サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

老年学事典

一番ケ瀬康子 [ほか]編

詳細情報

タイトル 老年学事典
著者 一番ケ瀬康子 [ほか]編
著者標目 一番ケ瀬, 康子, 1927-2012
出版地(国名コード) JP
出版地京都
出版社ミネルヴァ書房
出版年月日等 1989.3
大きさ、容量等 425p ; 27cm
注記 監修: 那須宗一
ISBN 4623018946
価格 8500円 (税込)
JP番号 89032265
出版年(W3CDTF) 1989
件名(キーワード) 高齢者
件名(キーワード) 老人医学
件名(キーワード) 高齢者福祉
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC251
NDLC EG51
NDC(8版) 493.18
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 老年学事典
  • 刊行にあたって
  • 執筆者
  • 編集方針
  • I 総説
  • I 1 老年学の歴史と現状 2
  • I 2 老化の概念 5
  • I 3 高齢化社会 7
  • I 4 高齢者の社会参加 11
  • I 高齢者の社会参加とは 11
  • I 事例と施策 13
  • I これからの課題 16
  • I 5 人口問題 18
  • I 人口高齢化 18
  • I 高齢化の人口学的要因 20
  • I 高齢化社会の問題 22
  • I 人口からみた高齢者対策 24
  • II 老化の基礎科学
  • II 1 細胞の老化 28
  • II 動物の老化と寿命 28
  • II 細胞の老化と個体の老化 30
  • II 老化説 32
  • II 老化の機構 34
  • II 2 老化の形態学的側面 36
  • II 細胞の減数 36
  • II 核・細胞小器官の変化 38
  • II リポフスチン 40
  • II 細胞増殖因子と老化制御 42
  • II 3 老化の機能的側面 46
  • II 生体機能の低下ー概観 46
  • II 体性機能の老化 48
  • II 自律機能の低下と高齢者のホメオスタシス 50
  • II 生体防御機能の低下 53
  • II 4 老年期の栄養 55
  • II 国民栄養調査成績と栄養摂取と疾病構造 55
  • II 老年期の栄養生理と食事 57
  • II 老年者の摂取紛カロリー・脂肪 59
  • II 蛋白質,炭水化物,その他 62
  • II 5 老年期のスポーツ 64
  • II 高齢者の体力 64
  • II 高齢者のトレーニング 66
  • II 高齢者の身体活動量 68
  • II 高齢者競技スポーツ(マスターズ) 70
  • III ヒトの老化
  • III 1 ヒトの老化 74
  • III ヒトの老化の概念 74
  • III ヒトの老化と老化学説 76
  • III ヒトの老化の事実 79
  • III ヒトの老化についての展望 83
  • III 2 神経の老化 85
  • III 大脳の神経細胞数の減少 85
  • III 樹状突起の加齢変化 87
  • III 老年者の脳にみられる変化 89
  • III 脳血流の加齢による変化 91
  • III 老化と精神・神経機能 94
  • III 3 循環系の老化 96
  • III 加齢と動脈硬化および脳・心合併症 96
  • III 老年者の高血圧 98
  • III 老年者の不整脈 100
  • III 老年者の心疾患ー心筋梗塞,弁膜症,心不全 102
  • III 4 呼吸器の老化 104
  • III 呼吸器の加齢変化 104
  • III 老人肺 106
  • III 老人の肺炎 108
  • III 老年者呼吸器疾患の薬物療法 110
  • III 5 代謝の老化 113
  • III 甲状腺と加齢 113
  • III 加齢に伴うカルシウム代謝の変化 116
  • III 加齢と糖代謝 119
  • III 加齢と性機能 122
  • III 6 プライマリーケア 125
  • III プライマリーケアとは 125
  • III 救命・救急・急性疾患 127
  • III 慢性疾患 129
  • III 7 口腔の老化 130
  • III 口腔の老化 130
  • III 口腔の疾患 132
  • III 口腔の疾患の治療 134
  • III 口腔の老化の問題点 136
  • IV 老年期の心理
  • IV 1 老年期の心 140
  • IV 心の老化とは何か 140
  • IV 老人と生きがい 142
  • IV 老人と性行動 144
  • IV 老人と死 146
  • IV 2 老年痴呆 149
  • IV 老年痴呆とは 149
  • IV 老年痴呆の診断基準と対策 151
  • IV 3 老年期の機能性精神疾患 153
  • IV 老年期機能性精神疾患の概念 153
  • IV 躁うつ病 155
  • IV 分裂病と分裂病様精神病 158
  • IV 老年期の神経症 160
  • IV 4 老年期の精神保健 162
  • IV 概念と主要領域 162
  • IV 個人を中心とした精神保健 164
  • IV 社会的精神サービスとその統合 166
  • IV 教育,修練,その他 168
  • IV 5 老年期の死生観 170
  • IV 逃避としての死生観 170
  • IV 死生観の明暗(I) 172
  • IV 死生観の明暗(II) 174
  • IV 肯定としての死生観 176
  • IV 6 老年期の心理テスト 178
  • IV 心理学的測定 178
  • IV 心理テストとは 180
  • IV 老年者への心理テストの適用 182
  • IV 心理テストの条件 184
  • IV 7 老年期の性行動 186
  • IV 老年者の性反応 186
  • IV 老年者の性能力 188
  • IV 老年者の授精能力・授胎能力 190
  • IV 老年期の性障害 192
  • V 老年期の看護
  • V 1 老年期の看護総論 196
  • V 老人看護の理念と原則 196
  • V 心理的援助 198
  • V 日常生活の援助(I) 201
  • V 日常生活の援助(II) 204
  • V 2 老年期の在宅看護 206
  • V 在宅老人の実態とその看護 206
  • V 在宅老人と地域保健活動 208
  • V 在宅老人に対する看護の方法 210
  • V 在宅老人看護の問題点と今後の展望 212
  • V 3 老年期の施設看護 214
  • V 老年期の医療 214
  • V 高齢者にとっての病気と施設 216
  • V 施設における看護の在り方 218
  • V 4 ターミナルケア 222
  • V 老年者の終末期 222
  • V ターミナルケアの基本理念 224
  • V ターミナルケアの実際 226
  • V 末期癌のケア 228
  • VI 老年期のリハビリテーション
  • VI 1 老年期のリハビリテーション総論 232
  • VI 老年期リハビリテーションの概念 232
  • VI 老年期リハビリテーションの展開 234
  • VI 老年期リハビリテーションのサービス内容 236
  • VI 老年期リハビリテーションを支援する人々 238
  • VI 2 リハビリテーションの実際 240
  • VI 脳血管障害のリハビリテーション 240
  • VI パーキンソン病のリハビリテーション 243
  • VI 骨・関節疾患および切断のリハビリテーション 244
  • VI 心疾患のリハビリテーション 246
  • VI 3 福祉機器 248
  • VI 福祉機器とは 248
  • VI 障害別にみた福祉機器 250
  • VI 福祉機器の有効活用化 253
  • VI 福祉機器の今日的課題と展望 255
  • VII 老年期の家庭生活
  • VII 1 老年期の家族 258
  • VII 老人の居住形態 258
  • VII 老年期の家族関係 260
  • VII 老親の扶養 262
  • VII 老年期の家族危機 264
  • VII 2 老年期の家族法 266
  • VII 生活と扶養 266
  • VII 財産管理 268
  • VII 相続 270
  • VII 遺言と遺留分 273
  • VII 3 老年期の家計ーその水準と構造 275
  • VII 家計とは何か 275
  • VII 老年期の家計 277
  • VII 老年期家計の実態 280
  • VII 老年期家計の構造 283
  • VII 4 老年期の食生活 286
  • VII 食生活の構造 286
  • VII 食物の構成 288
  • VII 食事行動 291
  • VII 食事づくり行動 293
  • VII 5 老年期の住生活 296
  • VII 住生活の概念 296
  • VII 住宅事情・住宅問題 298
  • VII 住宅計画 300
  • VII 住宅政策 302
  • VII 6 老年期の衣生活 304
  • VII 日常着・履物 304
  • VII 下位被服 306
  • VII 寝具・寝衣 309
  • VII 被服管理 312
  • VIII 老年期の社会生活
  • VIII 1 老年期の労働 316
  • VIII 老年期労働の意義 316
  • VIII 高齢者の就業と失業 318
  • VIII シルバー人材センター 321
  • VIII 高齢者雇用安定政策の課題 323
  • VIII 2 老年期の余暇 326
  • VIII 余暇の意味 326
  • VIII 余暇の実態 328
  • VIII 余暇の特質 330
  • VIII 余暇対策 333
  • VIII 3 老年期の学習 335
  • VIII 生涯教育論の登場と高齢化社会 335
  • VIII 高齢者教育の位置と考え方 337
  • VIII 高齢者の学習活動の現状 339
  • VIII 高齢者教育の課題と組織的・体系的老人大学の創造 341
  • IX 老年期の福祉
  • IX 1 老年期の社会保障法 344
  • IX 高齢者の社会保障法とその理念,体系化 344
  • IX 高齢者の社会保障の権利 347
  • IX 高齢者の社会保障法と行財政 349
  • IX 高齢者の社会保障法の課題 351
  • IX 2 老年期の社会保障 353
  • IX 公的年金制度 353
  • IX 老人医療保障 355
  • IX 高齢者貧困と公的扶助 357
  • IX 社会保障と財源調達 359
  • IX 3 老年期の施設福祉 361
  • IX 施設福祉の歴史 361
  • IX 施設福祉の制度と動向 363
  • IX 老人ホーム利用者の実態と施設整備 365
  • IX 老人ホームの老人処遇と職員 367
  • IX 4 老年期の地域福祉・在宅福祉 369
  • IX 地域福祉・在宅福祉の政策と意義 369
  • IX 在宅福祉の構成 371
  • IX 在宅福祉の供給 373
  • IX 地域福祉・在宅福祉の課題 375
  • IX 5 老年期の医療福祉体系 377
  • IX 老人医療福祉の特色とその体系化 377
  • IX 老人病院と老人保健施設 379
  • IX 特別養護老人ホーム・老人医療福祉の将来 381
  • IX 6 老人政策体系の課題 383
  • IX わが国における老人政策体系 383
  • IX 国際的にみた老人政策の体系 385
  • IX 老人ケア政策の課題 387
  • IX 文化的・社会的文脈の中での老人政策の課題 389
  • IX 付録
  • IX 高齢者問題国際行動計画 393
  • IX 索引 411

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで