サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

岩波講座現代中国 第6巻

岡部, 達味, 1932-

詳細情報

タイトル 岩波講座現代中国
著者標目 岡部, 達味, 1932-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社岩波書店
出版年月日等 1990.2
大きさ、容量等 322, 4p ; 22cm
ISBN 4000104268
価格 2900円 (税込)
JP番号 90028084
巻次 第6巻
別タイトル 中国をめぐる国際環境
部分タイトル 中国をめぐる国際環境 / 岡部達味 [ほか]編
出版年(W3CDTF) 1990
件名(キーワード) 中国--外国関係--歴史--1949-
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GE341
NDLC A99-C9
NDC(8版) 222.077
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 岩波講座現代中国
  • 第6巻の主題と内容について
  • I 中国外交の四十年 岡部達味 1
  • はじめに 2
  • 1 中国外交前史 3
  • 中国外交思想の起源
  • 中間地帯論と国共内戦
  • 一辺倒政策へ
  • 2 建国初期 7
  • 建国後の外交方針
  • 中ソ友好条約と中ソ蜜月
  • 朝鮮戦争と中国
  • 平和共存政策へ
  • 国際社会への登場
  • 3 中国独自の道 14
  • スターリン批判の衝撃
  • 中ソ対立の開始と対外強硬路線
  • 東西軸から南北軸へ
  • 民族解放闘争支援
  • 「二つの中間地帯論」
  • 文革への序曲
  • 4 文化大革命と対外政策 20
  • 階級闘争と孤立化
  • 「革命外交」の本質
  • 国際社会への復帰
  • 5 米中接近と日中正常化 24
  • 「ソ連主要敵」とニクソン・ショック
  • 日中国交正常化
  • 米中和解の意味
  • 6 改革と開放へ 27
  • 三中全会路線
  • 近代化政策に奉仕する対外政策
  • 是々非々主義外交の実行
  • 戦争不可避論からの離脱
  • 周辺諸国との関係
  • 7 新時代の中国外交 34
  • 新技術革命の悲願
  • 予想される困難
  • II 日中政治関係 田中明彦 39
  • はじめに 40
  • 1 台湾との国交 41
  • サンフランシスコ講和への問題
  • 「吉田書簡」
  • 日華平和条約
  • 2 政経分離か政経不可分か 45
  • 「積み上げ」方式
  • 日中断交
  • LT貿易の成立
  • 「積み上げ」方式の限界
  • 3 国交正常化と平和友好条約 53
  • ニクソン・ショック
  • 国交正常化
  • 反覇権条項
  • 交渉再開から締結へ
  • 4 フィーバーと摩擦と 62
  • 経済協力と宝山ショック
  • 教科書問題
  • 第三のフィーバーと靖国問題
  • GNP
  • 一%枠突破と光華寮問題
  • 5 今後の日中関係 72
  • 成熟? 暗転?
  • III 日中経済関係 丸山伸郎 77
  • 序─戦前・戦後の日中経済関係を規定した諸条件 78
  • 強い相互依存関係
  • 戦後日中貿易を規定した要因
  • 1 戦後日中貿易の再開と頓挫(一九四九─五八年) 81
  • 貿易再開と対中禁輸
  • 民間貿易協定の成立
  • 第二次・第三次民間貿易協定
  • 日中貿易の断絶
  • 2 政治の狭間の中の日中経済関係(一九六〇─七一年) 88
  • 対ソから対西側貿易へ
  • LT貿易の発足
  • プラント契約と「吉田書簡」問題
  • 文革による孤立から国際社会への復帰へ
  • 3 プラントと石油をめぐる日中経済関係(一九七二─七九年) 95
  • 第一次プラントブーム
  • 「四人組」と第一次プラントブームの終焉
  • 日中長期
  • 貿易取り決め
  • 「洋躍進」と第二次プラントブーム
  • 4 投資と経済協力を両輪とした日中経済関係一九八〇年─現在) 102
  • 対中経済協力
  • 直接投資の要請
  • プラント契約キャンセル
  • スケープゴート
  • 消費財輸入ブーム
  • 対日不満の高まり
  • 相互依存関係の構築
  • 結び─天安門広場事件後の日中経済関係 111
  • IV 米中関係の基本構造 高木誠一郎 115
  • はじめに─歴史的社会的背景 116
  • 1 米中対立構造の形成 118
  • 中華人民共和国の成立と米国
  • 朝鮮戦争と米中関係
  • 2 米中対立の展開 121
  • 第一次台湾海峡危機
  • 米中大使級会談
  • 第二次台湾海峡危機
  • 中ソ対立とベトナム戦争
  • 3 国交正常化への歩み 127
  • ニクソン訪中
  • 進展と停滞
  • 国交正常化
  • 4 正常化後の調整 135
  • 急速な関係の深化
  • 台湾向け兵器輸出問題
  • 高度技術移転問題と関係の好転
  • 戦略的協力の後退
  • 5 中国近代化への米中関係 145
  • 首脳の相互訪問と関係の進展
  • 原子力協力協定の交渉
  • 軍事協力の進展
  • 米国艦船の中国寄港
  • 摩擦の管理
  • 中ソ和解の進展と米国
  • むすび─天安門事件の衝撃 154
  • V 中ソ関係─一巡した紛争サイクル 石井明 157
  • はじめに─ゴルバチョフ訪中 158
  • 1 新中国建国直前の中ソ関係 159
  • ミコヤン訪中
  • 劉少奇訪ソ
  • 2 中ソ同盟の成立 161
  • ソ連の新中国承認
  • 毛沢東訪ソ
  • 条約交渉
  • 実務協定の締結
  • 中ソ条約の評価
  • 3 中ソ友好の時代 165
  • ソ連の借款供与
  • フルシチョフ訪中
  • 4 拡大する亀裂 168
  • フルシチョフのスターリン批判
  • 東欧動乱と中国
  • 独自の社会主義建設方式の模索へ
  • ソ連の対中軍事援助
  • 国防新技術協定の中止
  • ソ連専門家の引き揚げ
  • 5 中ソ対決の時代 174
  • 対ソ批判が民衆レベルまで
  • 中ソ論争
  • 珍宝島事件
  • 米中接近へ
  • 中ソ開戦ありえず
  • 毛沢東死後の中ソ関係
  • 6 関係正常化の実現へ 183
  • 一九七九年の中ソ次官級会談
  • ソ連の「米中結託」非難
  • 独立自主の対外政策
  • ゴルバチョフの登場
  • 実務関係の改善
  • 中ソ首脳会談
  • 天安門事件の衝撃
  • VI アジア近接諸国との関係 太田勝洪 193
  • はじめに 194
  • 1 建国初期の対アジア政策と朝鮮戦争 196
  • アジア諸国との国交樹立と新興諸国への評価
  • 「劉少奇テーゼ」
  • 朝鮮戦争への人民義勇軍派遣
  • 2 平和勢力の結集・周恩来外交の開花 201
  • ジュネーブ会議
  • 「平和五原則」の提唱
  • 平和勢力結集の戦略的意味
  • バンドン会議と周恩来
  • 3 強硬外交への転換 206
  • 「中間地帯論」の登場
  • 中印の分裂
  • 周辺諸国との国境条約の締結
  • 中印戦争
  • 「北京=ジャカルタ枢軸」の形成と崩壊
  • 4 ベトナム戦争への対応と「造反外交」 215
  • ベトナム戦争への評価と対応
  • ベトナムヘの政治・軍事支援問題
  • 「造反外交」
  • 5 「反覇権主義」下の近接諸国外交と中越戦争 220
  • 対外戦略転換下の外交再開
  • ASEAN諸国との関係の樹立
  • 中越戦争
  • 6 正常な関係を求めて 226
  • ASEANとの関係改善と交流強化
  • インドシナ問題への対処
  • 朝鮮半島との微妙な関係
  • モンゴル、インドとの関係改善
  • 「天安門事件」の波紋
  • VII 中台関係四十年略史ー丙戦ーは溶解するか? 若林正丈 235
  • はじめに 236
  • 1 前史─台湾の中華民国編入と二・二八事件 237
  • 2 中国内戦と東西冷戦の結合─分裂国家の形成 238
  • 「台湾解放」の準備
  • 台湾海峡の「中立化」と「台湾解放」の挫折
  • 内戦と冷戦の結合
  • 3 内戦の「封じ込め」と背を向けあった建設競争 242
  • 第一次台湾海峡危機
  • 「平和解放」の揺さぶりと第二次台湾海峡危機
  • 「自力更生」と「開発独裁」
  • 4 米中接近と「中華民国の台湾化」のスタート 246
  • 「上海コミュニケ」と在台米軍の撤収
  • 「総体外交」の展開
  • 蒋経国と「中華民国の台湾化」
  • 5 中台交流の拡大と開かれた競争関係 251
  • 「台湾解放」から「平和統一」へ
  • 新台湾政策の衝撃と「三不政策」
  • 交流の拡大と李登輝の「弾力外交」
  • むすび─分裂国家と国民国家形成 261
  • VIII 中港関係四十年史 谷垣真理子 265
  • はじめに 266
  • 1 歴史的背景 266
  • 2 新中国の対香港政策 269
  • 現状維持の選択
  • 東西冷戦の波及
  • 3 政治的軋みにゆれる中英関係 272
  • 香港をめぐる国共角逐
  • 中港経済交流の進展と香港の経済発展
  • 4 中国の近代化政策と香港 275
  • 西側諸国との交流開始
  • 「四つの現代化」政策と香港
  • 5 祖国中国との統合 277
  • 「九七年問題」の浮上
  • 中英交渉(一九八二ー八四年)
  • 一国家二制度
  • 過渡期の進展と香港の将来
  • IX 中国外交と華僑・華人 田中恭子 285
  • はじめに 286
  • 1 歴史的背景 287
  • 華僑の発生と増加
  • 華僑の中国ナショナリズム
  • 2 中国の華僑・華人政策 292
  • 社会主義と国内華僑
  • 国籍問題─現地化促進政策
  • 文化大革命と華僑・華人
  • 現地化促進政策への復帰
  • 3 東南アジアにおける華僑・華人 307
  • 国民統合の障害要因
  • 社会主義中国とのつながり
  • 4 華僑・華人の現地化 315
  • 帰属感の変化
  • 文化の変容
  • おわりに 320
  • 人名索引

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで