サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

ユダヤを知る事典

滝川義人 著

詳細情報

タイトル ユダヤを知る事典
著者 滝川義人 著
著者標目 滝川, 義人, 1937-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社東京堂出版
出版年月日等 1994.4
大きさ、容量等 291p ; 20cm
注記 ユダヤ・イスラエル略年表: p265~268
ISBN 4490103638
価格 2500円 (税込)
JP番号 94051707
出版年(W3CDTF) 1994
件名(キーワード) ユダヤ人
件名(キーワード) ユダヤ教
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) ユダヤ文化
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC EC134
NDC(8版) 316.88
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • ユダヤを知る事典
  • ユダヤを知る事典 目次
  • 古代ユダヤの歴史
  • ユダヤ民族の歴史
  • 族長時代(紀元前一七世紀) 一七
  • カナンからエジプトへ 一八
  • 指導者モーセ 一八
  • 出エジプトからカナン定着(紀元前一三ー一二世紀) 一九
  • 十戒と神との契約 二〇
  • ユダヤ民族の平和な二〇〇年 二一
  • *ペリシテびと
  • ダビデとソロモンの時代(紀元前一〇二〇ー九三〇) 二一
  • 南北王国時代(紀元前九三〇ー五八六) 二二
  • 捕囚時代(紀元前五八六ー五三八) 二三
  • ペルシア、ギリシア時代(紀元前五三八ー一四二) 二三
  • 再びユダヤ人国家として独立(紀元前一四二ー六三) 二四
  • ローマ帝国の支配から流浪へ
  • ローマの支配時代(紀元前六三ー紀元三一三) 二五
  • *ユダヤ人史家ヨセフス
  • *ティトスの見たエルサレムの神殿
  • ユダヤ反乱軍が敗れ神殿は破壊される 二六
  • 流浪(ディアスポラ)の始まり 二七
  • 離散時代のパレスチナ
  • 大国の領土となったイスラエル 二八
  • ビザンチン時代(三一三ー六三六) 二九
  • アラブの支配時代(六三六ー一〇九九)二九
  • 十字軍時代(一〇九九ー一二九一) 三〇
  • マムルーク時代(一二九一ー一五一六) 三一
  • オスマントルコ時代(一五一七ー一九一七) 三一
  • *徳富蘆花の見た聖地
  • ユダヤ教とは
  • ユダヤ教とは
  • ユダヤ人の民族宗教 三三
  • *マイモニデスの信仰一三ヵ条
  • ユダヤ教の神髄 三四
  • ユダヤの神 三五
  • シナゴーグ(礼拝のための教会堂) 三五
  • ラビ(僧・神官あるいは牧師) 三六
  • ユダヤの戒律
  • 十戒と三大罪悪、三大義務 三七
  • *十戒(出エジプト記二〇章)
  • ノアの七戒 三八
  • *ノアの七戒
  • 六一三もあるユダヤの戒律 三八
  • *ダビデの戒め(詩篇第一五篇)
  • 目には目を 三九
  • *サドカイ、パリサイ、エッセネ
  • 食べ物の戒律ーカシュルート 四〇
  • 正統派ユダヤ人が日本へ来れば 四二
  • 宗教法(ハラハー)と現代生活 四三
  • ユダヤ教にまつわる俗信
  • ユダヤと占い 四五
  • 選民思想という俗信 四六
  • 失われた十部族とユダヤ化現象 四七
  • 世界各地にあるユダヤ同祖論 四八
  • ユダヤの聖典
  • 旧約聖書 五〇
  • *エデンの園はどんな所か
  • *ソドムのリンゴ
  • *やきもちの始まり
  • *イブの前に別の女性あり
  • *エデンの園を追われた二人の行方
  • トーラ(モーセ五書) 五〇
  • いちばん古い聖書 五一
  • *死海文書
  • 聖書のなりたち 五二
  • 聖書四九の解釈 五三
  • 社会生活を律するタルムード 五三
  • *ミシュナ
  • *ゲマラ
  • *ミドラシ
  • *レスポンサ
  • *アポクリファ(経外典聖書)
  • 古くなった聖典の処理法 五四
  • ユダヤ教の世界
  • 改革派とその誕生の背景 五五
  • 保守派 五六
  • 正統派 五七
  • 超正統派 五七
  • *ハシッド(敬虔)
  • 宗派の世界組織 五八
  • 各派の人口 五九
  • ユダヤのシンボル
  • イスラエルの国家紋章メノラ 六〇
  • 国旗に使われたダビデの星 六〇
  • ユダヤ人家庭とメズザ 六二
  • ユダヤ教とキリスト教
  • 五つの基本的な違い 六二
  • ユダヤ教とキリスト教の確執 六四
  • 偽(〓にせ)メシア 六六
  • 離散時代のユダヤ人
  • 離散の始まり
  • スペインのユダヤ人
  • 初期キリスト教会の弾圧 六九
  • 黄金時代を迎えたユダヤ人社会 六九
  • レコンキスタと強制改宗 七〇
  • カトリック教会による異端審問 七一
  • ユダヤ人のスペイン追放 七二
  • 日本ではキリシタン受難の時代 七三
  • オランダのユダヤ人
  • スペインからオランダへ 七四
  • 繁栄するマラノ社会 七五
  • アシュケナジ系の流入 七六
  • ドイツとフランスのユダヤ人
  • ローマ時代から商人として活躍したユダヤ人 七七
  • ユダヤ人に対する教会の態度 七八
  • ユダヤ人は王の動産 七八
  • 宮廷ユダヤ人(ホフユーデン) 七九
  • 強まる教会の反ユダヤ姿勢 七九
  • イギリスのユダヤ人
  • ユダヤ人の金貸し 七九
  • シェークスピアとベニスの商人 八〇
  • 十字軍のユダヤ人大虐殺 八一
  • 零細業へ追い込まれたユダヤ人 八二
  • ペストとユダヤ人虐殺 八二
  • イギリスへ戻ったユダヤ人 八四
  • ポーランドのユダヤ人
  • ドイツからポーランドへ 八五
  • 強まる反ユダヤ的空気 八六
  • カハル(ユダヤ人自治社会)の生活 八六
  • ロシアのユダヤ人
  • 早くからロシアに定住 八七
  • ユダヤ教に改宗したハザール王国 八八
  • ロシアのポーランド併合とユダヤ人 八九
  • シュテーテル(ユダヤ人村)の生活 九〇
  • ユダヤ人のロシア追放 九一
  • ユダヤ人の解放と啓蒙運動(ハスカラ)
  • フランス革命によりユダヤ人解放 九二
  • *ユダヤ人に対する平等の権利
  • ユダヤ人みずからの啓蒙運動 九三
  • 差別と迫害の歴史
  • 差別と迫害のいろいろ
  • ユダヤ人を隔離したゲットー 九五
  • 世界各地のゲットー 九六
  • ダビデの星のバッジ 九七
  • 血の中傷事件 九八
  • ユダヤ人追放の歴史 一〇〇
  • ユダヤ人虐殺(ポグロム) 一〇一
  • ユダヤの陰謀説 一〇三
  • *シオン長老の議定書
  • 日本人の誤ったユダヤ観のもと 一〇四
  • ヒトラーとナチズム
  • ユダヤ人は存在そのものが悪 一〇五
  • ホロコースト(ユダヤ人大虐殺) 一〇六
  • *アウシュビッツ
  • *ニュールンベルク法
  • *エビアン会議
  • *セントルイス号事件
  • *シュトルマ号事件
  • ヒトラーの最終解決 一〇八
  • ポーランドにつくられたガス室 一〇九
  • *マダガスカル計画
  • ドイツ企業と奴隷労働 一一〇
  • ナチスに対する諸国の姿勢
  • ナチスに抵抗した国々 一一一
  • ユダヤ人を助けたオランダ、ベルギー 一一二
  • *アンネ・フランク最後の日々
  • *そしてアンネのバラ
  • 難民を助けたスイスの警察長官 一一三
  • ナチスに協力したパリ警視庁 一一四
  • 悲劇に終わったバルカンのエルサレム 一一四
  • 枢軸諸国の意外な態度 一一五
  • *ダッハウを解放した日系アメリカ人
  • 各地における虐殺の実態
  • ホロコーストに加担したルーマニア 一一五
  • 六〇万人が殺されたハンガリー 一一六
  • クロアチアの虐殺 一一六
  • ナチ併合地の惨状 一一七
  • ワルシャワ・ゲットー蜂起(ほうき)の悲劇 一一七
  • *コルチャク先生と孤児達
  • ドイツに隠れていた一万九千人 一一八
  • 人道に対する犯罪ー戦後の裁判 一一八
  • *アイヒマン裁判
  • ドイツのつぐない 一一九
  • シオニズム運動
  • エルサレム帰還をめざして
  • ほかの民族解放運動との違い 一二〇
  • シオニズムの先駆者達 一二一
  • 近代シオニズム 一二二
  • 第一アリヤーイスラエルへの移住 一二三
  • 当時のパレスチナ 一二四
  • アラブ人社会 一二四
  • ユダヤ人社会 一二五
  • シオニズムのいろいろ
  • 指導者ヘルツェルと政治シオニズム 一二六
  • *自力解放
  • *ドレフユス事件
  • *一八八○年代の反ユダヤ事件
  • 外交活動に力を入れたヘルツェル 一二七
  • 文化シオニズム 一二七
  • 実践シオニズム 一二七
  • ウガンダかパレスチナか 一二八
  • 第二アリヤ 一二八
  • *日本から影響をうけたシオニズム運動
  • 反シオニズム勢力
  • ユダや人社会主義組織ーブント 一二九
  • シオニズムに反対した宗教界 一三〇
  • ウガンダに自治区を求めた人々 一三一
  • 第一次大戦とシオニズム運動
  • 第一次大戦時のパレスチナ 一三一
  • トルコ支配の終焉(〓しゅうえん)とイギリスの登場 一三二
  • 自治能力をたかめるユダヤ人社会 一三三
  • アラブ・ユダヤ両国併存の協定に調印 一三三
  • *イギリスの三つの約束
  • アラブの反ユダヤ暴動 一三四
  • アラブの政治的勝利 一三五
  • ユダヤ移民が制限される 一三六
  • *修正主義シオニズム運動
  • ユダヤ側の対応 一三六
  • *ユダヤ人の反英独立闘争組織
  • 第二次大戦中のパレスチナのユダヤ人社会 一三七
  • 建国と生存の戦い
  • イスラエル建国をめぐって
  • 民族再生の道 一三八
  • 列強の思惑と動き 一四〇
  • 国連総会、パレスチナ分割案を採択 一四二
  • *ディルヤシン事件とエチオンブロック
  • 独立戦争ー第一次中東戦争
  • 独立宣言とアラブ軍の攻撃 一四三
  • 意気盛んなアラブ正規軍 一四四
  • ねばり腰をみせたイスラエル 一四五
  • *パレスチナ難民とユダヤ難民
  • 第一次中東戦争の結果 一四六
  • *アルタレナ号事件
  • イスラエル生存のための戦い
  • シナイ作戦ー第二次中東戦争 一四七
  • 六日戦争ー第三次中東戦争 一四八
  • *安保理決議二四二の骨子
  • *第三次中東戦争の戦力比較
  • *第三次中東戦争の損害
  • 消耗戦争ー第四次中東戦争 一五一
  • 贈罪(しよくざい)の戦いー第五次中東戦争 一五二
  • *第五次中東戦争の戦力比較
  • *第五次中東戦争の損害
  • 平和共存の芽ばえ 一五四
  • ユダヤ人国家イスラエル
  • イスラエルの政治と風土
  • 国のしくみ 一五六
  • 聖書ゆかりの都市 一五八
  • 乾燥地帯のイスラエル 一五九
  • カナンの地とは 一五九
  • *四つの海
  • *イスラエルの標高の最高と最低
  • 聖地・エルサレム
  • 三大宗教の聖地エルサレム 一六二
  • ベツレヘムとヘブロン 一六三
  • シュケム(ナブルス) 一六四
  • ガリラヤ地方 一六四
  • イスラエルの社会と産業
  • モザイク社会 一六五
  • 新聞もさまざまな言語で 一六六
  • *イスラエルの少数民族
  • 世界に類のない三つの共同体 一六七
  • 古くて新しい国 一六八
  • よみがえった「蜜と乳の流れる地」 一六九
  • 砂漠のなかに緑の島 一七〇
  • 世界有数のダイヤ産業 一七一
  • 産業化された死海 一七一
  • ユダヤの頭脳を科学産業へ 一七二
  • 国づくり三つの柱 一七三
  • イスラエルと海外のユダヤ人
  • イスラエルと世界のユダヤ人社会 一七四
  • 二重忠誠の問題 一七五
  • 難民社会から高度福祉国家へ 一七六
  • 陽気な国民性 一七七
  • イスラエルの軍隊
  • 女性にも兵役義務 一七八
  • 有事の戦力 一七九
  • *イスラエル国防軍の戦力
  • 高い軍事技術力 一八〇
  • 教育機関としての軍隊 一八一
  • ユダヤ人とは
  • ユダヤ人とは
  • ヘブライびとの集団 一八二
  • *帰還法
  • *ことわざにみるユダヤ人の自画像
  • ユダヤ人になる法 一八三
  • 二系統あるユダヤ人 一八四
  • アシュケナジ(ドイツ・東欧系ユダヤ人) 一八五
  • アシュケナジの知的活動 一八五
  • アシュケナジの名称の由来 一八六
  • スファルディ(スペイン系ユダヤ人) 一八七
  • *カバラーユダヤ教神秘主義
  • アシュケナジとスファルディの違い 一八八
  • ユダヤ人の分派
  • 旧約聖書のみを信じるカライ派 一八九
  • カライ派の歴史 一九〇
  • モーセ五書のみを聖典とするサマリタン 一九一
  • シバの女王の子孫ファラシャ 一九三
  • ユダヤ人の言語
  • ヘブライ語 一九五
  • イディシュ語 一九六
  • ラディノ語 一九六
  • ユダヤ人の世界組織
  • きわめて多いユダヤ人の団体 一九七
  • *アメリカを中心とする主要ユダヤ人団体
  • 世界ユダヤ人会議WJC 一九八
  • 世界シオニスト機構WZO・ユダヤ機関 一九八
  • ケレン・ハエソッド(UIA) 一九九
  • ユダヤ系慈善事業団体の実力 二〇〇
  • ケレン・カエメット(ユダヤ民族基金JNF) 二〇一
  • *ゴールデン・ブック
  • シオニストの団体ハダサとWIZO 二〇一
  • ORT、そのほか 二〇二
  • ユダヤ人権擁護団体 二〇二
  • *アメリカのユダヤ人権利擁護・救援団体
  • *最古のユダヤ人組織ブイナブリス
  • *アラブの経済ボイコット
  • *ホロコースト否定運動
  • ロビー活動をするAIPAC 二〇三
  • ユダヤ人の経済力と職業
  • ユダヤ人は金持ちか 二〇三
  • ユダヤ人の職業 二〇四
  • ユダヤ人の生活と祭り
  • ユダヤ人の一生
  • 割礼ーユダヤ人としての第一歩 二〇六
  • 名前のつけ方 二〇七
  • 男児解放の儀式 二〇八
  • 幼児から始まるユダヤの教育 二〇八
  • ユダヤの成人式 二〇九
  • ユダヤ人の結婚 二一一
  • ユダヤの血筋 二一二
  • ユダヤの親子関係 二一二
  • 家庭と母親の役割 二一三
  • 離婚話は夫から 二一四
  • 姑(しゅうと)の問題 二一五
  • 老人問題 二一五
  • 死と野辺の送り 二一五
  • ユダヤ人の食べ物 二一七
  • ユダヤの暦
  • 週の概念をつくったユダヤ人 二一八
  • 安息日(ヨム・シャバット) 二一九
  • *神が与えた食べ物ーマナ
  • 安息日の由来 二二〇
  • ユダヤの暦 二二一
  • *ユダヤ暦の一年
  • ユダヤの祭り
  • ユダヤの祭日 二二四
  • 新年 二二五
  • 聴罪(しょくざい)の日(ヨムキプール) 二二七
  • 仮庵(かりいお)祭(スコット) 二二八
  • トーラの歓喜祭(シムハット・トーラ) 二二八
  • 光の祭り(ハヌカ) 二二九
  • 仮装祭(プーリム) 二三〇
  • *樹木と植林
  • 過越(すぎこし)祭(ペサハ) 二三〇
  • *過越祭の悲しい歴史
  • ローマに対する反乱を記念するラグバオメル 二三二
  • 収穫祭(シャブオット) 二三三
  • 第二神殿の破壊を記念するティシャベアブ 二三三
  • 現代のユダヤ世界
  • 現代のユダヤ人社会
  • *世界のユダヤ人口の変化
  • *世界のユダヤ人口の上位一五ヵ国
  • 日本のユダヤ人
  • 明治の初め長崎に移住 二三五
  • *水晶の夜事件(クリスタルナハト)
  • 戦後のユダヤ人社会 二三八
  • 中国のユダヤ人社会
  • 唐代からユダヤ人が居住 二四〇
  • 近代のユダヤ人社会と上海ゲット 二四一
  • アジアのユダヤ人社会
  • 東南アジアとオセアニア 二四二
  • インドのユダヤ人社会 二四二
  • イスラム社会のユダヤ人 二四三
  • 古くからユダヤ人が居住していた国
  • ユダヤ人社会が再建されたスペイン 二四四
  • ポルトガルのユダヤ人 二四六
  • ユダヤ人に厳しいロシア 二四六
  • イスラエルへ移住するロシアのユダヤ人 二四七
  • *ユダヤ人のための自治区ービロビジャン
  • *ソ連首脳を暗殺したとする医師団事件
  • 世界一のユダヤ人社会アメリカ
  • ユダヤ人が最も多いアメリカ 二四八
  • アメリカのユダヤ人社会 二四九
  • アメリカとイスラエル 二五一
  • 冷戦後のイスラエルの重要性 二五一
  • ヨーロッパのユダヤ人社会
  • 減少した東欧のユダヤ人 二五二
  • 西欧のユダヤ人は同化と老齢化 二五四
  • 中東・アフリカのユダヤ人社会
  • イスラエルへ空輸されたイエーメンのユダヤ人 二五五
  • ユダヤ人社会が消滅したイラク 二五六
  • クルドのユダヤ人はイスラエルへ 二五七
  • 幕を閉じるシリアのユダヤ人社会 二五八
  • 増加し減少したレバノンのユダヤ人 二五八
  • 歴史の古い北アフリカのユダヤ人社会 二五九
  • ユダヤ人が一掃された北アフリカ 二六〇
  • 南アフリカのユダヤ人社会 二六一
  • 南米のユダヤ人社会
  • 地位が高い南米のユダヤ人 二六二
  • 減少する南米のユダヤ人 二六三
  • 付録
  • 著名ユダヤ人名辞典 二九一
  • ユダヤ・イスラエル略年表 二六八

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで