サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

心理学 : キーワードコレクション

重野純 [ほか]編

詳細情報

タイトル 心理学 : キーワードコレクション
著者 重野純 [ほか]編
著者標目 重野, 純, 1950-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社新曜社
出版年月日等 1994.4
大きさ、容量等 379p ; 21cm
注記 各章末: 参考文献
ISBN 4788504863
価格 3296円 (税込)
JP番号 94045545
出版年(W3CDTF) 1994
件名(キーワード) 心理学
NDLC SB21
NDC(8版) 140
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 心理学キーワードコレクション
  • 目次
  • はじめに i
  • I 心理学の対象 1
  • 1. 個人差 2
  • 2. 精神物理学 4
  • 3. 構成心理学 8
  • 4. 実験現象学 12
  • 5. ゲシュタルト心理学 14
  • 6. 行動主義 16
  • 7. 精神分析学 20
  • 8. 比較行動学 24
  • 9. 実験心理学 26
  • 10. 認知心理学 28
  • 11. 心理検査 30
  • 12. 心理統計 34
  • 13. 応用心理学 40
  • II 環境の認知 43
  • 14. 五感(官) 44
  • 15. 弁別閾 50
  • 16. 順応 52
  • 17. 残効 56
  • 18. マスキング 60
  • 19. ソンとメル 64
  • 20. 視覚説(色覚説) 68
  • 21. 聴覚説 72
  • 22. 対比と同化 76
  • 23. 図と地 78
  • 24. 群化 80
  • 25. 錯視 84
  • 26. 奥行知覚 88
  • 27. 知覚の恒常性 92
  • 28. 仮現運動 96
  • 29. 定位 100
  • 30. 社会的知覚 104
  • 31. 文脈効果 108
  • 32. 特徴検出 112
  • 33. カクテルパーティ効果 116
  • 34. 大脳半球の優位性 118
  • 35. 心理的時間 122
  • III 学習 127
  • 36. 生得的行動と獲得的行動 128
  • 37. 初期学習 132
  • 38. 古典的条件づけ 136
  • 39. 道具的条件づけ 140
  • 40. 試行錯誤 144
  • 41. 般化と弁別 146
  • 42. 強化スケジュール 150
  • 43. 報酬と罰 152
  • 44. 高次条件づけ 156
  • 45. 学習曲線 158
  • 46. 学習の転移 162
  • 47. 行動療法 166
  • IV 記憶 171
  • 48. 記銘と保持 172
  • 49. 忘却 176
  • 50. 健忘症 180
  • 51. 記憶の変容 184
  • 52. 記憶の生理学的メカニズム 188
  • 53. 情報処理理論 192
  • 54. 感覚記憶 194
  • 55. 短期記憶 198
  • 56. 記憶術 202
  • 57. 人工知能 204
  • V 動機づけ 207
  • 58. 欲求と動因 208
  • 59. 生得的動因 210
  • 60. 獲得的動因 216
  • 61. ストレス 218
  • 62. フラストレーション 222
  • 63. 葛藤 226
  • 64. 心理療法 228
  • 65. 防衛機制 232
  • 66. 要求水準 236
  • 67. コンプレックス 240
  • VI 感情 243
  • 68. ジェームズ・ランゲ説 244
  • 69. 情動 246
  • 70. 凝視 252
  • 71. 表情 254
  • 72. GSR 258
  • VII 思考と言語 263
  • 73. 内言と外言 264
  • 74. 問題解決 266
  • 75. 概念形成 270
  • 76. 夢 274
  • 77. 失語症 278
  • 78. 心理言語学 280
  • 79. 分離脳 284
  • 80. 身振り言語 288
  • VIII パーソナリティ 292
  • 81. 類型論 292
  • 82. 特性論 296
  • 83. 力動論 302
  • 84. パーソナリティ検査 306
  • 85. 知能検査 310
  • 86. 性格異常 314
  • 87. 事例研究 316
  • 88. 環境閾値説 320
  • 89. 集中的思考と拡散的思考 324
  • IX 社会と集団 327
  • 90. 態度 328
  • 91. バランス理論 334
  • 92. 認知的不協和理論 336
  • 93. 帰属理論 340
  • 94. 準拠集団 344
  • 95. 同調 346
  • 96. ソシオメトリー 350
  • 97. 集団決定 352
  • 98. 流言 354
  • 99. マス・コミュニケーション 356
  • 100. 印象形成 358
  • 人名索引 361
  • 事項索引 365
  • 執筆者紹介 380

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで