サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

生態学 : 概念と理論の歴史

ロバート・P.マッキントッシュ [著],大串隆之 [ほか]訳

詳細情報

タイトル 生態学 : 概念と理論の歴史
著者 ロバート・P.マッキントッシュ [著]
著者 大串隆之 [ほか]訳
著者標目 McIntosh, Robert Patrick
著者標目 大串, 隆之, 1951-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社思索社
出版年月日等 1989.3
大きさ、容量等 498, 74p ; 20cm
注記 原タイトル: The background of ecology
注記 巻末: 参考文献
ISBN 4783501602
価格 5800円 (税込)
JP番号 89029612
別タイトル The background of ecology
出版年(W3CDTF) 1989
件名(キーワード) 生態学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC RA141
NDC(8版) 468
原文の言語(ISO639-2形式) eng : English
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 生態学
  • 目次
  • 日本語版への序文 iii
  • まえがき 1
  • 謝辞 5
  • 1 生態学の履歴 7
  • 博物学の変革 12
  • 生態学とは何か 16
  • 生態学の起源:生物学者の見解 20
  • 生態学の起源:科学史家の見解 24
  • 誰が生態学の創始者か 36
  • 自立した生態学 41
  • 2 生態学の結晶化 51
  • 生態学の中核 60
  • 植物生態学、生理学、植物地理学 67
  • 海洋生態学 82
  • 陸水学 92
  • 陸上動物生態学 98
  • 生態学の組織化 105
  • 3 動的生態学 111
  • 初期の群集概念と平衡概念 114
  • 動的植物生態学 121
  • 動物群集の動態 135
  • 水生生物群集 147
  • 古生態学 154
  • 平衡 163
  • 4 定量的群集生態学 167
  • 生物地理学的起源 168
  • 海洋生物学 172
  • 陸水学 187
  • 陸上植物生態学 199
  • 定量群集生態学における諸問題 215
  • 5 個体群生態学 227
  • 生理生態学と個体群生態学 229
  • 個体群生態学の定義と履歴 234
  • 個体数調査 238
  • 理論個体群生態学 264
  • 理論生態学、競争、平衡 274
  • 6 生態系生態学、システム生態学、大規模生物学 297
  • 生態系生態学 314
  • システム生態学 323
  • 国際生物学事業計画 331
  • システム解析 342
  • 最近の生態系生態学 363
  • 7 生態学への理論的アプローチ 375
  • 理論生態学の革命 376
  • 哲学者としての生態学者 382
  • 生態学理論と進化 396
  • 群集理論 407
  • 生態学の法則と原理 413
  • 数理生態学棚 426
  • 8 生態学と環境 445
  • 生態学と保護運動 450
  • 自然保護と調査 459
  • 人間生態学 462
  • 生態学と環境運動 473
  • 訳者あとがき 495
  • 参考文献 (27)
  • 事項索引 (14)
  • 人名索引 (1)

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで