サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

材料強度学要論

小寺沢良一 著

詳細情報

タイトル 材料強度学要論
著者 小寺沢良一 著
著者標目 小寺沢, 良一
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 1995.9
大きさ、容量等 183p ; 22cm
注記 各章末: 参考文献
ISBN 4254230842
価格 2884円 (税込)
JP番号 96004602
改訂増補
出版年(W3CDTF) 1995
件名(キーワード) 材料力学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC M233
NDC(8版) 501.32
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 材料強度学要論
  • 目次
  • 増補版への序 vii
  • はしがき ix
  • 第1章 結晶塑性の基礎 3
  • 1ー1 結晶構造 3
  • 1ー2 格子欠陥 7
  • 1ー3 すべり変形 11
  • 1ー4 転位とすべり変形 14
  • 1ー5 単結晶のすべり変形 17
  • 1ー6 双晶変形 21
  • 参考文献 24
  • 第2章 転位論 25
  • 2ー1 転位の観察 25
  • 2ー2 転位の基本的性質 27
  • 2ー3 結晶構造と転位 28
  • 2ー4 転位の応力場 32
  • 2ー5 転位に作用する力 35
  • 2ー6 転位の増殖 39
  • 2ー7 転位の上昇 40
  • 2ー8 転位と点欠陥の相互作用 41
  • 2ー9 転位の交切と集積 42
  • 2ー10 転位論の応用について 44
  • 参考文献 45
  • 第3章 強化機構 47
  • 3ー1 結晶粒界および亜結晶粒界 47
  • 3ー2 固溶硬化 52
  • 3ー3 2相合金の塑性変形(複合材料) 56
  • 3ー4 ひずみ硬化 60
  • 参考文献 68
  • 第4章 破壊の基礎 69
  • 4ー1 概説(フラクトグラフィ) 69
  • 4ー2 脆性破壊とき裂 73
  • 4ー3 破壊力学 77
  • 4ー4 金属結晶の脆性破壊 82
  • 4ー5 延性破壊 85
  • 4ー6 切欠効果 92
  • 4ー7 多軸応力下の破壊 95
  • 4ー8 脆性き裂の伝ぱ速度 96
  • 4ー9 破壊の統計的性質 96
  • 4ー10 補遺 98
  • 参考文献 104
  • 第5章 破壊靱性 106
  • 5ー1 衝撃試験と脆性遷移温度 106
  • 5ー2 引張試験における脆性遷移 108
  • 5ー3 平面ひずみ破壊靱性Kic 109
  • 5ー4 限界き裂開口変位およびJ積分 115
  • 参考文献 119
  • 第6章 疲労破壊 120
  • 6ー1 疲労破壊の特徴 120
  • 6ー2 SーN曲線と耐久限度線図 121
  • 6ー3 履歴曲線と塑性ひずみ 124
  • 6ー4 疲労き裂の発生 126
  • 6ー5 疲労き裂の伝ぱ 128
  • 6ー6 疲労破壊に及ぼす諸因子の影響 138
  • 6ー7 疲労破壊の統計的性質 145
  • 6ー8 破壊力学設計(損傷許容設計) 145
  • 参考文献 147
  • 第7章 高温における変形と破壊 148
  • 7ー1 高温における変形と破壊の特徴 148
  • 7ー2 クリープ曲線およびクリープデータの表示法 148
  • 7ー3 クリープの微視的過程 151
  • 7ー4 クリープ破壊 154
  • 7ー5 クリープおよびクリープ破壊強度の影響因子と耐熱材料 157
  • 7ー6 長時間寿命の推定 158
  • 7ー7 多軸応力,変動応力,リラクセーション 160
  • 7ー8 高温疲労,熱疲労,熱衝撃 162
  • 参考文献 165
  • 第8章 環境破壊 167
  • 8ー1 応力腐食割れ 167
  • 8ー2 水素脆化 169
  • 8ー3 腐食疲労 171
  • 8ー4 液体金属脆化,固体金属脆化 172
  • 参考文献 173
  • 第9章 特殊材料(新材料)の強度と破壊 174
  • 9ー1 セラミックス 174
  • 9ー2 アモルファス合金 175
  • 9ー3 形状記憶合金 175
  • 9ー4 原子炉,核融合炉材料の照射効果 176
  • 参考文献 176
  • 索引 178

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで