サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

現代の眼科学

田中直彦, 所敬 編

詳細情報

タイトル 現代の眼科学
著者 田中直彦, 所敬 編
著者標目 田中, 直彦, 1928-1988
著者標目 所, 敬, 1932-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社金原出版
出版年月日等 1990.9
大きさ、容量等 388, 12p ; 27cm
ISBN 4307350545
価格 7500円 (税込)
JP番号 91022257
改訂第4版
出版年(W3CDTF) 1990
件名(キーワード) 眼科学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC631
NDC(8版) 496
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 現代の眼科学
  • 目次
  • Section 1
  • 解剖・発生 1
  • 1. 視覚器の構成 3
  • 2. 眼球 4
  • a. 角膜 5
  • b. 強膜 5
  • c. ぶどう膜 5
  • d. 網膜 9
  • e. 水晶体 11
  • f. 毛様(体)小帯 11
  • g. 硝子体 11
  • h. 眼房・隅角 11
  • 3. 視(覚)路 12
  • a. 構成するニューロンと区分 12
  • b. 視神経 13
  • 4. 眼球付属器 15
  • a. 眼瞼 15
  • b. 結膜 16
  • c. 涙器 17
  • d. 外眼筋 18
  • e. 眼窩 19
  • 5. 眼の神経系 21
  • a. 動眼神経(III) 21
  • b. 滑車神経(IV) 21
  • c. 三叉神経(V) 21
  • d. 外転神経(VI) 21
  • e. 顔面神経(VI) 23
  • f. 交感神経 23
  • g. 毛様体神経節 23
  • 6. 眼の血管系 24
  • a. 眼動脈 24
  • b. 網膜中心動脈 24
  • c. 毛様体動脈 24
  • d. 渦静脈,眼静脈 26
  • e. 網膜中心静脈 26
  • 7. 眼の器官発生 26
  • a. 第1次眼胞形成とその異常 26
  • b. 第2次眼胞(眼杯)形成とその異常 27
  • c. 水晶体小胞形成とその異常 27
  • d. 眼杯裂の閉塞とその異常 30
  • e. 硝子体の形成とその異常 30
  • Section 2
  • 視機能 31
  • 1. 視力 33
  • a. 種類 33
  • b. 測定法 36
  • 2. 視野 38
  • a. 計測法 38
  • b. 視野障害 43
  • 3. 色覚 45
  • a. 色覚異常 46
  • b. 検査法 47
  • 4. 光覚 49
  • 5. 眼の屈折 51
  • a. 眼の屈折系 51
  • b. 屈折異常 51
  • c. 屈折検査法 57
  • d. 屈折異常の矯正 59
  • 6. 調節 61
  • a. 検査法 62
  • b. 調節異常 63
  • 7. 輻湊(内よせ)および開散(外よせ) 64
  • a. 調節と輻湊の関係 65
  • b. 輻湊障害 66
  • c. 開散麻痺 66
  • 8. 眼精疲労 66
  • 9. 瞳孔 67
  • a. 瞳孔反射の種類と反射路 67
  • b. 瞳孔検査法 68
  • c. 瞳孔の異常 69
  • d. 散瞳薬と縮瞳薬 70
  • 10. 眼の診察の順序 72
  • Section 3
  • 眼瞼疾患 77
  • 1. 眼瞼の構造 79
  • a. 眼瞼皮膚 79
  • b. 眼瞼筋層 79
  • c. 瞼板 79
  • d. 眼瞼の知覚神経 80
  • e. 領域リンパ網 80
  • f. 眼瞼の血管 80
  • 2. 形態の異常 81
  • a. 睫毛内反 81
  • b. 眼瞼内反 81
  • c. 眼瞼外反 81
  • d. 兎眼(症) 81
  • e. 瞼球癒着 82
  • f. 眼瞼縮小 82
  • g. 眼瞼痙撃 82
  • h. その他の先天形態異常 82
  • 3. 眼瞼下垂 83
  • a. 先天眼瞼下垂 83
  • b. 麻痺性眼瞼下垂 83
  • c. 筋無力症 84
  • d. Horner症候群 84
  • e. Marcus Gunn現象 84
  • 4. 眼瞼の炎症 84
  • a. 麦粒腫 84
  • b. 霰粒腫 85
  • c. 眼瞼縁炎 86
  • d. 眼角眼瞼炎 86
  • e. 眼瞼膿瘍 86
  • f. ウイルス感染 86
  • 5. 眼瞼の腫瘍 88
  • a. 良性腫瘍 88
  • b. 悪性腫瘍 89
  • c. 眼瞼腫瘍の治療 90
  • Section 4
  • 涙器疾患 91
  • 1. 涙器の構造と生理 93
  • 2. 涙器疾患の検査法 94
  • a. 涙液分泌量の測定 94
  • b. 涙道の検査 94
  • 3. 涙道疾患 95
  • a. 慢性涙嚢炎 95
  • b. 急性涙嚢炎 96
  • c. 乳児涙嚢炎 96
  • d. 鼻涙管閉塞 96
  • 4. 涙腺疾患 96
  • a. 涙腺炎 96
  • b. 涙腺腫瘍 97
  • Section 5
  • 結膜疾患 99
  • 1. 結膜の構造 101
  • 2. 結膜の病像 101
  • 3. 結膜炎(非感染性) 104
  • a. フリクテン性結膜炎 104
  • b. 春季カタル 104
  • c. アレルギー性結膜炎 106
  • d. 乾性角結膜炎 106
  • e. StevensーJohnson症候群 106
  • f. 急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群(川崎病) 106
  • g. 類大庖瘡 107
  • h. (眼)瞼裂斑 107
  • i. 翼状片 107
  • j. 結膜乾燥症 107
  • k. 結膜腫瘍 108
  • l. 巨大乳頭結膜炎 108
  • 4. ウイルス感染症 108
  • a. 流行性角結膜炎 108
  • b. 咽頭結膜熱 110
  • c. 急性出血性結膜炎 111
  • d. その他のウイルス性結膜炎 111
  • 5. 細菌感染症 112
  • a. カタル性結膜炎 114
  • b. 淋菌性結膜炎 114
  • c. その他の細菌性結膜炎 114
  • 6. トラコーマ・封入体性結膜炎 114
  • Section 6
  • 角膜・強膜疾患 117
  • 1. 角膜 119
  • a. 角膜の構造・生理 119
  • b. 角膜の検査法 121
  • c. 角膜の病態 122
  • d. 角膜感染症 124
  • e. その他の角膜疾患 130
  • f. 角膜移植術 136
  • 2. 強膜 137
  • a. 構造 137
  • b. 強膜疾患 139
  • Section 7
  • ぶどう膜疾患 141
  • 1. ぶどう膜の構造と機能 143
  • a. 虹彩 143
  • b. 毛様体 144
  • c. 脈絡膜 145
  • 2. 先天異常 146
  • a. ぶどう膜欠損(症) 146
  • b. 先天無虹彩(症) 147
  • c. 白子症 147
  • d. 瞳孔膜遺残 148
  • 3. ぶどう膜炎 148
  • a. ぶどう膜炎総論 148
  • b. ベーチェット病 155
  • c. トキソプラズマ症 159
  • d. 原田病 160
  • e. 交感性眼炎 163
  • f. サルコイドーシス 163
  • g. 結核性ぶどう膜炎 166
  • h. 梅毒性ぶどう膜炎 166
  • i. ウイルス性ぶどう膜炎 166
  • j. 真菌性眼内炎 167
  • k. 周辺性ぶどう膜炎 168
  • l. 線虫性眼内炎 168
  • m. 水晶体原性ぶどう膜炎 169
  • n. 急性後部多発性小板状(網膜)色素上皮症 169
  • o. 眼内炎・全眼球炎 169
  • 4. 腫瘍 170
  • a. 悪性黒色腫 170
  • b. 転移癌 170
  • c. 脈絡膜血管腫 172
  • 5. その他 172
  • a. コロイデレミア(全脈絡膜萎縮(症)) 172
  • b. 脳回転状脈絡網膜萎縮(症) 173
  • c. 脈絡膜剥離 173
  • Section 8
  • 網膜・硝子体疾息 175
  • 1. 網膜・硝子体の解剖・生理 177
  • 2. 検査法 177
  • a. 眼底検査法 177
  • b. 視野検査 183
  • c. 電気生理学的検査 183
  • d. 眼底血圧測定法 186
  • e. 超音波による検査 186
  • f. その他の検査 186
  • 3. 眼底疾患の光疑固 188
  • 4. 正常眼底像 188
  • 5. 眼底にみられる病像 190
  • a. 網膜出血 190
  • b. 網膜白斑 191
  • c. 網膜浮腫(混濁) 192
  • d. 網膜血管の変化 192
  • e. 網膜萎縮・変性 195
  • 6. 主な眼底疾患 196
  • a. 高血圧および動脈硬化による眼底変化 196
  • b. 網膜血管閉塞および血管病による病変 198
  • c. 糖尿病(性)網膜症 203
  • d. 黄斑部疾患 206
  • e. 網膜剥離 209
  • f. 網膜変性疾患 212
  • g. 腫瘍および網膜・硝子体病変 217
  • h. その他 225
  • i. 硝子体手術 225
  • Section 9
  • 水晶体疾息 227
  • 1. 水晶体の構造と生理 229
  • 2. 水晶体の検査法 229
  • 3. 白内障 231
  • a. 老人性白内障 231
  • b. 先天白内障 231
  • c. 外傷性白内障 232
  • d. 併発白内障 233
  • e. 糖尿病(性)白内障 233
  • f. ステロイド白内障 233
  • g. 放射線白内障 233
  • h. 赤外線白内障(硝子工白内障) 234
  • i. 全身疾患にともなう白内障 234
  • 4. 手術療法 234
  • a. 手術の種類 234
  • b. 手術方法 236
  • c. 無水晶体(眼)の屈折矯正 238
  • d. 眼内レンズ挿入術 239
  • 5. 水晶体偏位 239
  • Section 10
  • 緑内障 241
  • 1. 眼圧とその生理 243
  • a. 眼圧 243
  • b, 正常眼圧と異常眼圧 243
  • c. 眼圧関連因子 244
  • d. 房水 244
  • 2. 隅角の解剖 246
  • 3. 検査法 246
  • a. 眼圧検査 246
  • b. トノグラフィー:トノグラフィーの原理と方法 249
  • c. 隅角検査 250
  • d. 視野検査 252
  • 4. 眼底所見 254
  • a. 緑内障性乳頭陥凹 254
  • b. 神経線維束の欠損 255
  • 5. 分類 256
  • a. 原発開放隅角緑内障 256
  • b. 原発閉塞隅角緑内障 259
  • c. 乳児緑内障 261
  • d. 続発緑内障 262
  • 6. 予後 263
  • Section 11
  • 視神経・視覚路疾患 265
  • 1. 視覚路の解剖 267
  • a. 視神経 267
  • b. 視交叉,視索および上位視覚路 267
  • 2. 検査法 271
  • 3. 視神経疾患 271
  • a. うっ血乳頭 271
  • b. 視神経炎 273
  • c. 特殊な視神経炎 277
  • d. 視神経萎縮 277
  • e. その他の視神経疾患 279
  • 4. 視路の病変 281
  • a. 視交叉の疾患 281
  • b. 視索,外側膝状体および上位視覚路の病変 286
  • 5. 視神経の先天異常 287
  • a. 先天視神経欠損症,視神経低形成症 287
  • b. 網膜有髄神経線維 288
  • c. 朝顔症候群 288
  • d. コーヌス 288
  • e. 乳頭小窩 288
  • Section 12
  • 外眼筋疾患 289
  • 1. 外眼筋の機能と病態(眼球運動の生理と病態) 291
  • a. 外眼筋の作用 291
  • b. 眼筋麻痺・眼球運動障害 297
  • c. 眼振 306
  • d. 重症筋無力症 309
  • 2. 両眼視機能の生理と病態 310
  • a. 正常両眼視機能 310
  • b. 両眼視機能の異常 312
  • 3. 弱視 320
  • Section 13
  • 眼窩疾患 323
  • 1. 眼窩の構造 325
  • 2. 症候と病態 327
  • a. 眼球突出 327
  • b. 眼球陥没(陥入) 327
  • c. 眼窩疾患に茄けるその他の眼症状 327
  • 3. 検査法 328
  • a. 眼球突出度測定 328
  • b. X線検査 328
  • c. CTスキャン 328
  • d. 磁気共鳴診断装置 328
  • e. 超音波検査 330
  • f. その他の検査法 332
  • 4. 眼窩の炎症 332
  • a. 眼窩蜂巣炎 332
  • b. 海綿静脈洞血栓症 333
  • c. その他の炎症 333
  • 5. 上眼窩裂症候群 333
  • 6. 血管異常 334
  • a. 拍動性眼球突出 334
  • b. 間歇性眼球突出 334
  • 7. 眼窩腫瘍 334
  • 8. 内分泌性眼球突出 336
  • a. 甲状腺中毒性眼球突出 337
  • b. 向甲状腺眼球突出 337
  • c. 脳下垂体疾患による眼球突出 337
  • Section 14
  • 全身病と眼 339
  • 1. 高血圧,動脈硬化 341
  • a. 高血圧性変化 341
  • b. 動脈硬化性変化 341
  • 2. 糖尿病 342
  • a. 糖尿病(性)網膜症 342
  • b. 糖尿病(性)白内障 342
  • c. その他 342
  • 3. 先天代謝異常 343
  • a. 白子症 343
  • b. ホモシスチン尿症 343
  • c. ウィルソン病(肝レンズ核変性) 343
  • d. リピドーシス,脂質蓄積症 344
  • e. ムコ多糖沈着症 345
  • f. 痛風 345
  • 4. 血液疾患 346
  • a. 白血病(性)網膜症 346
  • b. 貧血(性)網膜症 346
  • 5. 内分泌疾患 346
  • a. 甲状腺中毒性眼症 346
  • b. 向甲状腺性眼症 347
  • c. 脳下垂体疾患による眼球突出 347
  • d. 副甲状腺機能低下症による眼症状 347
  • 6. ビタミン欠乏症 347
  • a. ビタミンA欠乏症 347
  • b. ビタミンB1欠乏症 347
  • 7. 皮膚粘膜眼症候群 347
  • a. ベーチェット病 347
  • b. スチーブンス・ジョンソン症候群 348
  • c. ライター症候群 348
  • 8. 視(覚)路の障害と部位診断 348
  • a. 視神経 349
  • b. 視交叉 349
  • c. 視索,外側膝状体,視放線,皮質中枢 350
  • 9. 膠原病と近縁疾患 351
  • a. シェーグレン症候群 351
  • b. 全身性エリテマトーデス 351
  • c. サルコイドーシス 351
  • d. ウェジェナー肉芽腫症 352
  • e. 大動脈炎症候群(高安病),脈なし病 352
  • f. 結節性動脈周囲炎 352
  • g. 側頭動脈炎 352
  • h. 慢性関節リウマチ 352
  • 10. 母斑症 352
  • a. レックリングハウゼン病 352
  • b. ヒッペル・リンドウ病 353
  • c. スタージ・ウェーバー症候群 353
  • 11. 感染症 353
  • a. 先天風疹症候群 353
  • b. 先天サイトメガロウイルス感染症 353
  • c. トキソプラズマ症 353
  • d. その他の感染症 354
  • 12. 医原性疾患・中毒 354
  • 13. 染色体異常 355
  • a. ダウン症候群(21トリソミー,または蒙古症) 355
  • b. トリソミーD1(Patau症候群) 355
  • 14. 未熟児網膜症 355
  • 15. その他 355
  • a. ローレンス・ムーン・ビードル症候群 355
  • b. 筋緊張性ジストロフィ 355
  • c. マルファン症候群 355
  • d. 骨形成不全(van der Hoeve症候群) 356
  • e. クルーゾン病 356
  • f. 皮膚病変 356
  • Section 15
  • 外傷 357
  • 1. 鈍体外傷 359
  • a. 前房出血 359
  • b. 隅角離開 360
  • c. 水晶体脱臼 360
  • d. 網膜振盪(症) 360
  • e. 網膜硝子体出血 360
  • f. 網膜剥離 360
  • g. 黄斑(円)孔 360
  • h. 脈絡膜破裂 360
  • i. 視神経管骨折 361
  • j. 眼窩骨折 362
  • k. 眼窩骨壁吹きぬけ骨折 363
  • 2. 刺創,裂傷,切創 363
  • a. 穿孔性眼外傷 363
  • b. 眼瞼裂傷 365
  • 3. 異物 366
  • 4. 化学的損傷 368
  • 5. 物理的損傷 369
  • 6. 外傷の救急処置 370
  • Section 16
  • 小児眼科・その他 371
  • 1. 小児眼科 373
  • a. 小児の眼の特性 373
  • b. 弱視 373
  • c. 斜視 374
  • d. 主な眼の先天異常 374
  • e. 主な小児眼疾患 376
  • 2. リハビリテーション 376
  • 3. 眼科緊急処置 378
  • 4. 遺伝性眼疾患 380
  • 5. 常用薬品(剤) 381
  • a. 麻酔薬(局所) 381
  • b. 散瞳薬・調節麻痺薬 381
  • c. 緑内障治療薬 382
  • d. 副腎皮質ホルモン 382
  • e. 粘稠製剤 383
  • f. 診断用色素製剤 383
  • g. 化学療法薬 384
  • h. その他 385
  • 6. 症候群 386

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで