a. 問診 374
  • b. 検査 375
  • 4 動悸の分類 375
  • a. 非発作性 375
  • b. 発作性 375
  • 5 動悸の治療 379
  • a. 治療原則 379
  • b. 一般療法 379
  • c. 理学的療法 379
  • d. 薬物療法 379
  • e. 理学療法 381
  • ● 急性呼吸困難
  • 1 呼吸困難とは 383
  • 2 原因疾患 383
  • 3 問診 383
  • a. 現病歴 383
  • b. 家族歴,環境歴,既往歴,既往症 386
  • 4 身体所見 386
  • a. 一般的所見 386
  • b. 胸部所見 386
  • c. 腹部所見 387
  • 5 検査の進め方 387
  • a. 一次検査 387
  • b. 二次検査 388
  • c. 三次検査 389
  • 6 主要疾患の診断のポイント 389
  • a. 気管支喘息 389
  • b. 慢性肺気腫 390
  • c. び慢性汎細気管支炎 390
  • d. 肺炎 391
  • e. ARDS 391
  • f. 左心不全 392
  • g. 肺塞栓 392
  • h. 自然気胸 393
  • i. 大量胸水 394
  • j. 喉頭閉塞 394
  • k. 気管・気管支の閉塞 394
  • l. 心因性 395
  • ● 強い胸痛
  • 1 問診と理学所見のチェックポイント 396
  • a. 問診 396
  • b. 理学所見 397
  • 2 症候からみた診断へのアプローチ 398
  • a. 疾患別にみた症候の特徴 398
  • b. 診断へのアプローチ 399
  • 3 確定診断のポイント 400
  • a. 心電図 400
  • b. 胸部X線写真 402
  • 4 応急処置 403
  • a. 急性心筋梗塞 403
  • b. 急性大動脈解離 403
  • c. 肺塞栓 404
  • ● 急性腹症
  • 1 分類 405
  • 2 急性腹症診断の手順 405
  • a. 全身状態の把握 405
  • b. 臨床経過の把握 408
  • 3 治療 422
  • ● 吐血・下血
  • 1 顕出血の確認 415
  • 2 顕出血の生状と出血部位および疾患の関連 415
  • 3 出血源の検索 418
  • a. 問診 419
  • b. 身体所見および臨床検査 419
  • c. 診断手段 419
  • ● 高熱
  • 1 定義 423
  • 2 病態生理 423
  • 3 病歴聴取のポイント 424
  • a. 熱型が参考になる場合もある 424
  • b. 解熱の型 424
  • c. 発熱の一期間 425
  • d. 生活歴 425
  • 4 バイタルサインの確認 426
  • 5 髄伴症状,理解所見のポイント 427
  • 6 検査のすすめかた 427
  • a. 基本的スクリーニング検査 427
  • b. 精査 428
  • 7 救急処置 432
  • a. 一般的処置 432
  • b. 特殊な病態 433
  • ●頭痛
  • 1 激しい頭痛 434
  • 2 頭痛の発生機序 434
  • 3 頭痛患者への対応 435
  • 4 代表的疾患 438
  • a. くも膜下出血 438
  • b. 髄膜炎 438
  • c. 片頭痛 439
  • d. 群発頭痛 439
  • e. 筋緊張性頭痛 440
  • f. 脳腫瘍 440
  • g. 二次性血管性頭痛 441
  • h. 神経痛 441
  • i. 顔面痛 441
  • ● 急性中毒
  • 1 疾患の概念 443
  • 2 診断のポイント 443
  • a. 中毒患者の背景 443
  • b. 事故発生状況 443
  • c. 検査材料収集と検査 443
  • d. 薬物情報収集 443
  • 3 臨床症状 444
  • 4 治療のポイント 445
  • a. 催吐 446
  • b. 下痢の誘発 447
  • c. 強制利尿 449
  • d. 血液浄化 449
  • e. 解毒拮抗剤 449
  • f. 抗原抗体反応によるもの 449
  • g. ジゴキシン 453

본문 여기까지

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

풋터 여기까지