サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

最新CT診断学

永井輝夫 [ほか]編

詳細情報

タイトル 最新CT診断学
著者 永井輝夫 [ほか]編
著者標目 永井, 輝夫, 1916-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 1991.10
大きさ、容量等 690p ; 27cm
注記 各章末: 文献
ISBN 4254321465
価格 36050円 (税込)
JP番号 92007926
出版年(W3CDTF) 1991
件名(キーワード) コンピュータ断層撮影
NDLC SC771
NDC(8版) 492.43
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 最新CT診断学
  • 目次
  • 1. 原理総論 今里悠一 1
  • a. CTスキャナの歴史 1
  • b. CTスキャナの基本機能 4
  • c. CTスキャナの構成と仕様 13
  • d. CT画像の画像処理 17
  • e. CTスキャナの性能評価 17
  • f. 超高速CTスキャナ 19
  • 2. CT検査手技 平敷淳子 24
  • a. CT室の装備 24
  • b. CT検査の依頼と予定 24
  • c. 前処置 27
  • d. スキャン体位,スライス角度,スライス厚と幅 28
  • e. 造影剤の量と投与方法 31
  • f. 画像ディスプレイと記録系 39
  • g. 画像処理,画像再構成 42
  • h. CTガイド下穿刺術 42
  • i. CTを用いた放射線治療計画 42
  • j. アーティファクト 45
  • k. 被曝 47
  • 3. 中枢神経 50
  • 3.1 先天異常 畠山信逸 50
  • a. 検査手技 50
  • b. 読影上の注意 50
  • c. 読影 50
  • d. 考察—各種診断法の比較 91
  • 3.2 脳血管障害,変性・脱髄 土屋一洋 94
  • A. 脳血管障害 94
  • a. 脳梗塞 94
  • b. 脳出血 198
  • c. クモ膜下出血 102
  • d. 脳血管奇形 106
  • B. 変性・脱髄 109
  • a. 変性疾患 109
  • b. 脱髄疾患 115
  • 3.3 脳腫瘍 細矢貴亮 120
  • a. 検査手技 120
  • b. CT所見 124
  • c. 髄外性腫瘍 130
  • d. 大脳半球腫瘍 136
  • e. 脳室腫瘍 141
  • f. 松果体部腫瘍 144
  • g. トルコ鞍部腫瘍 145
  • h. 後頭蓋窩腫瘍 150
  • 3.4 炎症,外傷その他 157
  • A. 炎症 原田潤太,貞岡俊一,多田信平 157
  • a. 髄膜炎 157
  • b. 脳膿瘍 160
  • c. 肉芽腫 160
  • d. 脳炎 162
  • B. 外傷その他 貞岡俊一,原田潤太,多田信平 165
  • a. 検査手技 165
  • b. 各論 165
  • 3.5 脊髄 宮坂和男 174
  • a. 検査手技 174
  • b. 脊椎・脊髄の正常CT解剖 174
  • c. 脊髄CTの読影 178
  • d. 脊髄CTの適応と限界 197
  • 3.6 加齢障害 山田英夫 200
  • a. 加齢に伴う変化 200
  • b. 高齢者の脳血管障害・脳梗塞 201
  • c. 高齢者の脳出血 201
  • d. 痴呆 204
  • e. 白質病変 208
  • 4. 頭頸部 211
  • 4.1 顔面および頭蓋底 馬場祐之,高橋睦正 211
  • A. 眼窩 211
  • a. 検査手技 211
  • b. 正常解剖 211
  • c. 先天異常 214
  • d. 炎症性疾患 214
  • e. 眼窩内腫瘍 215
  • f. 血管性病変 218
  • g. 眼窩外傷 219
  • h. 甲状腺眼症,内分泌性眼症 220
  • i. 重要なCT所見 220
  • B. 側頭骨および聴器 221
  • a. 検査手技 221
  • b. 先天異常 224
  • c. 腫瘍性疾患 225
  • d. 炎症性疾患 226
  • e. 骨折 228
  • C. 鼻,副鼻腔 228
  • a. 検査手技 228
  • b. 正常解剖 228
  • c. 先天異常 230
  • d. 副鼻腔腫瘍 230
  • e. 副鼻腔炎 232
  • f. 顔面骨骨折 232
  • g. 重要なCT所見 232
  • 4.2 頸部 栗山啓子 234
  • A. 上咽頭 234
  • a. 検査手技 234
  • b. 読影 234
  • c. 適応と限界 237
  • d. 考察 237
  • B. 中咽頭,口腔 238
  • a. 検査手技 238
  • b. 読影 238
  • c. 適応と限界 242
  • d. 考察 243
  • C. 傍咽頭腔(咽頭周囲腔) 243
  • a. 検査手技 243
  • b. 読影 243
  • c. 適応と限界 246
  • d. 考察 247
  • D. 唾液腺 247
  • a. 検査手技 247
  • b. 読影 247
  • c. 適応と限界 250
  • d. 考察 250
  • E. 喉頭,下咽頭 251
  • a. 検査手技 251
  • b. 読影 251
  • c. 適応と限界 257
  • d. 考察 257
  • F. 甲状腺,副甲状腺,リンパ節ほか 258
  • a. 検査手技 258
  • b. 読影 258
  • c. 適応と限界 264
  • d. 考察 264
  • G. 頸椎 265
  • a. 検査手技 265
  • d. 読影 265
  • c. 適応と限界 267
  • d. 考察 267
  • 5. 胸部 269
  • 5.1 肺 松本満臣 269
  • a. 肺区域のCT解剖 269
  • b. 肺癌 273
  • c. 肺実質病変 293
  • 5.2 縦隔 平田勇三,河野通雄 308
  • a. 検査手技 308
  • b. 読影 309
  • c. 適応と限界 337
  • 5.3 胸膜,胸壁 松本満臣 340
  • a. 肺,胸膜,胸壁病変の鑑別診断 340
  • b. 胸膜病変 340
  • 5.4 胸部大動脈 毛利誠,平松京一 348
  • a. 検査手技 348
  • b. 読影 348
  • c. 適応と限界 354
  • d. 考察 355
  • 5.5 心臓 関谷透 356
  • a. 装置および検査手技 356
  • b. 読影 357
  • 6. 腹部 366
  • 6.1 消化管 朝日良一,平敷淳子 366
  • a. 検査手技 366
  • b. 正常CT像 367
  • c. 食道病変のCT 367
  • d. 胃 373
  • e. 十二指腸 377
  • f. 小腸 379
  • g. 結腸,直腸 380
  • h. その他 385
  • 6.2 腹膜,腹腔,腹壁 鈴木啓史 387
  • a. 検査手技 387
  • b. 正常解剖 387
  • c. 疾患各論 390
  • d. 他の画像診断の適応と限界 396
  • 6.3 肝腫瘍 草野正一 398
  • a. 検査手技 398
  • b. 読影 398
  • c. 適応と限界 416
  • d. 考察 421
  • 6.4 肝その他 淀野啓,竹川鉦一 423
  • a. 検査手技 423
  • b. 読影 424
  • 6.5 胆嚢,胆道 木戸長一郎,佐々木文雄 436
  • a. 検査手技 436
  • b. 読影 436
  • c. 考察 452
  • 6.6 膵臓 南学,板井悠二 455
  • a. 検査手技 455
  • b. 読影 457
  • c. 適応と限界 480
  • d. 考察と今後の展望 482
  • 6.7 脾臓 栗原美貴子 484
  • a. 検査手技 484
  • b. 読影 484
  • 6.8 腎臓 河野敦 494
  • a. 検査手技 494
  • b. 正常解剖 494
  • c. 異常 494
  • d. 適応と限界 511
  • 6.9 副腎 河野敦 513
  • a. 検査手技 513
  • b. 正常解剖 513
  • c. 異常 513
  • d. 適応と限界 519
  • 6.10 後腹膜 宗近宏次 521
  • a. 検査手技 521
  • b. 正常解剖 521
  • c. 異常 524
  • 7. 骨盤部 539
  • 7.1 膀胱 梅山知一,篠崎忠利 539
  • a. 検査手技 539
  • b. 膀胱腫瘍 540
  • c. 尿膜管腫瘍 545
  • d. 膀胱血管腫 546
  • e. 腫瘍以外の膀胱病変 547
  • f. 近接する臓器の病変の膀胱への影響 547
  • 7.2 前立腺 前原康延 550
  • a. 検査手技 550
  • b. 読影 550
  • c. 考察 559
  • 7.3 子宮,傍結合組織 上者郁夫,平木祥夫 560
  • a. 検査手技 560
  • b. 正常CT像 560
  • c. 病的CT像 561
  • 7.4 卵巣 作山嫡子 576
  • a. 検査手技 576
  • b. 卵巣の正常解剖 576
  • c. 卵巣の疾患 576
  • d. 卵管の疾患 594
  • e. 骨盤膿瘍 595
  • 8. 骨軟部 597
  • 8.1 骨軟部腫瘍 住幸治,片山仁 597
  • a. 検査手技 597
  • b. 読影—対象とする疾患 597
  • c. 適応と限界 615
  • 8.2 骨軟部炎症 田中修,大沢忠 617
  • a. 検査手技 617
  • b. 読影 618
  • c. 対象とする疾患 620
  • d. 適応と限界 628
  • 8.3 関節 須田善雄 631
  • a. 膝関節 631
  • b. 撮影法と外傷 633
  • c. 関節症,関節炎 635
  • d. 骨壊死および骨軟骨症 635
  • e. 股関節 638
  • f. 肩関節その他 639
  • 9. 小児疾患 藤岡睦久 643
  • a. 小児に特有な検査手技 643
  • b. 読影 644
  • c. 適応と限界 671
  • 索引 675

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで