The site menu is from hereThe head of this page

This is an explanation of shortcut keys. To link or execute a function, press any of the following combinations of shortcut keys and then press Enter.  To listen to an explanation of shortcut keys, press Alt and 0.  To display the top page, press Alt and 1.  To login, press Alt and 2.  To display the Simple Search page, press Alt and 3.  To display the Advanced Search page, press Alt and 4.  To display the Search page for persons with disabilities, press Alt and 5.  To sort search results, press Alt and 6.  To display the NDL homepage, press Alt and 7.  To refine search results, press Alt and 8.  This ends the explanation of shortcut keys.

The navigation is from here

The navigation is to here

A body is from here

Format 図書

ヨーロッパ統合の政治史 : 人物を通して見たあゆみ

金丸輝男 編

details

Title ヨーロッパ統合の政治史 : 人物を通して見たあゆみ
Author 金丸輝男 編
Personal Name (Author) 金丸, 輝男, 1935-
Place of Publication (Country Code) JP
Place of Publication東京
Publisher有斐閣
Date 1996.3
Size & Duration 245p ; 22cm
Description 各章末: 参考文献 年表: p230~235
ISBN 4641049599
Price 1957円 (税込)
National Bibliography No.(JPNO) 96054309
Year of Publication(W3CDTF) 1996
Subject Heading(Keyword) 欧州統合
Ajax-loader Related keywordSearching ・・・
Subject Heading(Keyword) 政治家--ヨーロッパ
Ajax-loader Related keywordSearching ・・・
Subject Heading(Keyword) ヨーロッパ--政治--歴史
Ajax-loader Related keywordSearching ・・・
NDLC A87
NDC(8th revised) 319.3
Target Audience 一般
Material Type 図書
Language(ISO639-2 Form) jpn : 日本語

Table of Contents
 

  • ヨーロッパ統合の政治史 人物を通して見たあゆみ
  • もくじ
  • はしがき i
  • もくじ ii
  • 英文もくじ viii
  • 執筆者紹介 ix
  • 序 本書のねらいと構成 1
  • 序章 欧州統合への道を切り開く—「パン・ヨーロッパ」の設立と欧州統合運動— クーデンホーフ=カレルギーの思想と行動 7
  • 1 クーデンホーフ=カレルギーの生い立ち 8
  • 2 クーデンホーフ=カレルギーが生きた時代 12
  • 3 クーデンホーフ=カレルギーの基本的思想 15
  • 4 クーデンホーフ=カレルギーの欧州統合運動 17
  • 5 おわりに 20
  • 第1章 戦後欧州の統合運動が始まる チャーチルの果たした役割 22
  • 1 チャーチルの生涯—軍人政治家、そして文人として 33
  • 2 冷戦の勃発と欧州経済の復興—マーシャル・プラン 25
  • 3 戦後欧州統合の足どり—ハーグ大会から欧州審議会の設立まで 27
  • 4 チャーチルと欧州統合論—評価 30
  • 5 おわりに 33
  • 第2章 欧州統合の礎石を据える—ECSCの成立 モネとシューマンのコンビ 36
  • 1 2人の生い立ち 37
  • 2 シューマン・プラン 40
  • 3 シューマン・プラン会議(パリ会議) 41
  • 4 ECSCの成立 43
  • 5 欧州防衛共同体(EDC)の失敗 46
  • 6 おわりに 47
  • 第3章 欧州統合を本格的に開始させる—EEC,EAECの設立へ— スパークとその委員会 50
  • 1 P.-H.スパークの生い立ち 51
  • 2 メッシナ会議 52
  • 3 スパーク委員会報告 54
  • 4 欧州経済共同体(EEC)ならびにユーラトム(EAEC)の成立 59
  • 5 おわりに 62
  • 第4章 独仏枢軸が動きだす ドゴールとアデナウアーの握手 64
  • 1 戦後独仏を率いた2人の大政治家 65
  • 2 ドゴールとアデナウアーの統合に対する姿勢の違い 68
  • 3 ドゴール主導の欧州建設の試み 70
  • 4 独仏枢軸樹立への長期的戦略 74
  • 5 おわりに 77
  • 第5章 欧州統合が雌伏期に入る—国益と欧州統合の政策決定過程 ドゴールとハルシュタインの闘い 79
  • 1 2人の生い立ち 80
  • 2 欧州統合の形態をめぐる意見の対立 82
  • 3 ハルシュタイン委員会の提案と共同体「65年危機」 84
  • 4 危機の収束—ルクセンブルクの妥協 87
  • 5 おわりに 89
  • 第6章 欧州統合が再び動きだす ポンピドーとブラント 91
  • 1 ポンピドーとブラント 92
  • 2 ハーグ首脳会議—統合の「完成,深化,拡大」に向かって 95
  • 3 ハーグ首脳会議以後の欧州統合 98
  • 4 揺れる独仏枢軸—72年パリ首脳会議ー73年コペンハーゲン首脳会議 101
  • 5 おわりに 104
  • 第7章 欧州統合の大道を確認する—欧州同盟構想の具体化 チンデマンスの提唱 106
  • 1 欧州を象徴する国の政治家—チンデマンス 107
  • 2 欧州同盟に向かって—「チンデマンス報告」作成まで 110
  • 3 欧州同盟に関する報告—チンデマンス報告の内容 112
  • 4 チンデマンス報告の評価とその運命 116
  • 5 おわりに 119
  • 第8章 統合を一段と高いレベルへ引き上げる—欧州理事会ならびに経済通貨同盟への道 ジスカール・デスタンとシュミット 121
  • 1 2人の生い立ち 122
  • 2 パリ首脳会議 124
  • 3 欧州理事会の強化 126
  • 4 欧州通貨制度(EMS) 128
  • 5 おわりに 131
  • 第9章 欧州統合のギアを切り替えさせる サッチャーの登場とイギリスの財政負担問題 134
  • 1 サッチャーの首相までの道のり 135
  • 2 イギリスの財政負担問題 137
  • 3 EU財政改革問題 141
  • 4 CAPの改革問題 144
  • 5 おわりに 146
  • 第10章 制度改革で欧州統合を離陸させる—単一欧州議定書の誕生 スピネッリのイニシアティブと加盟国の対応 149
  • 1 欧州統合の闘士スピネッリ 150
  • 2 スピネッリと欧州議会 152
  • 3 単一欧州議定書への道 157
  • 4 単一欧州議定書の締結 159
  • 5 おわりに 162
  • 第11章 「連邦的」欧州糾合を推進する 「連合」(Association)的統合を否定したドロールの政治指導 164
  • 1 生い立ちと中央銀行マンまでの軌跡 165
  • 2 欧州委員会委員長としての活躍—域内市場白書と単一欧州議定書 167
  • 3 ドロールと通貨統合 170
  • 4 1990年の政府間会議(IGC)とEU条約(欧州同盟条約) 172
  • 5 おわりに 176
  • 第12章 欧州統合の深化に抵抗する 連邦的統合に対するサッチャーの孤独な闘い 180
  • 1 単一欧州議定書誕生までのサッチャーの動き 182
  • 2 単一欧州議定書以降一通貨統合と政治協力とサッチャー 184
  • 3 サッチャーの反撃—1988年のプルージュ演説 186
  • 4 欧州の大激変と黄昏のサッチャー 188
  • 5 サッチャーと欧州統合—評価 191
  • 6 おわりに 194
  • 第13章 独仏関係が新しい段階に入る コールとミッテラン 196
  • 1 ミッテラン大統領とコール首相の生まれと育ち 197
  • 2 ミッテランとコールを取り巻く欧州統合および国際的状況 200
  • 3 ミッテラン,コールの登場と欧州統合 203
  • 4 欧州同盟(European Union)条約締結とミッテラン,コールの協力 206
  • 5 おわりに 210
  • 終章 国益を背負う指導者と欧州統合 213
  • EU加盟国地図 221
  • 用語解説 222
  • ヨーロッパ統合略年表 230
  • 引用文献 236
  • 索引 240
  • コラム
  • (1): イダ・ローランとの出会い 11
  • (2): 超国家主義という言葉について 14
  • (3): ヨーロッパ人へのメッセージ 28
  • (4): モネ語録から 38
  • (5): スパーク委員会報告の邦訳について 57
  • (6): 後継者と欧州政策 76
  • (7): 「ルクセンブルクの妥協」 88
  • (8): 労力と経費の無駄! 99
  • (9): EUの設立とチンデマンス 118
  • (10): ジスカールとシュミットの友情 124
  • (11): ドライ対ウェット 139
  • (12): 欧州同盟条約草案に反対した議員たち 156
  • (13): 大統領の座を蹴った男ドロール 176
  • (14): 男爵になった鉄の女 190
  • (15): 農夫になりそこねたコール 199
  • (16): ミッテランとドゴールの奇妙な関係 204

A body is to here

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

Foot is to here