サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

東アジアの思想と文化 : 故阿部吉雄博士を偲ぶ

韓国研究院 企画・編集

詳細情報

タイトル 東アジアの思想と文化 : 故阿部吉雄博士を偲ぶ
著者 韓国研究院 企画・編集
著者標目 阿部, 吉雄, 1905-1978
著者標目 韓国研究院
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社図書文献センター
出版年月日等 1980.11
大きさ、容量等 366p ; 21cm
注記 東京韓国研究院創立十周年記念論集
注記 監修: 宇野精一
JP番号 89027813
部分タイトル 阿部博士と李退渓研究 宇野精一著. 阿部吉雄博士を偲ぶ 松戸光夫著. 李退渓の四七論弁と理動説 友枝竜太郎著. 朱子の哲学における「太極」 山井湧著. 中国における現実主義思想の実体について 岡田武彦著. 中国・朝鮮・日本の実学の比較 源了円著. 李栗谷と郷約 酒井忠夫著. 韓国儒学の根本思想とその現代的意義 柳承国著 松田弘訳. 一六、七世紀朝鮮書院学規における教育把握形態の推移-李栗谷の教育観に焦点づけて 渡部学著. 日本の「対支文化事業」と中国教育文化界-一九二〇年代後半期を中心として 阿部洋著. 或る宗親会の誕生-Political fieldにおける漢人親族集団 鈴木満男著. 韓末教育の構造-言語教育を中心として 稲葉継雄著. 東京韓国研究院十年史略. 付:「対支文化事業」関係年表(稿)(一九一八年~一九三一年)(折り込み)
出版年(W3CDTF) 1980
件名(キーワード) 朝鮮思想
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 中国思想
NDLC HB1
NDC(8版) 120.4
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで