サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

成人看護学 歯・口腔系

三条大助, 丸茂町子 編

詳細情報

タイトル 成人看護学 歯・口腔系
著者 三条大助, 丸茂町子 編
著者標目 三条, 大助, 1934-
著者標目 丸茂, 町子, 1937-
シリーズ名 標準看護学講座 ; 26巻
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社金原出版
出版年月日等 1994.1
大きさ、容量等 186, 4p ; 26cm
注記 執筆: 三条大助ほか
注記 参考文献: p185~186
ISBN 4307701186
価格 1500円 (税込)
JP番号 94023457
第4版
出版年(W3CDTF) 1994
件名(キーワード) 看護学
件名(キーワード) 歯科学
件名(キーワード) 口腔科学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC841
NDLC SC671
NDC(8版) 492.97
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 成人看護学 歯口腔系
  • 目次
  • 第1章 歯,口腔系の看護のために
  • 1. 看護の考え方と目標 2
  • a. 医療と歯科医療 2
  • b. 歯科医療の特性と専門領域 4
  • 1) 歯科医療の特性 4
  • 2) 歯科医療の専門領域 5
  • 2. 健康増進と口腔疾患の予防 7
  • a. 母体の健康 7
  • 1) 胎児の歯に及ぼす影響 7
  • 2) 妊娠と口腔疾患 7
  • 3. 経過および継続看護 9
  • a. 疾患の経過別看護 9
  • 1) 急性期患者の看護 9
  • 2) 回復期患者の看護 9
  • 3) 慢性期患者の看護 9
  • 4) 終末期の看護 10
  • b. 継続看護 10
  • 第2章 症状と看護
  • A 主な症状と病態生理
  • 1) 疹痛 12
  • 2) 腫脹 12
  • 3) 歯の動揺 13
  • 4) 歯および歯肉の着色 13
  • 5) 歯の欠損 14
  • 6) 歯肉出血(口腔出血) 14
  • 7) 咬合異常,歯列異常 14
  • 8) 開口障害 14
  • 9) 咀嚼障害 15
  • 10) 嚥下障害 15
  • 11) 口臭 15
  • 12) 言語障害 15
  • 13) 口腔乾燥 16
  • 14) 味覚異常 16
  • 15) 口腔粘膜の異常 16
  • B 主な症状をもつ患者の看護
  • 1) 疼痛 18
  • 2) 腫脹 18
  • 3) 歯の動揺 19
  • 4) 歯および歯肉の着色 19
  • 5) 歯の欠損 20
  • 6) 歯肉出血(口腔出血) 21
  • 7) 咬合異常,歯列異常 21
  • 8) 開口障害 22
  • 9) 咀嚼障害 22
  • 10) 嚥下障害 23
  • 11) 口臭 24
  • 12) 言語障害 24
  • 13) 口腔乾燥 25
  • 14) 味覚異常 25
  • 15) 口腔粘膜の異常 26
  • 第3章 正常と異常のみかた
  • 1. 診断 28
  • 2. 口腔診査をうける患者の看護 33
  • 1) 特徴 33
  • 2) 看護 34
  • 3) 口腔診査器具 34
  • 第4章 検査と看護
  • A 主な検査
  • 1) X線検査 36
  • 2) 病理組織学的検査 37
  • 3) アレルギー検査 39
  • 4) 細菌学的検査 39
  • 5) 顎機能検査法 39
  • 6) 味覚検査 40
  • 7) その他の検査 40
  • B 主な検査をうける患者の看護
  • 1) X線検査をうける患者の看護 41
  • 2) 病理組織学的検査をうける患者の看護 41
  • 3) アレルギー検査をうける患者の看護 41
  • 4) 細菌学的検査をうける患者の看護 42
  • 5) 顎機能検査をうける患者の看護 42
  • 6) 味覚検査をうける患者の看護 42
  • 第5章 治療と看護
  • A 主な治療
  • 1) 歯および口腔疾患の予防法 44
  • 2) 歯科麻酔法および鎮静法 49
  • 3) 歯を保存する治療法 50
  • 4) 歯の喪失部を補綴する治療法 57
  • 5) 外科的治療法 61
  • 6) 歯科矯正治療法 65
  • 7) その他の治療法 67
  • 8) 歯科治療における偶発症と救急処置 68
  • B 主な治療をうける患者の看護
  • 1) 患者の特徴と看護の要点および看護婦の役割 70
  • 2) 診療室の整備 71
  • 3) 歯および口腔疾患の予防と看護 75
  • 4) 歯科麻酔および鎮静法をうける患者の看護 77
  • 5) 保存的治療をうける患者の看護と治療介助 78
  • 6) 補綴治療をうける患者の看護と治療介助 85
  • 7) 矯正治療をうける患者の看護と治療介助 91
  • 8) 外科的治療をうける患者の看護 91
  • 9) 高齢者歯科における看護 96
  • 10) 救急時の看護 97
  • 第6章 疾患と看護
  • A 主な疾患の理解
  • 1. 歯の疾患 102
  • a. 歯の形成および発育異常 102
  • 1) 萌出時期の異常 102
  • 2) 歯数の異常 102
  • 3) 萌出位置,萌出方向の異常 103
  • 4) 歯の形態の異常 103
  • b. 歯の硬組織疾患 104
  • 1) 咬耗症(attrition) 104
  • 2) 磨耗症(abration) 104
  • 3) 侵蝕症(erosion) 105
  • 4) 爾蝕(dental caries) 105
  • c. 歯髄疾患(pulpitis) 106
  • d. 歯の外傷 107
  • 1) 歯の破折 107
  • 2) 歯の脱臼 107
  • 2. 歯周組織の疾患 108
  • a. 根尖性歯周炎(periapicaI periodontitis) 108
  • 1) 急性根尖性歯周炎 108
  • 2) 慢性根尖性歯周炎 108
  • b. 歯肉炎(gingivitis) 108
  • 1) 単純性歯肉炎 109
  • 2) 急性壊死性潰瘍性歯肉炎 109
  • 3) 歯肉肥大症 110
  • 4) 白血病性歯肉炎 110
  • 5) 重金属による歯肉炎 110
  • c. 辺縁性歯周炎(歯槽膿漏症)(marginaI periodontitis) 110
  • d. 智歯周囲炎(pericoronitis of the wisdomーtooth) 112
  • e. エプーリス(epulis) 112
  • 3. 顎骨の疾患 113
  • a. 顎骨の形成および発育異常 113
  • 1) 裂奇形(唇顎口蓋裂) 113
  • 2) 顎の変形 115
  • b. 顎骨の外傷 116
  • c. 顎骨の炎症 117
  • 1) 急性顎骨骨膜炎(acute periostitis of the jaw) 117
  • 2) 急性顎骨骨髄炎(acute osteomyelitis of the jaw) 117
  • 3) 歯性上顎洞炎(odontogenic maxillary sinuitis) 118
  • d. 顎骨嚢胞 118
  • 1) 歯根嚢胞(radicular cyst) 118
  • 2) 濾胞性歯嚢胞(follicular cyst) 118
  • 3) 裂隙性嚢胞(fissural cyst) 119
  • 4) 鼻口蓋管嚢胞(nasopalatine cyst) 119
  • 5) 術後性上顎嚢胞 119
  • 6) 外傷性骨嚢胞 120
  • e. 顎骨腫瘍 120
  • 1) 良性腫瘍(benign tumor) 120
  • 2) 悪性腫瘍(malignant tumor) 122
  • 4. 顎関節の疾患 124
  • a. 顎関節脱臼(luxation of temporomandibular joint) 124
  • 1) 前方脱臼 124
  • 2) 後方脱臼 124
  • b. 顎関節炎(arthritis of temporomandibular joint) 125
  • 1) 外傷性顎関節炎 125
  • 2) 化膿性顎関節炎 125
  • 3) リウマチ様関節炎 125
  • c. Costen症候群 125
  • d. 顎関節強直症(ankylosis of temporomandibular joint) 126
  • e. 顎関節症 126
  • 5. 口腔軟組織疾患および口腔粘膜疾患 126
  • a. 先天異常 126
  • 1) 顔裂 126
  • 2) 下唇痩 127
  • 3) 小帯異常 127
  • b. 腫瘍 128
  • 1) 良性腫瘍 128
  • 2) 悪性腫瘍 128
  • c. 口腔粘膜疾患 128
  • 1) 口内炎(stomatitis) 128
  • 2) 扁平苔癬(lichen planus) 130
  • 3) 白板症(leukoplakia) 131
  • 4) その他 131
  • 6. 唾液腺疾患 132
  • a. 唾石症(sialoIithiasis) 132
  • b. 唾液腺炎(sialoadenitis) 132
  • 1) 急性唾液腺炎 132
  • 2) 慢性唾液腺炎 132
  • 3) シェーグレン(Sjogren)症候群 132
  • c. 粘液嚢胞(mucocele) 133
  • d. 唾液腺腫瘍(tumor of saIivary gland) 134
  • 1) 良性腫瘍 134
  • 2) 悪性腫瘍 134
  • 7. 神経疾患 134
  • a. 三叉神経痛(trigeminal neuralgia) 134
  • b. 顔面神経蘇痺(facial palsy) 135
  • B 主な疾患をもつ患者の看護
  • a. 歯および歯周組織疾患患者の看護 136
  • 1) 看護の要点 136
  • 2) 患者への援助 136
  • b. 顎骨骨折患者の看護 137
  • 急性期
  • 1) 看護のポイント 137
  • 2) 患者への援助 137
  • 回復期
  • 1) 看護のポイント 138
  • 2) 患者への援助 138
  • c. 顎変形症患者の看護 139
  • 1) 看護の要点 139
  • 2) 患者への援助 139
  • d. 口腔悪性腫瘍患者の看護 139
  • 1) 看護のポイント 140
  • 2) 手術をうける患者の看護 140
  • e. 唇顎口蓋裂患者の看護 144
  • 1) 看護のポイント 144
  • 2) 口唇形成術をうける患児の看護 144
  • 3) 口蓋形成術をうける患児の看護 146
  • 第7章 事例による看護の展開
  • 1. 歯科外来患者の事例による看護の展開 150
  • 1) 疾患の概要 150
  • 2) 事例紹介 150
  • 3) 治療方針 151
  • 4) 看護過程 151
  • 2. 歯科入院患者の事例による看護の展開 156
  • 1) 疾患の概要 156
  • 2) 事例紹介 156
  • 3) 治療方針 159
  • 4) 医師指示および検査データ 160
  • 5) 看護過程 162
  • 付録
  • 1. 小児の歯科 172
  • 1) 小児歯科とは 172
  • 2) 小児歯科診療をうける患者の看護と治療介助 172
  • 2. 口腔の解剖と機能 175
  • 1) 口唇,頬,口蓋,口峡,口腔底 175
  • 2) 舌 175
  • 3) 唾液腺 177
  • 4) 歯と歯周組織 177
  • 5) 上顎骨と下顎骨 182
  • 6) 顎関節 182
  • 演習課題 184
  • 参考文献 185

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで