サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

味覚の生理学

佐藤昌康 著

詳細情報

タイトル 味覚の生理学
著者 佐藤昌康 著
著者標目 佐藤, 昌康, 1919-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 1991.4
大きさ、容量等 204p ; 22cm
注記 各章末: 参考文献
ISBN 4254310706
価格 3914円 (税込)
JP番号 91036777
出版年(W3CDTF) 1991
件名(キーワード) 味覚
NDLC RA421
NDC(8版) 481.37
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 味覚の生理学
  • 目次
  • 1 味の知覚 1
  • 1.1. 味の質 1
  • 1.2. 味覚いき値 2
  • 1.3. 弁別(識別)いき値 3
  • 1.4. 味の強さ 4
  • 1.5. 刺激面積の効果 6
  • 1.6. 刺激時間の効果 7
  • 1.7. 味覚感受性の部位差 8
  • 1.8. 単一茸状乳頭の味質感受性 9
  • 1.9. 側方干渉 12
  • 1.10. 順応 13
  • 1.11. 物質の混合による効果 16
  • 1.12. 味覚いき値,味の強さの温度による変化 18
  • 1.13. 味覚いき値の個体差,PTC味盲 20
  • 2 甘味を抑制する物質,味を変える物質 23
  • 2.1. 甘味を抑制する物質 23
  • 2.2. 酸っぱいものを甘くする物質 24
  • 3 味の好き嫌い 28
  • 3.1. 味の性質と好き嫌い 28
  • 3.2. 味の嗜好の個人差 29
  • 3.3. 味の嗜好に及ぼす身体状態の影響 30
  • 3.4. 味の嗜好の生得性 32
  • 3.5. 塩味の嗜好とその発達 34
  • 3.6. 味の嗜好の形成 36
  • 3.7. 条件づけ食物嫌悪 38
  • 4 老化と味覚 40
  • 4.1. 老化に伴う味覚感受性の変化 40
  • 4.2. 老化に伴う嗜好の変化 45
  • 5 味覚の受容器 48
  • 5.1. 味蕾の分布と数 48
  • 5.2. 加齢による味蕾の分布・数の変化 53
  • 5.3. 味蕾の微細構造 55
  • 5.4. 味蕾の神経支配 58
  • 6 動物における味溶液の摂取・拒否行動 62
  • 6.1. 摂取・拒否行動の動物種属差 62
  • 6.2. 摂取・拒否行動における味覚の役割 64
  • 6.3. 摂取後因子 66
  • 6.4. Na欠乏と食塩欲求 68
  • 6.5. 特異的甘味欲求 69
  • 6.6. 味溶液摂取行動に及ぼす味神経切断の影響 70
  • 7 味覚反応性テストと条件づけ味覚嫌悪行動 73
  • 7.1. 味覚反応件テスト 73
  • 7.2. 条件づけ味覚嫌悪行動 75
  • 8 動物におけるアミノ酸嗜好と重金属塩忌避 80
  • 8.1. マウスのアミノ酸嗜好 80
  • 8.2. 味覚のマウス系統差 85
  • 8.3. 重金属塩の忌避 87
  • 9 味神経の電気的応答 90
  • 9.1. 味刺激に対する鼓索,舌咽神経の応答 90
  • 9.2. 味神経応答の動物種属差 94
  • 9.3. 温度の影響 97
  • 9.4. 水応答と順応 99
  • 9.5. 2種の味物質の混合による効果 101
  • 9.6. 発達,成長,老化に伴う味神経応答の変化 102
  • 10 味神経応答を抑制する物質の効果 108
  • 10.1. ギムネマ酸,ジジフィンの効果—甘味応答の抑制 108
  • 10.2. アミロライドの効果—食塩応答の抑制 110
  • 10.3. 重金属塩による味神経応答の抑制効果 112
  • 10.4. 局所麻酔薬の効果 115
  • 11 味神経線維の情報と味の質の識別 118
  • 11.1. 味神経線維の多様な応答性 118
  • 11.2. 味神経線維における味感受性の分布 122
  • 11.3. 味の質の情報 123
  • 11.4. 鼓索神経線維の分類 126
  • 11.5. 舌咽神経線維 128
  • 11.6. 味神経線維の応答の幅広さ 131
  • 11.7. イオン刺激に応答する鼓索神経線維 132
  • 11.8. 味神経線維の温度応答性,味応答の温度依存性 134
  • 12 うま味の神経情報 137
  • 12.1. うま味物質の混合による相乗効果 137
  • 12.2. うま味の神経情報 139
  • 13 味刺激の受容 149
  • 13.1. 化学刺激に対する味細胞の応答(受容器電位) 150
  • 13.2. 味細胞の電気的性質 154
  • 13.3. 受容器電位発生の機序 156
  • 13.4. 甘味受容蛋白質 166
  • 14 脳における味覚情報処理 170
  • 14.1. 味覚の伝導路 170
  • 14.2. 味覚中継核ニューロンにおける味覚情報処理 171
  • 14.3. 大脳皮質における味の識別 175
  • 14.4. 霊長類の味覚系における情報処理 180
  • 15 疾病と味覚異常 186
  • 15.1. 味覚異常の原因 186
  • 15.2. 全身疾患と塩味感受性 188
  • 15.3. 糖尿病と味覚 191
  • 15.4. 体内微量金属と味覚 192
  • 15.5. 肥満と甘味 193
  • あとがき 197
  • 索引 201

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで