The site menu is from hereThe head of this page

This is an explanation of shortcut keys. To link or execute a function, press any of the following combinations of shortcut keys and then press Enter.  To listen to an explanation of shortcut keys, press Alt and 0.  To display the top page, press Alt and 1.  To login, press Alt and 2.  To display the Simple Search page, press Alt and 3.  To display the Advanced Search page, press Alt and 4.  To display the Search page for persons with disabilities, press Alt and 5.  To sort search results, press Alt and 6.  To display the NDL homepage, press Alt and 7.  To refine search results, press Alt and 8.  This ends the explanation of shortcut keys.

The navigation is from here

The navigation is to here

A body is from here

Format 図書

ワンポイント内科診断学

野田喜代一 [ほか]編

details

Title ワンポイント内科診断学
Author 野田喜代一 [ほか]編
Personal Name (Author) 野田, 喜代一, 1923-
Place of Publication (Country Code) JP
Place of Publication東京
Publisher金原出版
Date 1995.1
Size & Duration 475p ; 22cm
ISBN 4307100883
Price 9800円 (税込)
National Bibliography No.(JPNO) 96074734
Year of Publication(W3CDTF) 1995
Subject Heading(Keyword) 診断学
NDLC SC231
NDC(8th revised) 492.1
Target Audience 一般
Material Type 図書
Language(ISO639-2 Form) jpn : 日本語

Table of Contents
 

  • ワンポイント内科診断学
  • 目次
  • I. 内科基本診察遠
  • 1 診断の意義と目的 2
  • 2 問診と病歴 2
  • a. 一般的事項 3
  • b. 主訴と症候 3
  • c. 現病歴 4
  • d. 自覚症状の系統的問診事項 5
  • 3 全身状態を示す自覚症状 14
  • a. 倦怠感,無力感,易疲労 14
  • b. 食欲の異常 14
  • c. 便通の異常 1s
  • d. 口渇 16
  • e. 味覚障害 16
  • f. 心悸亢進,動悸 16
  • g. 呼吸困難,息ぎれ 17
  • h. 頭痛,頭重 18
  • i. 肩こり 19
  • j. めまい 21
  • k. 耳鳴り 22
  • l. 皮膚〓痒症 22
  • m. 多尿,夜尿 23
  • 4 生活微候と体重 24
  • a. 体温 24
  • b. 脈拍 29
  • c. 血圧 33
  • d. 呼吸 38
  • e. 体重の測定 41
  • 5 理学的検査と徴候ー現症のとり方 42
  • 6 理学的検査法の実際 44
  • a. 視診 44
  • b. 皮膚症状 45
  • c. 顔貌 50
  • d. 浮腫 55
  • e. 爪 58
  • f. 触診 59
  • g. 打診 64
  • h. 聴診 65
  • i. リンパ節腫大 68
  • 7 理学的所見の系統的み方 69
  • a. 全身所見 70
  • b. 生活徴候 70
  • c. 身体計測所見 71
  • d. 局所所見 71
  • e. おもな他覚所見の総括 74
  • 8 診断の進め方 74
  • a. 診察法と臨床検査について 74
  • b. 診断の作業について 75
  • c. 診断と治療について 76
  • 9 健康診断と臨床検査 77
  • a. 健康の診断 77
  • b. 健康度の診断 83
  • II. 初期診療における診断のポイント
  • 1 初期診療の目的 86
  • 2 問診のポイント 86
  • a. 問診の手順 86
  • b. 主訴,現病歴 86
  • c. 既往歴,家族歴,社会歴 87
  • 3 身体所見のとり方のポイント 88
  • 4 検査のポイント 88
  • III.臓器別(系統別)診断のポイント
  • ● 循環器疾患
  • 1 問診のポイント 92
  • a. 主訴,現病歴 92
  • b. 既往歴 93
  • c. 家族歴 93
  • 2 身体所見のとり方のポイント 94
  • a. 視診 94
  • b. 触診 95
  • c. 打診 96
  • d. 聴診 97
  • 3 検査のポイント 98
  • a. 胸部単純X線検査 98
  • b. 心電図検査 101
  • c. 心エコー図 107
  • 4 心疾患,ワンポイントのまとめ 110
  • a. 先天性心疾患 110
  • b. リウマチ性心炎 114
  • c. 細菌性心膜炎 115
  • d. 心臓弁膜症 116
  • e. 心筋炎 118
  • f. 狭心症 119
  • g. 心筋梗塞症 220
  • h. 心膜炎 220
  • i. その他の心疾患 121
  • j. 血管疾患 122
  • k. 血圧異常 124
  • ● 呼吸器疾患
  • 1 問診のポイント 125
  • a. 主訴,現病歴 125
  • b. 既往歴 128
  • c. 家族歴 128
  • 2 身体所見のとり方のポイント 128
  • a. 視診 128
  • b. 触診 130
  • c. 打診 131
  • d. 聴診 131
  • 3 検査のポイント 133
  • a. 胸部X線検査 133
  • b. CTスキャン 135
  • c. 超音波診断 135
  • d. MRI 136
  • e. 呼吸機能検査 136
  • f. 血液検査 139
  • g. 喀痰検査 140
  • 4 肺疾患,ワンポイントのまとめ 141
  • a. 上気道感染症 141
  • b. 肺の感染症 141
  • c. 肺の腫瘍 144
  • d. じん肺 145
  • e. アレルギー性肺疾患 146
  • f. 原因不明の肺疾患 148
  • g. 胸膜疾患 150
  • h. その他の呼吸器疾患 152
  • ● 消化管疾患
  • 1 問診のポイント 153
  • a. 主訴,現病歴 153
  • b. 家族歴,既往歴,生活歴 156
  • 2 身体所見のとり方のポイント 157
  • a. 視診 157
  • b. 聴診 157
  • c. 触診 157
  • d. 圧痛 157
  • e. 打診 158
  • 3 検査のポイント 158
  • a. 腹部単純X線検査 158
  • b. 消化管造影検査 160
  • c. 内視鏡検査 163
  • d. 超音波検査 164
  • 4 消化管疾患,ワンポイントのまとめ 165
  • a. 食道疾患 165
  • b. 胃疾患 167
  • c. 腸疾患 174
  • ● 肝・胆・膵・腹膜疾患
  • 1 問診のポイント 182
  • a. 主訴,現病歴 182
  • b. 既往歴 184
  • c. 家族歴 184
  • 2 身体所見のとり方のポイント 184
  • a. 視診 184
  • b. 触診 185
  • c. 打診 187
  • d. 聴診 188
  • 3 検査のポイント 184
  • a. 血液生化学検査 184
  • b. 血液検査 191
  • c. 肝炎ウィルスマーカー 191
  • d. 腫瘍マーカー 191
  • e. X線検査 193
  • f. 超音波検査 193
  • g. その他 194
  • 4 肝・胆・膵・腹膜疾患,ワンポイントのまとめ 195
  • a. 肝疾患 195
  • b. 胆道疾患 197
  • c. 膵疾患 198
  • d. 腹膜疾患 199
  • ● 腎・尿路疾患
  • 1 問診のポイント 201
  • a. 尿所見異常 201
  • b. 排尿異常 201
  • c. 疼痛 202
  • d. 浮腫 202
  • e. 発熱 202
  • f. 貧血 202
  • g. 尿毒素症状 203
  • h. 尿失禁 203
  • i. 既往歴 204
  • j. 家族歴 204
  • 2 身体所見のとり方のポイント 204
  • a. 全身所見 204
  • b. 局所所見 205
  • 3 検査のポイント 206
  • a. 検尿 206
  • b. 尿沈渣 206
  • c. 尿の化学分析 207
  • d. 腎機能検査 208
  • e. 尿流水力学的検査 208
  • f. 血液化学 209
  • g. 末梢血 209
  • h. 腎生検 209
  • i. 画像診断 210
  • 4 腎・尿路疾患,ワンポイントのまとめ 212
  • a. 急性腎炎症候群 212
  • b. 急速進行性糸球体腎炎 213
  • c. 側生糸球体腎炎 213
  • d. 糖尿病性腎症 213
  • e. 尿路感染症 214
  • f. 多発性嚢胞腎 214
  • g. 急性腎不全 214
  • h. 慢性腎不全 215
  • i. ネフローゼ症候群 215
  • j. 尿路性器癌 216
  • ● 神経疾患
  • 1 問診のポイント 217
  • a. 主訴 217
  • b. 現病歴 217
  • c. 既往歴 218
  • d. 家族歴 218
  • 2 身体所見のとり方のポイント 218
  • a. 精神状態 218
  • b. その他の大脳機能 219
  • c. 脳神経 221
  • d. 四肢運動系 224
  • e. 四肢知覚系 226
  • 3 検査のポイント 229
  • a. 髄液検査 229
  • b. 脳波 232
  • c. 血液生化学 232
  • 4 神経疾患,ワンポイントのまとめ 233
  • a. 感染症 233
  • b. 変生疾患 235
  • c. 脱髄性疾患 241
  • ● 運動器疾患
  • 1 問診のポイント 242
  • a. 主訴,現病歴 242
  • b. 既往歴 243
  • c. 家族歴,遺伝歴 243
  • 2 身体所見のとり方のポイント 243
  • a. 視診 243
  • b. 神経学的診察 243
  • 3 検査のポイント 246
  • a. 電気生理学的検査 246
  • b. 血液生化学検査 246
  • c. 尿化学検査 247
  • d. 筋生検 247
  • e. X線検査およびCT検査 248
  • f. その他の検査 248
  • 4 運動器疾患,ワンポイントのまとめ 249
  • a. 遺伝性ミオパチー 249
  • b. 炎症性ミオパチー 251
  • c. 神経・筋接合部の異常 251
  • d. 周期性四肢麻痺 252
  • e. 先天生ミオパチー 253
  • ● 血液疾患
  • 1 問診のポイント 255
  • a. 主訴,現病歴 255
  • 2 身体所見のとり方のポイント 258
  • a. 視診 258
  • b. 触診 258
  • 3 検査のポイント 259
  • a. 末梢血液検査 259
  • b. 骨髄検査 259
  • c. リンパ節などの腫瘤生検 259
  • d. 出血性素因検査 260
  • 4 血液疾患,ワンポイントのまとめ 262
  • a. 貧血 262
  • b. 赤血球増加症(多血症) 264
  • c. 無顆粒球症 265
  • d. 伝染性単核球症 267
  • e. 白血病 267
  • f. 悪性リンパ腫 269
  • g. 多発性骨髄腫 270
  • h. 出血素因 272
  • ● 内分泌・代謝疾患
  • 1 2 回問診,身体所見のとり方のポイント 276
  • a. 肥満 276
  • b. るいそう 277
  • c. 巨人症 277
  • d. こびと症 277
  • e. 皮膚色素異常 277
  • f. 発毛異常 278
  • g. 多尿 278
  • h. 筋無力症状 278
  • i. 高血圧 278
  • j. 低血圧 279
  • 3 検査のポイント 279
  • a. 下垂体機能検査 279
  • b. 下垂体後葉機能検査 282
  • c. 甲状腺機能検査 283
  • d. 副甲状腺機能検査 284
  • e. 副腎皮質機能検査 285
  • f. 副腎髄質機能検査 286
  • g. 膵内分泌機能検査 287
  • h. 糖尿病関連検査 288
  • 4 内分泌・代謝疾患,ワンポイントのまとめ 288
  • a. 先端巨大症,巨人症 288
  • b. プロラクチノーマ 289
  • c. 下垂体前葉機能低下症 290
  • d. 尿崩症 292
  • e. ADH分泌不適合症候群(SIADH) 292
  • f. 甲状腺機能亢進症 292
  • g. 原発性甲状腺機能低下症 293
  • h. 慢性甲状腺炎(橋本病) 294
  • i. 亜急性甲状腺炎 294
  • j. 甲状腺腫瘍 295
  • k. 原発性副甲状腺機能亢進症 295
  • l. 特発性副甲状腺機能低下症 296
  • m. Cushing病 296
  • n. Addison病 298
  • o. 褐色細胞腫 298
  • p. 原発性アルドステロン症 299
  • q. 糖尿病 299
  • r. 糖尿病性昏睡 300
  • s. 低血糖症 301
  • ● 免疫・アレルギー疾患
  • 1 問診のポイント 303
  • a. 病歴のとりかた 303
  • b. 主訴 303
  • c. 現病歴 303
  • d. 過去の治療 303
  • e. 家族歴 304
  • f. 関連疾患 304
  • 2 身体所見のとり方のポイント 304
  • a. 視診 304
  • b. 打聴診 305
  • c. その他 305
  • 3 検査のポイント 306
  • a. 鼻汁,喀痰 306
  • b. 血液 306
  • c. IgE 306
  • d. 特異IgE抗体 306
  • e. 皮膚試験 307
  • 4 アレルギー疾患,ワンポイントのまとめ 308
  • a. 気管支喘息 308
  • b. アナフィラキシー 309
  • c. じん麻疹 309
  • d. アレルギー性鼻炎 309
  • e. 免疫不全症侯群 310
  • ● 膠原病とその近縁疾患
  • 1 問診のポイント 311
  • a. 主訴,現病歴 311
  • b. 既往歴 313
  • c. 家族歴 313
  • 2 身体所見のとり方のポイント 314
  • a. 視診,触診 314
  • b. 打診,聴診 316
  • 3 検査のポイント 317
  • 4 膠原病とその近縁疾患,ワンポイントのまとめ 317
  • a. 慢性関節のリウマチ 317
  • b. 全身生エリテマトーデス 319
  • c. 進行生全身性硬化症 319
  • d. 多発生筋炎・皮膚筋炎 319
  • e. シェーグレン症候群 320
  • f. 結節性多発動脈炎 320
  • g. ベーチェット病 320
  • h. 高安病 320
  • i. リウマチ性多発筋痛症(PMR)ないし側頭動脈炎(TA) 321
  • ● 感染症疾患
  • 1 問診のポイント 322
  • a. 主訴,現病歴 322
  • b. 既往歴 324
  • c. 家族歴 324
  • 2 身体所見のとり方のポイント 325
  • a. 視診 325
  • b. 触診 325
  • c. 打診 326
  • d. 聴診 326
  • 3 検査のポイント 326
  • a. 血液検査 327
  • b. X線検査 328
  • c. 各種検資材の塗抹,培養検査 328
  • d. 免疫血清学的検査 329
  • e. 皮膚反応 329
  • f. 内視鏡検査 329
  • 9. 超音波検査 329
  • h. 生検材料 331
  • i. 眼底検査 331
  • 4 感染症疾患,ワンポイントのまとめ 331
  • a. 敗血症 331
  • b. 感染性心内膜炎 337
  • c. 髄膜炎 332
  • d. 肝膿瘍 332
  • e. 腸チフス 333
  • f. エイズ 333
  • g. サイトメガロウイルス感染症 334
  • h. 伝染性単核細胞症 334
  • i. つつが虫病 335
  • j. 結核 335
  • k. 非定型抗酸菌症 336
  • l. ニューモシスチス・カリニ感染症 336
  • m. マラリア 337
  • IV. 救急患者の初期診断
  • ● 突然意識障害
  • 1 “意識”とは 340
  • 2 意識障害の評価 340
  • 3 突然の意識障害の原因 344
  • a. 頭部・脳に起因する場合 344
  • b. 全身性循環障害 344
  • c. 代謝異常 344
  • d. 内分泌疾患 344
  • e. 中毒 344
  • 4 意識障害患者の診察 345
  • a. 問診 345
  • b. バイタルサインのチェック 345
  • c. 神経学的診察 346
  • 5 意識障害と粉らわしい状態 350
  • a. 閉じ込め症候群 350
  • b. 心因性意識障害 350
  • 6 意識障害患者の検査 350
  • a. 脳波 350
  • b. 聴性脳幹反応 350
  • c. カロリック試験 351
  • ● けいれん
  • 1 けいれんとは 352
  • a. けいれん 352
  • b. スパズム 352
  • c. クランプ 352
  • 2 けいれんの原因疾患 352
  • a. 新生児期 354
  • b. 乳幼児期 354
  • c. 学童ー青少年期 355
  • d. 成人期 355
  • 3 診断のポイント 356
  • a. 病歴聴取 356
  • b. 診察 357
  • c. 検査 357
  • 4 応急処置 359
  • a. 来院持すでに発作が治まっている場合 359
  • b. けいれんの重積状態の場合 359
  • ● ショック
  • 1 ショックとは 362
  • 2 ショック状態の初期診断 362
  • a. ショックの徴候 362
  • b. ショックの診断基準 353
  • 3 モニタリング 363
  • 4 重症度評価 363
  • 5 ショックに対する初期の緊急処置 365
  • 6 ショックの病態生理学的分類 365
  • a. ショックの病態生理学的分類 365
  • b. 各種ショックの基礎疾患や病態 366
  • 7 循環動態の測定とショックの鑑別 367
  • a. 心原性ショック 368
  • b. 循環血液量減少性ショック 368
  • c. 血管原性ショック 369
  • d. 神経原性ショック,アナフィラキシーショック 369
  • 8 各種ショックの治療 369
  • a. 心原性ショック 369
  • b. 循環血液主減少性ショック 369
  • c. 血管原性ショック 371
  • ● 動悸
  • 1 動悸の概念と発生機序 372
  • 2 動悸の原因 372
  • a. 生理的異常 372
  • b. 精神的因子 372
  • c. 非心臓生異常 373
  • d. 心血管系異常 373
  • e. 不整脈 374
  • 3 動悸の診断 374
  • a. 問診 374
  • b. 検査 375
  • 4 動悸の分類 375
  • a. 非発作性 375
  • b. 発作性 375
  • 5 動悸の治療 379
  • a. 治療原則 379
  • b. 一般療法 379
  • c. 理学的療法 379
  • d. 薬物療法 379
  • e. 理学療法 381
  • ● 急性呼吸困難
  • 1 呼吸困難とは 383
  • 2 原因疾患 383
  • 3 問診 383
  • a. 現病歴 383
  • b. 家族歴,環境歴,既往歴,既往症 386
  • 4 身体所見 386
  • a. 一般的所見 386
  • b. 胸部所見 386
  • c. 腹部所見 387
  • 5 検査の進め方 387
  • a. 一次検査 387
  • b. 二次検査 388
  • c. 三次検査 389
  • 6 主要疾患の診断のポイント 389
  • a. 気管支喘息 389
  • b. 慢性肺気腫 390
  • c. び慢性汎細気管支炎 390
  • d. 肺炎 391
  • e. ARDS 391
  • f. 左心不全 392
  • g. 肺塞栓 392
  • h. 自然気胸 393
  • i. 大量胸水 394
  • j. 喉頭閉塞 394
  • k. 気管・気管支の閉塞 394
  • l. 心因性 395
  • ● 強い胸痛
  • 1 問診と理学所見のチェックポイント 396
  • a. 問診 396
  • b. 理学所見 397
  • 2 症候からみた診断へのアプローチ 398
  • a. 疾患別にみた症候の特徴 398
  • b. 診断へのアプローチ 399
  • 3 確定診断のポイント 400
  • a. 心電図 400
  • b. 胸部X線写真 402
  • 4 応急処置 403
  • a. 急性心筋梗塞 403
  • b. 急性大動脈解離 403
  • c. 肺塞栓 404
  • ● 急性腹症
  • 1 分類 405
  • 2 急性腹症診断の手順 405
  • a. 全身状態の把握 405
  • b. 臨床経過の把握 408
  • 3 治療 422
  • ● 吐血・下血
  • 1 顕出血の確認 415
  • 2 顕出血の生状と出血部位および疾患の関連 415
  • 3 出血源の検索 418
  • a. 問診 419
  • b. 身体所見および臨床検査 419
  • c. 診断手段 419
  • ● 高熱
  • 1 定義 423
  • 2 病態生理 423
  • 3 病歴聴取のポイント 424
  • a. 熱型が参考になる場合もある 424
  • b. 解熱の型 424
  • c. 発熱の一期間 425
  • d. 生活歴 425
  • 4 バイタルサインの確認 426
  • 5 髄伴症状,理解所見のポイント 427
  • 6 検査のすすめかた 427
  • a. 基本的スクリーニング検査 427
  • b. 精査 428
  • 7 救急処置 432
  • a. 一般的処置 432
  • b. 特殊な病態 433
  • ●頭痛
  • 1 激しい頭痛 434
  • 2 頭痛の発生機序 434
  • 3 頭痛患者への対応 435
  • 4 代表的疾患 438
  • a. くも膜下出血 438
  • b. 髄膜炎 438
  • c. 片頭痛 439
  • d. 群発頭痛 439
  • e. 筋緊張性頭痛 440
  • f. 脳腫瘍 440
  • g. 二次性血管性頭痛 441
  • h. 神経痛 441
  • i. 顔面痛 441
  • ● 急性中毒
  • 1 疾患の概念 443
  • 2 診断のポイント 443
  • a. 中毒患者の背景 443
  • b. 事故発生状況 443
  • c. 検査材料収集と検査 443
  • d. 薬物情報収集 443
  • 3 臨床症状 444
  • 4 治療のポイント 445
  • a. 催吐 446
  • b. 下痢の誘発 447
  • c. 強制利尿 449
  • d. 血液浄化 449
  • e. 解毒拮抗剤 449
  • f. 抗原抗体反応によるもの 449
  • g. ジゴキシン 453

A body is to here

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

Foot is to here