サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

岩波講座現代中国 第4巻

小島, 晋治, 1928-2017

詳細情報

タイトル 岩波講座現代中国
著者標目 小島, 晋治, 1928-2017
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社岩波書店
出版年月日等 1989.12
大きさ、容量等 307, 5p ; 22cm
ISBN 4000104241
価格 2900円 (税込)
JP番号 90016559
巻次 第4巻
別タイトル 歴史と近代化
部分タイトル 歴史と近代化 / 小島晋治 [ほか]編
出版年(W3CDTF) 1989
件名(キーワード) 近代化
件名(キーワード) 中国--歴史--1949-
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GE341
NDC(8版) 222.077
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 岩波講座現代中国
  • 第4巻の主題と内容について
  • I 革命・近代化・伝統1その歴史的展開 小島晋治 1
  • はじめに 2
  • 1 救国と伝統文化の否定─新文化運動における「民主と科学」 5
  • 2 新文化運動から革命へ一「民主」の行方 12
  • 3 中国革命と農民革命─毛沢東主義歴史観の形成 17
  • 4 社会主義への急転換とブルジョア思想批判─その焦点と結果 26
  • 5 近代化建設と伝統─結びに代えて 33
  • II 中国の近代史と歴史意識 並木頼寿 39
  • ─洋務運動・曾国藩の評価をめぐって─
  • はじめに 40
  • 1 近代史をどう捉えるか 44
  • 歴史発展の基本的動力
  • 近代史の基本的筋道
  • 伝統と近代
  • 2 曾国藩と中国の近代 55
  • 洋務運動・洋務派の評価
  • 「中興名臣」から「漢好首切り人」へ
  • 対外関係の変容
  • 民衆反乱と支配秩序
  • おわりに 73
  • III 現代における儒教 丸山松幸 77
  • 1 『河霧』が呼び起こしたもの 78
  • 2 儒教批判の流れ 81
  • 3 共和国以後の儒教批判 87
  • 4 文化構造としての儒教 93
  • 5 「儒教文化圏」論と経済発展 99
  • IV 農民の「生の充溢」願望 上田信 103
  • はじめに 104
  • 1 農民の行為の構造 104
  • 農民の経歴と国家
  • 願望の構造
  • 2 農民の願望の行方 115
  • 会道門の吸引力
  • 公共食堂の強制力
  • 3 経済システムと願望 125
  • 大寨方式と農民
  • 開放政策と農民
  • おわりに 136
  • V 伝統から近代への模索─梁瀬溟と毛沢東 河田悌一 139
  • はじめに 140
  • 1 梁漱溟─その思想の輪郭 140
  • 改革のプログラム
  • 農村観
  • 中国文化観
  • 儒教の再評価
  • 社会主義と共産党にたいする主張
  • 2 毛沢東の農民観─梁瀬溟との思想的対比 146
  • 3 梁漱溟─その人生の軌跡 151
  • 4 梁漱溟と毛沢東の人間的交流 158
  • 延安にてー一九三八年冬
  • 延安にてー一九四六年春
  • 新しい中国になって
  • 5 破局─毛沢東の怒り 168
  • おわりに 184
  • VI 中国社会主義における毛沢東の映像と残像 徳田教之 177
  • ─今日的視点からの再構成の試み─
  • はじめに─不確実な時代からの思索 178
  • 1 偉大な独裁者の時代の謎 179
  • 一つの時代の終り方から
  • 毛沢東時代像の分岐点
  • 毛沢東の役割イメージ
  • 2 延安での「毛沢東思想」の誕生 186
  • 統合的神話として
  • 「思想」を支える多元性
  • 3 毛沢東主義体制の古典的モデル 190
  • 古典的モデルの形成と変容
  • 思想の独裁
  • 人の独裁
  • スターリン批判の衝撃から
  • 4 毛沢東の「内なるもの」と政治の力学 204
  • カリスマの孤独の闘い
  • 危機意識と階級闘争
  • 農村からの苛酷なユートピアイズム
  • 文化大革命の中の虚と実
  • 政治的人格の謎
  • 希求と帰結の間にあるもの
  • むすび─毛沢東批判と新しい逆流の中で 224
  • VII 文化大革命の諸問題 安藤正士 227
  • はじめに 228
  • 1 毛沢東の文化大革命の論理─「継続革命論」の問題点 229
  • 2 毛沢東の社会主義社会の構想 236
  • 3 毛沢東の専制と軍 241
  • 4 国際情勢観・戦争準備政策・核開発 244
  • 5 「大民主」・上海コミューン・革命委員会 250
  • 6 軍の台頭と林彪事件 256
  • 7 近代化論争・天安門事件 260
  • むすび 265
  • VIII 中国の周辺民族問題と国際政治の変遷 加々美光行 269
  • ─内蒙古地域と新彊地域を中心として─
  • 1 問題の枠組み 270
  • 2 内蒙古自治政府の成立 273
  • 3 新彊省連合政府の改組 284
  • 4 中共の民族政策 289
  • 5 解放軍のウルムチ進駐 294
  • 6 ウイグルとチベットの抵抗 300
  • 7 激化する民族矛盾 305
  • 人名索引

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで