サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

現代心理学入門

末永俊郎 編

詳細情報

タイトル 現代心理学入門
著者 末永俊郎 編
著者標目 末永, 俊郎, 1921-2007
シリーズ名 有斐閣双書
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社有斐閣
出版年月日等 1988.3
大きさ、容量等 247p ; 19cm
注記 各章末: 参考文献
ISBN 4641110506
価格 1400円
JP番号 88031712
新版
出版年(W3CDTF) 1988
件名(キーワード) 心理学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SB21
NDC(8版) 140
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 現代心理学入門
  • 目次
  • 序説 1
  • 心理学とは何か 1
  • 人・環境・行動 2
  • 適応の過程としての行動 3
  • I 環境の認知 7
  • 1 自然環境の認知 7
  • 認知と知覚 7
  • 刺激と知覚 11
  • 感覚の様相 12
  • 刺激閾 13
  • 弁別閾 15
  • 情報の読み解き 16
  • 図と地の分化 20
  • 対比 23
  • よい形 25
  • 枠組 30
  • 運動の認知 33
  • 3次元空間の認知 38
  • 月の錯視 41
  • 恒常現象 42
  • 予期や知識と認知 46
  • 認知の多段階モデル 50
  • 2 認知の発達 55
  • 認知と学習 55
  • 運動と視覚学習 56
  • 認知の発生 58
  • 認知と意味 60
  • 認知の統一性と要素性 61
  • 3 社会環境の認知 62
  • 社会的認知の特徴 63
  • 非言語的手がかり 64
  • 行動の原因と帰属 66
  • 認知のバランス 68
  • 認知の図式化 70
  • 順序効果・光背効果 71
  • II 問題状況における反応1(知的反応) 75
  • 1 はじめに 75
  • 反射 75
  • 本能行動 76
  • 学習 77
  • 記憶 78
  • 思考 79
  • 2 学習過程 79
  • メカニズム 79
  • 学習の基本型 81
  • 般化と弁別 89
  • 反応の可変性と分化 92
  • 二次的機能 93
  • 高次の学習 95
  • 3 記憶 99
  • 記憶の謎 99
  • 忘却 101
  • 記憶の貯蔵 103
  • 短期記憶と長期記憶 104
  • 記憶の様式 106
  • 記憶の実験的研究 108
  • 有意味な記憶と機械的な記憶 109
  • 図形の記憶 111
  • 文章の記憶 114
  • 4 思考過程 117
  • 思考の定義 117
  • 本能 118
  • 本能と学習 121
  • 認知と思考 123
  • 概念 125
  • 中心転換 126
  • 操作の獲得 128
  • 言語と認知・言語と思考 131
  • 思考の個人差(知能) 135
  • 創造性 139
  • III 問題状況における反応2(情意適応) 143
  • 1 はじめに 143
  • 要求 143
  • 2 情意適応のメカニズム 147
  • 誘発性と要求 147
  • フラストレーション 149
  • 葛藤状況 151
  • 要求水準 153
  • 防衛機制 154
  • 3 情意適応の個人差(性格) 157
  • 性格とは何か 158
  • 性格の構造 158
  • 性格の類型 159
  • クレッチマーとシェルドンの類型学 160
  • ユングの外向性と内向性 162
  • 性格の特性論 163
  • 4 性格の形成 165
  • 生物としての人の特殊性 166
  • 乳幼児の体験の性格形成への影響 167
  • フロイトの考え方に対する批判 169
  • 社会的環境の影響 171
  • 素質と環境 173
  • 双生児研究 174
  • 5 適応の過程 176
  • 適応の過程 177
  • 適応異常 179
  • 自分自身への適応 180
  • カウンセリング 181
  • 性格判断の方法 184
  • IV 社会状況における反応 189
  • 1 社会的態度 189
  • 態度の意味 189
  • 社会的態度の形成 191
  • 態度の変容 194
  • 反態度的行動の効果 196
  • 態度の変容と集団の影響 198
  • 2 社会的相互作用 200
  • 対人関係の成立 201
  • 対人的コミュニケーション 204
  • 3 集団状況での行動 207
  • 集団への所属 207
  • 多重所属の効果 208
  • 地位と役割 210
  • 地位の分化とコミュニケーション 210
  • 集団的標準と同調性 213
  • リーダーシップと社会的風土 215
  • V 現代心理学への歩み 219
  • 意識の問題 220
  • 無意識の心理学 221
  • 行動主義 222
  • ゲシタルト心理学 224
  • 新行動主義 227
  • 現代心理学のすう勢 231
  • あとがき 235
  • 事項索引 239
  • 人名索引 246

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで