サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

日本古代官職辞典

阿部猛 編

詳細情報

タイトル 日本古代官職辞典
著者 阿部猛 編
著者標目 阿部, 猛, 1927-2016
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社高科書店
出版年月日等 1995.2
大きさ、容量等 525, 54p ; 22cm
注記 折り込表1枚
注記 各章末: 文献
価格 9500円 (税込)
JP番号 95051576
出版年(W3CDTF) 1995
件名(キーワード) 官職--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 律令
NDLC A112
NDLC AZ-143
NDC(8版) 322.13
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 日本古代官職辞典 阿部猛編
  • はしがき
  • 凡例
  • 1 四等官 三
  • 2 官人の任免 六
  • 3 官位相当制 七
  • 4 官人の特権 九
  • 〔経済的特権〕 位田 九
  • 職分田 一〇
  • 位封 一一
  • 職封 一二
  • 位禄 一六
  • 季禄 一六
  • 節禄 一六
  • 時服 一七
  • 馬料 一八
  • 月料 一九
  • 要劇料 二一
  • 〔身分的特権〕 位分・職分資人 二一
  • 事力 二二
  • 課役免除 二三
  • 蔭位制 二三
  • 〔刑法上の特権〕 議減 二五
  • 請減 二五
  • 例議 二五
  • 贖罪 二五
  • 官当 二五
  • 免所居官 二六
  • 免官 二六
  • 除名 二六
  • 5 令外官 二七
  • 6 権官 二八
  • 7 員外官 二九
  • 8 二官・八省・百官 三〇
  • 〔官職名の読み方〕 三〇
  • 9 神祗官 三三
  • 神祗官領 四〇
  • 10 摂政・関白 四二
  • 摂政 四二
  • 関白 四三
  • 内覧 四四
  • 11 太政官 四五
  • 太政大臣 四五
  • 知太政官事 四六
  • 太政大臣禅師 四七
  • 左大臣 四七
  • 右大臣 四八
  • 内臣 四八
  • 内大臣 四九
  • 大納言 五〇
  • 中納言 五〇
  • 参議 五一
  • 少納言 五三
  • 大外記 五四
  • 少外記 五五
  • 史生 五五
  • 召使 五七
  • 左大弁 五七
  • 右大群 五九
  • 左中弁 五九
  • 右中弁 五九
  • 左少弁 五九
  • 右少弁 五九
  • 左大史 五九
  • 右大史 五九
  • 左少史 五九
  • 右少史 五九
  • 左史生 六〇
  • 右史生 六〇
  • 左官掌 六〇
  • 右官掌 六〇
  • 左使部 六一
  • 右使部 六一
  • 左直丁 六一
  • 右直丁 六一
  • 太政官厨家 六一
  • 太政官厨家領 六一
  • 12 中務省 六三
  • 中務省領 七〇
  • 中宮職 七〇
  • 中宮職領 七二
  • 太皇太后宮職 七二
  • 皇太后宮職 七三
  • 皇后宮職 七四
  • 皇后宮職領 七四
  • 紫微中台 七四
  • 左大舎人寮 七五
  • 大舎人寮領 七七
  • 右大舎人寮 七七
  • 図書寮 七七
  • 紙屋院 七九
  • 内蔵寮 七九
  • 内蔵寮領 八二
  • 縫殿寮 八三
  • 縫殿寮領 八五
  • 糸所 八五
  • 陰陽寮 八六
  • 陰陽寮領 八八
  • 書工司 八九
  • 内薬司 九〇
  • 内薬司領 九一
  • 内礼司 九一
  • 内匠寮 九二
  • 内匠寮領 九四
  • 13 式部省 九五
  • 式部省領 九九
  • 大学寮 九九
  • 大学寮領 一〇二
  • 奨学院 一〇三
  • 勧学院 一〇四
  • 学館院 一〇五
  • 弘文院 一〇五
  • 散位寮 一〇五
  • 14 治部省 一〇七
  • 雅楽寮 一一〇
  • 雅楽寮領 一一四
  • 歌〓所 一一五
  • 大歌所 一一五
  • 楽所 一一六
  • 内教坊 一一七
  • 内教坊領 一一八
  • 玄蕃寮 一一八
  • 諸陵司 一二〇
  • 諸陵寮 一二一
  • 喪儀司 一二一
  • その他の喪葬官司 一二二
  • 養役夫司・養民司 一二三
  • 15 民部省 一二四
  • 主計寮 一二六
  • 主計寮領 一二七
  • 主税寮 一二七
  • 主税寮領 一二八
  • 廩院 一二九
  • 穀倉院 一二九
  • 穀倉院領 一三三
  • 16 兵部省 一三五
  • 兵部省領 一三六
  • 兵馬司 一三七
  • 造兵司 一三八
  • 鼓吹司 一四〇
  • 主船司 一四一
  • 主鷹司 一四三
  • 放生司 一四四
  • 17 刑部省 一四五
  • 刑部省領 一四六
  • 贓贖司 一四七
  • 囚獄司 一四七
  • 18 大蔵省 一四九
  • 大蔵省領 一五二
  • 正蔵率分所 一五二
  • 典鋳司 一五三
  • 掃部司 一五四
  • 漆部司 一五五
  • 縫部司 一五五
  • 織部司 一五六
  • 19 宮内省 一五九
  • 大膳職 一六〇
  • 大膳職領 一六三
  • 木工寮 一六三
  • 木工寮領 一六七
  • 大炊寮 一六七
  • 供御院 一六九
  • 主殿寮 一六九
  • 典薬寮 一七一
  • 典薬寮領 一七四
  • 乳牛院 一七五
  • 正親司 一七六
  • 正親司領 一七七
  • 内膳司 一七八
  • 内膳司領 一七九
  • 贄殿 一八〇
  • 贄所 一八〇
  • 進物所 一八〇
  • 御厨子所 一八一
  • 造酒司 一八一
  • 造酒司領 一八三
  • 酒殿 一八三
  • 鍛冶司 一八三
  • 官奴司 一八四
  • 園池司 一八五
  • 花苑司 一八七
  • 土工司 一八八
  • 采女司 一八八
  • 主水司 一八九
  • 主油司 一九一
  • 内掃部司 一九二
  • 掃部寮 一九二
  • 掃部寮領 一九三
  • 筥陶司 一九三
  • 内染司 一九四
  • 20 弾正台 一九六
  • 弾正台領 一九九
  • 21 衛府制 二〇〇
  • 衛門府 二〇〇
  • 左衛門府 二〇四
  • 衛門府領 二〇七
  • 右衛門府 二〇七
  • 隼人司 二〇七
  • 左衛士府 二〇九
  • 右衛士府 二一一
  • 左兵衛府 二一一
  • 兵衛府領 二一四
  • 右兵衛府 二一四
  • 授刀衛 二一四
  • 近衛府 二一五
  • 近衛府領 二一七
  • 中衛府 二一八
  • 中衛府領 二一九
  • 外衛府 二一九
  • 授刀舎人寮 二一九
  • 左馬寮 二二一
  • 馬寮領 二二三
  • 右馬寮 二二五
  • 主馬寮 二二五
  • 馬寮監 二二五
  • 内廐寮 二二六
  • 左兵庫 二二六
  • 右兵庫 二二八
  • 兵庫寮 二二八
  • 兵庫寮領 二三〇
  • 内兵庫 二三〇
  • 〓杖 二三一
  • 随身 二三二
  • 22 検非違使庁 二三四
  • 寄検非違使 二三八
  • 23都城 二三九
  • 左京職 二三九
  • 京職領 二四一
  • 右京職 二四二
  • 東市司 二四三
  • 西市司 二四四
  • 左平準署 二四四
  • 右平準署 二四四
  • 常平所 二四五
  • 常平司 二四五
  • 24 大宰府 二四六
  • 修理器杖所 二五一
  • 警固所 二五一
  • 権摂使 二五二
  • 25 造営官司 二五三
  • 造宮職 二五三
  • 造宮省 二五三
  • 修理職 二五五
  • 修理職領 二五六
  • 修理司 二五七
  • 修理左右坊城使 二五八
  • 修理左右宮城使 二五八
  • 造平城京司 二五九
  • 造難波宮司 二六〇
  • 営城監 二六〇
  • 造長岡宮使 二六〇
  • 造離宮司 二六〇
  • 造行宮司 二六一
  • 造頓宮司 二六一
  • 26 斎宮寮 二六二
  • 長奉送使 二六四
  • 27 斎院司 二六五
  • 斎院司領 二六六
  • 初斎院 二六六
  • 28諸使 二六八
  • 勘解由使 二六八
  • 検交替使 二六九
  • 遣唐使 二七一
  • 造舶使 二七二
  • 遣唐装束使 二七二
  • 遣新羅使 二七二
  • 遣渤海使 二七二
  • 問民苦使 二七三
  • 固関使 二七五
  • 推問使 二七六
  • 推訴使 二七七
  • 校田使 二七七
  • 班田使 二七八
  • 検税使 二八〇
  • 覆検使 二八一
  • 修理大井堰使 二八一
  • 造橋使 二八二
  • 造池使 二八二
  • 検河損使 二八三
  • 築堤使 二八三
  • 防鴨河使 二八三
  • 防葛野河使 二八三
  • 造大輪田船瀬使 二八四
  • 検地震使 二八四
  • 検損田使 二八四
  • 奉幣使 二八五
  • 山陵使 二八五
  • 荷前使 二八五
  • 八十島使 二八六
  • 宇佐使 二八六
  • 賑給使 二八七
  • 橋渡使 二八七
  • 唐物使 二八七
  • 狩使 二八八
  • 氷魚使 二八八
  • 29 諸所 二八九
  • 記録所 二八九
  • 御書所 二九〇
  • 一本御書所 二九一
  • 内御書所 二九一
  • 和歌所 二九二
  • 画所 二九二
  • 作物所 二九二
  • 撰式所 二九三
  • 造式所 二九四
  • 撰格所 二九四
  • 造格所 二九五
  • 撰令所 二九五
  • 撰国史所 二九五
  • 勘勲功所 二九六
  • 写経所 二九六
  • 30 令外省 二九七
  • 内竪省 二九七
  • 内豎所 二九八
  • 勅旨省 二九九
  • 勅旨所 三〇〇
  • 勅旨省(所)領 三〇〇
  • 31 蔵人所 三〇二
  • 蔵人所領 三〇六
  • 32 大嘗会関係組織 三〇七
  • 大嘗会行事所 三〇七
  • 大嘗会御禊装束司 三〇七
  • 大祓使 三〇七
  • 大嘗会御禊前後次第司 三〇七
  • 33 諸司 三一〇
  • 装束司 三一〇
  • 次第司 三一〇
  • 造大幣司 三一一
  • 製衣冠司 三一一
  • 造器司 三一一
  • 造伎楽司 三一一
  • 相撲司 三一二
  • 相撲使 三一三
  • 抜出司 三一三
  • 営厨司 三一三
  • 催造司 三一三
  • 板屋司 三一四
  • 鋳銭司 三一四
  • 採銅所 三一六
  • 34 後宮 三一八
  • 後宮十二司 三一九
  • 内侍司 三一九
  • 蔵司 三二二
  • 書司 三二三
  • 薬司 三二四
  • 兵司 三二五
  • 〓司 三二五
  • 殿司 三二六
  • 掃司 三二六
  • 水司 三二六
  • 膳司 三二七
  • 酒司 三二八
  • 縫司 三二八
  • 女官の称 三二九
  • 下級の女官 三二九
  • 35 院司 三三一
  • 太上天皇宮 三三二
  • 36 東宮 三三三
  • 傅 三三三
  • 学士 三三三
  • 春宮坊 三三三
  • 春宮坊領 三三五
  • 舎人監 三三五
  • 主膳監 三三六
  • 主蔵監 三三七
  • 主殿署 三三七
  • 主書署 三三八
  • 主漿署 三三八
  • 主工署 三三八
  • 主兵署 三三九
  • 主馬署 三三九
  • 蔵人所 三三九
  • 帯刀舎人 三四〇
  • 37 家 三四二
  • 38 行政監察官 三四六
  • 巡察使 三四六
  • 按察使 三四八
  • 摂官 三四九
  • 総領 三五〇
  • 観察使 三五〇
  • 知国事 三五二
  • 鎮撫使 三五二
  • 惣管 三五二
  • 39 軍事官 三五四
  • 将軍 三五四
  • 鎮守府 三五五
  • 征東使 三五七
  • 征夷使 三五八
  • 鎮狄将軍 三五八
  • 鎮東将軍 三五九
  • 健士 三五九
  • 騎兵司 三五九
  • 都督使 三六〇
  • 検習西海道兵使 三六〇
  • 兵庫将軍 三六一
  • 検校兵庫将軍 三六一
  • 節度使 三六一
  • 追捕使 三六三
  • 押領使 三六四
  • 拒捍使 三六五
  • 警固使 三六五
  • 40 神社関係の組織 三六六
  • 伊勢神宮 三六六
  • 造宮使 三六七
  • 賀茂神社 三六七
  • 造石上神宮使 三六八
  • 神社検非違使 三六八
  • 41 寺院関係の組織 三六九
  • 三綱 三六九
  • 僧綱 三七〇
  • 法王宮職 三七一
  • 42 造寺司 三七三
  • 造東大寺司 三七三
  • 造大安寺司 三七四
  • 造法華寺司 三七五
  • 造西大寺司 三七六
  • 造興福寺司 三七六
  • 造西寺司 三七六
  • 造東寺司 三七六
  • 造西隆寺司 三七七
  • 造薬師寺司 三七七
  • 造秋篠寺司 三七七
  • 造崇福寺司 三七八
  • 造法性寺使 三七八
  • 造大井寺使 三七八
  • 造檀林寺使 三七八
  • 造石山寺所 三七八
  • 造仏所 三七九
  • 43 救護施設 三八〇
  • 施薬院 三八〇
  • 施薬院領 三八二
  • 崇親院 三八二
  • 延命院 三八二
  • 続命院 三八二
  • 悲田院 三八三
  • 救急院 三八四
  • 悲田処 三八四
  • 44 国 三八五
  • 国の等級 三八五
  • 国の遠近 三八六
  • 45 国の職員構成 三八八
  • 46 国の僧官 三九二
  • 国師 三九二
  • 講師 三九二
  • 読師 三九三
  • 講読師の任用 三九四
  • 47 国学 三九五
  • 48 国司の任期 三九八
  • 国司の任期 三九八
  • 交替政 三九八
  • 49 国庁 四〇〇
  • 留守所 四〇〇
  • 検非違所 四〇〇
  • 国衙工房 四〇一
  • 50 軍団 四〇三
  • 健児 四〇九
  • 51 郡 四一一
  • 郡司 四一一
  • 神郡 四一三
  • 郡検非違使 四一三
  • 里長 四一三
  • 52 諸国 四一五
  • 〔畿内〕 山城国 四一五
  • 大和国 四一七
  • 河内国 四二〇
  • 河内職 四二一
  • 和泉監 四二二
  • 和泉国 四二二
  • 摂津職 四二四
  • 摂津国 四二五
  • 〔東海道〕 伊賀国 四二八
  • 伊勢国 四二九
  • 志摩国 四三一
  • 尾張国 四三二
  • 参河国 四三四
  • 遠江国 四三五
  • 駿河国 四三七
  • 伊豆国 四三八
  • 甲斐国 四四〇
  • 相模国 四四一
  • 武蔵国 四四三
  • 安房国 四四四
  • 上総国 四四六
  • 下総国 四四七
  • 常陸国 四四九
  • 〔東山道〕 近江国 四五〇
  • 美濃国 四五二
  • 飛騨国 四五五
  • 信濃国 四五六
  • 上野国 四五七
  • 下野国 四五九
  • 陸奥国 四六〇
  • 出羽国 四六四
  • 〔北陸道〕 若狭国 四六七
  • 越前国 四六八
  • 加賀国 四七〇
  • 能登国 四七二
  • 越中国 四七三
  • 越後国 四七四
  • 佐渡国 四七六
  • 〔山陰道〕 丹波国 四七七
  • 丹後国 四七九
  • 但馬国 四八〇
  • 因幡国 四八二
  • 伯耆国 四八三
  • 出雲国 四八四
  • 石見国 四八六
  • 隠岐国 四八七
  • 〔山陽道〕 播磨国 四八八
  • 美作国 四九〇
  • 備前国 四九一
  • 備中国 四九二
  • 備後国 四九四
  • 安芸国 四九五
  • 周防国 四九七
  • 長門国 四九八
  • 〔南海道〕 紀伊国 五〇〇
  • 淡路国 五〇二
  • 阿波国 五〇三
  • 讃岐国 五〇四
  • 伊予国 五〇六
  • 土佐国 五〇七
  • 〔西海道〕 筑前国 五〇八
  • 筑後国 五一〇
  • 豊前国 五一二
  • 豊後国 五一三
  • 肥前国 五一五
  • 肥後国 五一六
  • 日向国 五一八
  • 大隅国 五二〇
  • 薩摩国 五二一
  • 壱岐島 五二三
  • 対馬国 五二四
  • 多〓嶋 五二五
  • 索引

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで