サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

PID制御

システム制御情報学会 編

詳細情報

タイトル PID制御
著者 システム制御情報学会 編
著者標目 システム制御情報学会
シリーズ名 システム制御情報ライブラリー ; 6
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 1992.7
大きさ、容量等 196p ; 21cm
注記 執筆: 須田信英ほか
注記 参考文献: p175~179
ISBN 4254209665
価格 3502円 (税込)
JP番号 92058951
出版年(W3CDTF) 1992
件名(キーワード) 制御理論
NDLC M131
NDC(8版) 548.3
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • PID制御
  • 目次
  • 1. PID制御の基礎 須田信英 1
  • 1.1 制御系の構成 1
  • 1.2 PID制御の基本形 2
  • 1.3 PID調節器 5
  • 1.4 PID制御の特色 7
  • 2. PID制御の調整 9
  • 2.1 制御特性の評価 9
  • 2.1.1 安定性と定常偏差特性 9
  • 2.1.2 過渡特性 10
  • 2.1.3 フィードバックループ特性 15
  • 2.2 PID制御の調整法 16
  • 2.2.1 閉ループの応答特性に基づく方法 16
  • 2.2.2 制御対象のステップ応答の形に基づく方法 19
  • 2.2.3 制御対象のステップ応答のモーメントに基づく方法 28
  • 2.2.4 閉ループの応答特性と制御対象の特性を併用する方法 桑田竜一 32
  • 3. PID制御の実用化 須田信英 39
  • 3.1 制御系の構成の工夫 39
  • 3.1.1 微分先行型PID制御 39
  • 3.1.2 IーPD制御 須田信英,桑田竜一 40
  • 3.1.3 2自由度PID制御への道 47
  • 3.2 制御則の実装 47
  • 3.2.1 不完全微分 47
  • 3.2.2 位置型と速度型 48
  • 3.2.3 ディジタル制御 49
  • 3.3 パンプレス切換とリセットワインドアップ対策 50
  • 3.3.1 バンプレス切換 50
  • 3.3.2 リセットワインドアップ 51
  • 3.3.3 自動整合PI制御 52
  • 3.4 非線形特性の導入 53
  • 3.4.1 操作量および操作量変化率の制限 53
  • 3.4.2 ギャップ付きPID制御 54
  • 3.4.3 偏差2乗型PID制御 55
  • 3.4.4 可変パラメータPID制御 55
  • 3.5 複合制御 56
  • 3.5.1 フィードフォワード併用PID制御 56
  • 3.5.2. スミス補横型PID制御 62
  • 3.5.3 非干渉化PID制御 62
  • 3.5.4 カスケード制御 65
  • 3.5.5 比率制御 66
  • 3.5.6 選択制御 67
  • 4. 2自由度PID制御系 荒木光彦 69
  • 4.1 2自由度制御系とは 69
  • 4.2 2自由度制御系の等価変換と動作原理 74
  • 4.3 制御系の性能評価と2自由度制御系の一般的調整法 80
  • 4.4 2自由度PID制御の応用 広井和男 88
  • 4.4.1 実用的な2自由度PID制御 88
  • 4.4.2 基本型2自由度PID制御 89
  • 4.4.3 スーパー2自由度PID制御 98
  • 4.4.4 実プロセスへの応用例 104
  • 5. PID制御の自動調整法 藤原良一 107
  • 5.1 自動調整方式の概要 107
  • 5.2 共通例題による自動調整 108
  • 5.2.1 共通例題のねらい 108
  • 5.2.2 自動調整結果の比較 112
  • 6. 自動調整の実用事例 118
  • 6.1 2自由度PIDコントローラの自動調整方法(東芝の例) 118
  • 6.1.1 はじめに 118
  • 6.1.2 自動調整方式 118
  • 6.1.3 自動調整コントローラ 123
  • 6.1.4 適用例 124
  • 6.1.5 おわりに 126
  • 6.2 ファジィ推論によるPID調節計の設計法(日立製作所の例) 127
  • 6.2.1 はじめに 127
  • 6.2.2 設計方式 128
  • 6.2.3 共通例題による検討 132
  • 6.2.4 実プラントへの適用例 133
  • 6.2.5 おわりに 134
  • 6.3 自動調整法のシステムとその応用(富士電機の例) 134
  • 6.3.1 はじめに 134
  • 6.3.2 自動調整法のシステムの機能と構成 135
  • 6.3.3 自動調整法のシミュレーション例 139
  • 6.3.4 実プロセスへの応用例 140
  • 6.3.5 適応制御への応用 141
  • 6.3.6 おわりに 143
  • 6.4 多変数制御系のPID調節計調整法(三菱重工業の例) 144
  • 6.4.1 はじめに 144
  • 6.4.2 調整法 144
  • 6.4.3 システム構成 149
  • 6.4.4 適用例 151
  • 6.4.5 おわりに 153
  • 6.5 インテリジェントセルフチューニング機能の設計法(横河電機の例) 154
  • 6.5.1 はじめに 154
  • 6.5.2 設計方式 155
  • 6.5.3 システム構成 159
  • 6.5.4 共通例題による検討 159
  • 6.5.5 実プラントへの適用 161
  • 6.5.6 おわりに 162
  • 6.6 リミットサイクル法によるPID調節計における自動調整法(山武ハネウエルの例) 162
  • 6.6.1 自動調整へのアプローチ 162
  • 6.6.2 調整アルゴリズム 163
  • 6.6.3 調整の実行 167
  • 6.6.4 システムの構成 170
  • 6.6.5 実プラントへの適用例 170
  • 6.6.6 自動調整法の拡張 172
  • 補足 173
  • 参考文献 175
  • 演習問題解答 180
  • 索引 191

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで