サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

植物自然史

戸部博 著

詳細情報

タイトル 植物自然史
著者 戸部博 著
著者標目 戸部, 博, 1948-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 1994.4
大きさ、容量等 188p ; 21cm
ISBN 4254170874
価格 2781円 (税込)
JP番号 94046007
出版年(W3CDTF) 1994
件名(キーワード) 植物学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC RA211
NDC(8版) 471
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 植物自然史
  • 目次
  • 1. 陸上植物の始まり 1
  • 1.1 陸上植物の起源 1
  • a. いつ上陸したか 1
  • b. どこで上陸したか 3
  • c. 祖先は何か 3
  • d. なぜ上陸したのか 9
  • 2. 初期の陸上植物たち 11
  • 2.1 最初の陸上植物はコケだった 11
  • 2.2 「ライニー植物」:維管束植物への道 12
  • 2.3 初期の陸上植物の通道細胞 14
  • 2.4 初期の陸上植物の分類 16
  • 2.5 初期の陸上植物の系統 18
  • 3. コケ植物の世界 19
  • 3.1 分類と特徴 19
  • a. タイ類 22
  • b. ツノゴケ類 22
  • c. セン類 24
  • 3.2 コケ植物の系統 25
  • 3.3 コケ植物の化石 26
  • 4. 維管束植物とは何か 28
  • 4.1 維管束植物の大分類 28
  • 4.2 維管束植物のからだ 29
  • 4.3 根の起源 38
  • 4.4 葉の起源 38
  • 5. 化石で知られる初期の無種子植物 39
  • 5.1 ゾステロフィルム植物門 39
  • 5.2 トリメロフィトン植物門 40
  • 6. 無種子植物 41
  • 6.1 ヒカゲノカズラ植物門 42
  • a. ヒカゲノカズラ目 42
  • b. クラマゴケ目 43
  • c. ミズニラ目 46
  • d. 化石で知られるヒカゲノカズラの仲間 48
  • e. 系統的位置 48
  • 6.2 マツバラン植物門 50
  • 6.3 トクサ植物門 51
  • a. 分類と特徴 51
  • b. 化石で知られるトクサの仲間 55
  • c. トクサ属の起源と進化 56
  • 6.4 シダ植物門 56
  • a. 形態 56
  • b. 分類 58
  • c. リュウビンタイ目(真嚢シダ) 59
  • d. シダ目(薄嚢シダ) 59
  • e. デンジソウ目 59
  • f. サンショウモ目 61
  • g. シダの起源と進化 61
  • 6.5 前裸子植物門 63
  • 7. 種子の始まり 67
  • 7.1 種子とは何か 67
  • a. 種子の定義 67
  • b. 種子が作られる条件 68
  • 7.2 最古の種子 68
  • 7.3 種子はどのようにして作られたか 70
  • 8. 絶滅した裸子植物 71
  • 8.1 シダ種子植物門 71
  • a. 古生代のシダ種子 71
  • b. 中生代のシダ種子 72
  • 8.2 キカデオイデア植物門 76
  • 9. 現在の裸子植物 78
  • 9.1 ソテツ植物門 78
  • a. 分類と特徴 78
  • b. ソテツの化石 85
  • 9.2 イチョウ植物門 85
  • a. 分類と特徴 85
  • b. 化石 91
  • 9.3 針葉樹植物門 92
  • a. 分類と特徴 92
  • b. 化石で知られる針葉樹の仲間 99
  • c. 「まつぼっくり」の起源 101
  • 9.4 グネツム植物門 102
  • a. 分類と特徴 102
  • b. 「重複受精」 107
  • c. 裸子植物の「花」はあるのか 109
  • d. 系統と進化 109
  • 10. 被子植物の始まり 113
  • 10.1 被子植物とは何か 113
  • 10.2 被子植物の起源 120
  • a. いつ現れたか 120
  • b. どこに現れたか 123
  • c. 祖先はどれか 124
  • 10.3 被子植物の現生姉妹群は何か 125
  • 10.4 花はどのように作られたか 126
  • a. 古典的解釈 126
  • b. 新しい解釈 127
  • c. 2枚目の珠皮(外珠皮)はどこからきたか 131
  • 10.5 最初の花はどれか:花の化石 134
  • a. モクレン科の花に似る化石 134
  • b. センリョウ科の花に似る化石 136
  • 10.6 花の進化 137
  • a. 雌しべの進化 140
  • b. 雄しべの進化 141
  • c. 萼片の進化 143
  • d. 最も進化した花 144
  • e. ラカンドニアの花 146
  • 11. 被子植物の多様性 147
  • 11.1 花と送粉 147
  • 11.2 種子と果実の分散 152
  • 11.3 植物成分 154
  • 12. 被子植物の分類と系統 155
  • 12.1 被子植物の分類体系 155
  • 12.2 被子植物の大系統 157
  • a. 原始的被子植物はどれか 157
  • b. 遺伝子系統樹 159
  • 12.3 単子葉植物とは何か 160
  • a. 特徴 160
  • b. 起源 164
  • 13. 種の絶滅と未来 166
  • 13.1 地球全体の生物種の数 166
  • 13.2 熱帯の植物 167
  • 13.3 熱帯林の崩壊:原因と影響 167
  • 13.4 種の絶滅の速さ 169
  • 13.5 新種と採集活動 169
  • おわりに 173
  • 引用文献 175
  • 図版出典一覧 180
  • 索引 185

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで