サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

肝炎・肝硬変・肝癌

織田敏次 [ほか]編

詳細情報

タイトル 肝炎・肝硬変・肝癌
著者 織田敏次 [ほか]編
著者標目 織田, 敏次, 1922-2012
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社金原出版
出版年月日等 1990.2
大きさ、容量等 518, 11p ; 28cm
注記 各章末: 文献
ISBN 4307100670
価格 32000円 (税込)
JP番号 91001722
出版年(W3CDTF) 1990
件名(キーワード) 肝臓病
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC344
NDC(8版) 493.47
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 肝炎・肝硬変・肝癌
  • 目次
  • 巻頭言 織田敏次 1
  • I. 肝炎 7
  • 1. 肝炎ウイルスの本態 8
  • A) A型肝炎ウイルス 森次保雄 8
  • B) B型肝炎ウイルス 岡本宏明,真弓忠 14
  • C) 非A非B型肝炎ウイルス 清水洋子,志方俊夫 45
  • 2. ウイルス性肝炎の病理 志方俊夫 50
  • 3. 肝炎ウイルスマーカー 飯野四郎 58
  • 4. 肝炎の臨床 70
  • A) 劇症肝炎と亜急性肝炎 佐々木博 70
  • B) A型肝炎 谷川久一 84
  • C) B型肝炎 市田文弘,吉川明 90
  • D) 非A非B型肝炎 清沢研道,宜保行雄,古田精市 99
  • E) 抗ウイルス薬治療 滝野辰郎,阿部芳道,奥野忠雄 111
  • F) ウイルス肝炎の予防 矢野右人 127
  • 5. 肝炎の免疫学的機序 溝口靖紘,山本祐夫 135
  • II. 肝硬変 149
  • 1. 肝硬変の成因 堺隆弘 150
  • 2. 肝硬変の病態生理 平山千里,渡部和彦 160
  • 3. 肝硬変の病理 太田五六,野々村昭孝 171
  • 4. 肝硬変症の症候,診断 亀田治男 180
  • 5. 食道静脈瘤とその治療 二川俊二 188
  • 6. 肝不全とその治療 岡博,藤原研司,持田智 196
  • 7. 肝硬変の予後 戸田剛太郎,池田有成,丸山稔之,岡博 205
  • III. 肝癌 213
  • 1. 肝癌の疫学 奥田邦雄 214
  • 2. 肝細胞癌の病理 杉原茂孝,中島敏郎 227
  • 3. 肝炎ウイルスと発癌 小池克郎 239
  • 4. ヒトの化学発癌 258
  • A) 塩化ビニール 稲垣孝雄 258
  • B) トロトラスト 262
  • C) アフラトキシン 粟飯原景昭 266
  • 5. アルコールと肝癌 高田昭,根井仁一,堤幹宏 274
  • 6. 腫瘍マーカー 沢武紀雄,服部信 282
  • A) 肝癌の腫瘍マーカー 282
  • B) グルタチオンSートランスフェラーゼ(GST) 佐藤清美 295
  • 7. 肝癌の高危険群の設定とそのスクリーニング法 小林健一,服部信 301
  • 8. 肝癌の臨床症候 林茂樹 306
  • 9. 肝癌の診断—超音波,CT,核医学,MRI— 縄野繁,有水昇 315
  • A) 超音波診断 315
  • B) X線CT 321
  • C) 核医学 329
  • D) MRI 333
  • E) 血管造影法 川井三郎,谷昌尚 343
  • F) 腹腔鏡および肝生検 島田宜浩,渡辺誠 357
  • G) 集団検診 福田守道,平田健一郎,美馬聡昭 371
  • 10. 特に小肝細胞癌を対象とした肝癌鑑別診断の手順 大藤正雄,江原正明,杉浦信之,渡辺義郎,磯村伸治 378
  • 11. 転移性肝癌 岡崎伸生 379
  • 12. 肝癌の治療 384
  • A) 肝癌の外科療法—特に内科医にわかりやすい手術適応について— 幕内雅敏,高山忠利,山崎晋,長谷川博 384
  • B) 肝細胞癌の経カテーテル療法 田村正三,松浦啓一 398
  • C) 肝癌の化学療法 三浦健 409
  • D) 温熱療法 柄川順,築山厳,秋根康之,梶浦雄一 426
  • E) 肺癌の放射線治療 御厨修一,幡野和男,牧野正興 431
  • F) モノクローナル抗体を用いたミサイル療法 小路敏彦,石井伸子,楠本征夫 448
  • 13. 胆道癌の診断と治療 谷昌尚,川井三郎 457
  • 14. 肝移植—現時点での問題点とその手技— 戸部隆吉,浮草実 497
  • 付. 原発性肝癌取扱い規約とその解説 菅原克彦 506

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで