サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

もっと知りたいインド 2

臼田雅之 [ほか]編

詳細情報

タイトル もっと知りたいインド
著者 臼田雅之 [ほか]編
著者標目 臼田, 雅之, 1944-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社弘文堂
出版年月日等 1989.4
大きさ、容量等 359p ; 20cm
注記 文献案内: p349~351
ISBN 4335510276
価格 2680円 (税込)
JP番号 89038869
巻次 2
出版年(W3CDTF) 1989
件名(キーワード) インド--文化
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) インド--社会
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GE627
NDC(8版) 302.25
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • もっと知りたいインド
  • インドを見る目—「心の旅路」(インナートリップ)にむけて 小谷江之 1
  • I 村の生活、町の生活
  • 一 カーストの現実 押川文子 15
  • 用語について
  • 村の生活とジャーティ
  • 地域社会のなかのジャーティ
  • ジャーティ制度の特色
  • ジャーティと経済政治関係
  • 二 家族法と社会の変容 山崎利男 45
  • 多様な家族法
  • ヒンドゥー婚姻法の改正
  • イスラム法の最近の問題
  • 合同家族の減少
  • 三 家庭と生活 辛島貴子 59
  • 女性と結婚
  • 父親と家族、嫁と姑
  • 食卓に現れたインドの文化とサリー・ウエアリング・セレモニー
  • 誕生から死を迎えるまで
  • 四 村の政治 福永正明 86
  • インド民衆と政治
  • パンチャーヤティー・ラージ
  • 北インド東部の村落
  • 一九八二年のパンチャーヤティ—・ラージ選挙
  • 地区評議会と議長選挙
  • 五 村と町のつながり 柳沢悠 99
  • 村の経済
  • 町で働く村民
  • 大企業・国営企業の従業者
  • 近代的大工場の職場でのカースト
  • 劣悪な商店・零細企業の労働条件
  • 村の生活と都市の雇用
  • 六 教育と若者 臼田雅之 117
  • 教育の現段階
  • 中産階級と教育
  • 英語教育における競争の激化
  • 「重荷を負わされた子供」
  • 競争激化の原因
  • 家庭の変質
  • インドの「新人類」
  • 高学歴者のインド脱出
  • 中等教育
  • 大衆とインド憲法
  • 初等教育普及の遅れ
  • 初等教育の諸問題
  • 指定部族・カーストと初等教育
  • 伝統的価値の崩壊と新しい価値の未形成
  • コラム 都市の女性の暮らし 小磯千尋 141
  • II 神々と人間
  • 一 生活と宗教 西村祐子 145
  • 自然と人間
  • シャクティ
  • 宇宙観と星の運行
  • シャクティと母性
  • トライバリズム
  • 個人と宗教
  • 懸依(シヤーマニズム)と宗教
  • 村の祭り
  • 呪い
  • 身体と宗教
  • 二 昔話のなかに生きる神話 坂田貞二 174
  • インドの昔話の主人公とストーリー
  • インドの神話と説話
  • 昔話にとりいれられた神話・伝説
  • 生きた昔話のありよう
  • III 生活のなかの美
  • 一 コミュニティと音楽 鳥居祥子 195
  • 音楽のある場所
  • 音楽を担う人たち
  • 音楽を聞く人たち
  • 音楽家と聴衆を結ぶ人たち
  • 二 古典舞踊の復活 峰岸由紀 211
  • クーリヤーッタムの歴史
  • 担い手
  • 伝統との闘い
  • 三 映画とインド社会 松岡環 223
  • 大衆文化としての映画
  • 国家と映画
  • ヒーローに託す夢
  • 新しい映画の創造を目指して
  • 四 周縁の美と力学 西正捷 237
  • 異界の音・世俗の声
  • チトラカターの伝統
  • ピングリーの絵語り
  • ピングリーの語り絵
  • 語り絵の主題と概要
  • 絵語りの展開と変容
  • 五 居住パターンの系譜 小磯学 261
  • デカン高原
  • 最初の村と「都市」
  • 岩に刻まれた都市と村の建物
  • 山城の時代
  • IV 多くの言語、豊かな文学
  • 一 ヒンディー近代散文文学の胎動 橋本泰元 283
  • ヒンディー語の形成
  • カリー・ボーリー散文の開始
  • 文学活動の開始
  • 「物語」から「小説」へ
  • 近代小説への道
  • 現代小説の確立
  • 二 恋愛叙情詩ガザルの伝統 麻田豊 296
  • ウルドゥー語の輪郭
  • ガザルの世界
  • 三 ベンガリー文学とその読者 永井保 309
  • 読書好きなカルカッタの人々
  • 出版
  • 作家
  • 文学と社会
  • 四 マラーティー文学と「ダリト文学」 石田英明 322
  • マラーティー語と文学の歩み
  • ダリト文学の背景
  • ダリト文学の歩み
  • 五 マラヤーラム近代小説の誕生 粟屋利江 335
  • 最初のマラヤーラム近代小説『インドゥレーカ』
  • 『インドゥレーカ』とナーヤル・コミュニティ
  • チャンド・メーノーンの視座
  • 文献案内 349
  • 索引 359

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで