サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

オンライン・サーチャーのためのChemical abstractsの情報検索

笹本光雄 著

詳細情報

タイトル オンライン・サーチャーのためのChemical abstractsの情報検索
著者 笹本光雄 著
著者標目 笹本, 光雄
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社地人書館
出版年月日等 1987.6
大きさ、容量等 360p ; 27cm
価格 4800円
JP番号 88027119
出版年(W3CDTF) 1987
件名(キーワード) ケミカル・アブストラクト (雑誌)
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 化学--情報サービス
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC M111
NDC(8版) 430.7
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • オンライン・サーチャーのためのChemical abstractsの情報検索
  • はじめに 1
  • 1 CAの構成 7
  • 1 1.1 概要 7
  • 1 1.2 収録範囲 10
  • 1 1.2.1 CASSI 10
  • 1 1.2.2 抄録の発行国別、使用言語別百分率 12
  • 1 1.2.3 日本で発行された雑誌および論文の収録率 14
  • 1 1.3 セクション 16
  • 1 1.4 抄録 19
  • 1 1.4.1 抄録作成の基準 21
  • 1 1.4.2 Abstract Headig 23
  • 1 1.4.2 (A) 雑誌論文のAbstract Heading 23
  • 1 1.4.2 (B) 特許のAbstract Heading 25
  • 1 1.4.2 (C) 会議の議事録のAbstract Heading 26
  • 1 1.4.2 (D) テクニカル・レポートのAbstract Heading 27
  • 1 1.4.2 (E) Deposited DocumentのAbstract Heading 27
  • 1 1.4.2 (F) 学位論文のAbstract Heading 28
  • 1 1.4.2 (G) 単行本の紹介 29
  • 1 1.5 索引 30
  • 1 1.5.1 索引の種類 30
  • 1 1.5.2 索引作成の原則 32
  • 2 オンライン情報検索 35
  • 2 2.1 オンライン情報検索の特徴 35
  • 2 2.2 オンライン情報検索のプロセス 37
  • 2 2.2.1 質問の確認および主題分析 37
  • 2 2.2.2 DIALOGの基本コマンド 38
  • 2 2.2.2 (A) BEGINコマンド 38
  • 2 2.2.2 (B) SELECTあるいはSELECT STEPSコマンド 39
  • 2 2.2.2 (C) TYPEコマンド、PRINTコマンド 39
  • 2 2.2.2 (D) LIMITコマンド 40
  • 2 2.2.2 (E) LOGOFFコマンド 41
  • 2 2.2.2 (F) その他のコマンド 41
  • 2 2.2.3 ファイルの選択 41
  • 2 2.2.4 検索語の選択 41
  • 2 2.2.5 検索式の作成 42
  • 2 2.2.5 (A) 論理演算子 42
  • 2 2.2.5 (B) 近接演算子 43
  • 2 2.3 レコードの情報処理と検索方法 46
  • 2 2.3.1 Basic IndexとAdditional Index 46
  • 2 2.3.1 (A) Basic Index 46
  • 2 2.3.1 (B) Additional Index 46
  • 2 2.3.2 トランケーシン 47
  • 2 2.3.3 句での索引付け(phrase indexing)と単語での索引付け(word indexing) 48
  • 2 2.3.4 単語の検索 50
  • 2 2.3.5 EXPAND機能 51
  • 3 CAのオンライン情報検索 53
  • 3 3.1 CASのChemical Registry System 54
  • 3 3.2 DIALOGでのCAファイルの構成 55
  • 3 3.2.1 CAの情報とCASEARCH,CHEMNAMEなどのフィールド 55
  • 3 3.2.2 辞書ファイルと書誌ファイルの連動 57
  • 3 3.2.2 (A) CHEMNAME 57
  • 3 3.2.2 (B) CHEMSIS 57
  • 3 3.2.2 (C) CHEMSEARCH 59
  • 3 3.2.2 (D) CHEMZER0 59
  • 3 3.2.2 (E) DIALINDEX 59
  • 3 3.3 CHEMNAMEのレコード 62
  • 3 3.4 CA SEARCHのレコード 65
  • 3 (A) 特許のレコード 66
  • 3 (B) 非特許文献のレコード 67
  • 4 CAの索引語とオンラインのフィールド 9
  • 4 4.1 Chemical Substance IndexとGeneral Subject Index 70
  • 4 4.2 CAの索引語の構成 71
  • 4 4.3 Chemical Substance Indexの索引語 72
  • 4 4.3.1 Index Heading Parent 72
  • 4 4.3.2 Heading Subdivision 72
  • 4 4.3.3 Substituent Prefix 75
  • 4 4.3.4 Modification 75
  • 4 4.3.4 (A) Name Modification 75
  • 4 4.3.4 (B) Stereochemical Descriptor 75
  • 4 4.3.4 (C) Text Modification 76
  • 4 4.3.5 同形異義語 76
  • 4 4.3.6 シノニム 77
  • 4 4.3.7 抄録番号 77
  • 4 4.4 General Subject Indexの索引語 78
  • 4 4.5 Heading Subdivision 80
  • 4 4.5.1 カテゴリーsubdivision 80
  • 4 4.5.1 (A) general subject subdivision 81
  • 4 4.5.1 (B) chemica1 functional subdivision 81
  • 4 4.5.2 生物学的subdivision 82
  • 4 4.5.3 合金に関するsubdivision 83
  • 4 4.5.4 その他のsubdivision 83
  • 4 4.5.5 subdivisionが付与される索引語 83
  • 4 4.6 CAの抄録、索引語とCA SEARCH,CHEMNAMEとの対応 88
  • 5 化学物質の検索 93
  • 5 5.1 概要 93
  • 5 5.2 化学名の構成 94
  • 5 5.2.1 倒置法 95
  • 5 5.2.2 官能基および化合物のタイプの優先性 98
  • 5 5.2.3 化学名の付け方 103
  • 5 5.2.4 8thの化学名と9thの化学名との違い 104
  • 5 5.2.5 複数のCA化学名をもつもの 105
  • 5 5.2.5 (A) 合金 106
  • 5 5.2.5 (B) copolymer 106
  • 5 5.2.5 (C) 配位化合物 106
  • 5 5.2.5 (D) 混合物 106
  • 5 5.2.5 (E) 付加化物 106
  • 5 5.2.5 (F) 多環系 106
  • 5 5.3 オンラインでの化学名の検索 108
  • 5 (A) 化学名のword indexingとphrase indexing 109
  • 5 (B) 化学名のPunctuationとSegmentation 110
  • 5 5.3.1 Additional IndexとBasic Index 110
  • 5 5.3.1 (A) Additional Index 110
  • 5 5.3.1 (1) HP=フィールド 110
  • 5 5.3.1 (2) SB=フィールド 112
  • 5 5.3.1 (3) NM=フィールド 113
  • 5 5.3.1 (4) ST=フィールド 114
  • 5 5.3.1 (5) CN=フィールド 114
  • 5 5.3.1 (B) Basic Index 116
  • 5 5.3.2 官能基の優先性を考慮した検索例 118
  • 5 5.4 オンラインでのシノニムの検索 121
  • 5 5.4.1 医薬品の名称 121
  • 5 5.4.2 シノニムのフィールド 123
  • 5 5.4.2 (A) SY=フィールド 123
  • 5 5.4.2 (B) /IDフィールド 123
  • 5 5.5 Index Guide,EXPANDの利用 124
  • 5 5.5.1 Index Guide 124
  • 5 5.5.1 (A) 化学物質に関する参照 125
  • 5 5.5.1 (B) Indexing Note 127
  • 5 5.5.2 EXPANDの利用 129
  • 5 5.5.2 (A) 基名のEXPAND 129
  • 5 5.5.2 (B) Chemical Substance Index中での化学名の配列順とEXPANDとの違い 131
  • 5 5.6 化学名の切り出し方 134
  • 5 5.6.1 KWIC索引 134
  • 5 5.6.2 化学名のPunctuation Sementation 135
  • 5 5.6.3 オンラインでのsegmentの検索 137
  • 5 5.6.4 Principal FunctionのSegmentation 142
  • 5 5.6.5 CHEMNAMEとCA SEARCHとの化学名のSegmentationの違い 143
  • 5 5.6.6 CA SEARCHでの化学物質の名称のPunctuation, Segmentation 144
  • 5 5.7 化学名の検索と近接演算子 145
  • 5 (A) T演算子 145
  • 5 (B) W演算子 145
  • 5 (C) F演算子 146
  • 5 (D) S演算子 146
  • 5 5.8 化合物命名法 148
  • 5 5.8.1 命名法のタイプ 149
  • 5 5.8.1 (A) Substitutive name(置換式命名) 149
  • 5 5.8.1 (B) Radicofunctional name(基官能基命名) 150
  • 5 5.8.1 (C) Replacement name(類型的命名) 150
  • 5 5.8.1 (D) Additive name(付加的命名) 150
  • 5 5.8.1 (E) Substractive name(除去式命名) 151
  • 5 5.8.1 (F) Multiplicative name(重複をあらわす命名) 151
  • 5 5.8.2 Conjunctive name(接続式命名) 151
  • 5 5.8.3 Index Heading Parentの選択ルール 153
  • 5 5.8.4 命名例 157
  • 5 5.9 分子式からの検索 161
  • 5 5.9.1 分子式索引 161
  • 5 5.9.2 分子式のオンラインでの検索 163
  • 5 5.9.3 MF=フィールド 164
  • 5 5.9.3 (A) /DFの利用 165
  • 5 5.9.3 (B) 元素の単体の表示 166
  • 5 5.9.3 (C) 合金の分子式 166
  • 5 5.9.3 (D) アイソトープの分子式 167
  • 5 5.9.4 点で連結した分子式 168
  • 5 5.9.4 (A) 点で連結した分子式についての注意点 169
  • 5 5.9.4 (B) 無機塩の検索 170
  • 5 5.9.4 (C) 混合物の検索 172
  • 5 5.9.4 (D) ポリマーの検索 173
  • 5 5.9.5 /EC,EC=フィールド 177
  • 5 5.9.5 (A) /ECフィールド 177
  • 5 5.9.5 (B) EC=フィード 179
  • 5 5.9.5 (C) アイソトープの化学名と分子式 181
  • 5 5.9.6 分子式索引の効用とオンラインの特徴とを利用する 182
  • 5 5.9.7 /ECフィールドでの近接演算子 184
  • 5 5.9.7 (A) W演算子 184
  • 5 5.9.7 (B) S演算子 184
  • 5 5.9.7 (C) F演算子 184
  • 5 5.9.8 合金の検索 185
  • 5 5.10 環からの検索 187
  • 5 5.10.1 Ring System Handbook 187
  • 5 5.10.1 (A) Ring System File 187
  • 5 5.10.1 (B) 索引 189
  • 5 5.10.2 環情報 190
  • 5 5.10.2 (A) 概要 191
  • 5 5.10.2 (B) NR=フィールド(環系中の環の数) 193
  • 5 5.10.2 (C) TR=フィールド(環の総数) 195
  • 5 5.10.2 (D) AR=フィールド(環の構成元素〈Hill方式〉) 195
  • 5 5.10.2 (E) FR=フィールド(環の構成元素(ヘテロ原子優先)) 200
  • 5 5.10.2 (F) リング・システム・マルチプライヤ 203
  • 5 5.10.2 (G) CR=フィールド(環の構成元素) 204
  • 5 5.10.2 (H) ER=フィールド(環の構成元素数) 205
  • 5 5.10.2 (I) SR=フィールド(環の員数) 206
  • 5 5.10.2 (J) IR=フィールド(環の識別番号) 209
  • 5 5.10.3 構成成分のフィールド 213
  • 5 5.10.3 (A) NC=フィールド(構成成分の数) 213
  • 5 5.10.3 (B) RC=フィールド(構成成分のCAS登録番号) 213
  • 5 5.11 周期律表からの検索 218
  • 5 (A) GN=フィールド(グループ番号) 218
  • 5 (B) PI=フィールド(周期律索引語CAS登録番号) 218
  • 5 5.12 CAS登録番号 222
  • 5 (A) RN=フィールド(CAS登録番号) 222
  • 5 (B) others CAS登録番号(0N=フィールド) 223
  • 5 5.13 検索例 228
  • 5 (1) 検索例1 228
  • 5 (2) 検索例2 228
  • 5 (3) 検索例3 232
  • 6 主題の検索 235
  • 6 6.1 CAの主題索引の索引作成法 236
  • 6 6.1.1 Articulated Subject Index 236
  • 6 6.1.2 主題索引のアルゴニズム 239
  • 6 6.1.3 索引語の変化 241
  • 6 6.2 デスクリプタ 244
  • 6 6.2.1 CA SEACHのBasic Index 244
  • 6 6.2.2 /DEフィールド 244
  • 6 6・2・3 GS=フィールドとGSI headingのタイプ 245
  • 6 6・2・4 GSI headingのphrase indexingとword indexing 247
  • 6 6.2.5 /DEと/DF 248
  • 6 6.2.6 検索例 248
  • 6 6.3 主題検索と近接演算子 251
  • 6 (A) W,N,X演算子 251
  • 6 (B) L,S演算子 253
  • 6 (C) F演算子 256
  • 6 6.4 Index Guideの利用 258
  • 6 6.4.1 Index Guide 258
  • 6 6.4.1 (A) General Subjectに関するsee参照 258
  • 6 6.4.1 (B) see also参照 258
  • 6 6.4.1 (C) Indexing Note 259
  • 6 6.4.1 (D) 同型異義語 261
  • 6 6.4.2 Hierarchies of General Subject Headings 261
  • 6 6.4.2 (A) Hierarchiesの形式 262
  • 6 6.4.2 (B) Hierarchy Index 263
  • 6 6.4.2 (C) 利用例 264
  • 6 6.4.3 検索例 267
  • 6 6.4.3 (1) 検索例1 267
  • 6 6.4.3 (2) 検索例2 270
  • 6 6.5 EXPANDの利用 272
  • 6 6.5.1 EXPANDとIndex Guideとの対応 272
  • 6 6.5.2 フィールドを指定したEXPANDの利用 275
  • 6 6.5.3 オンライン・スコープノートとIndex Guide 276
  • 6 6.6 累積索引期間ごとの索引語の非継続性 281
  • 6 6.6.1 EXPANDの利用 281
  • 6 6.6.2 Hierarchies of General Subject Headingの利用 282
  • 6 6.7 アイデンティフアイヤ 286
  • 6 6.7.1 キーワード・フレーズ 286
  • 6 6.7.2 /IDフィールド 287
  • 6 6.8 セクション 288
  • 6 6.8.1 /SHフィールド(セクション・タイトル) 288
  • 6 6.8.2 セクション・タイトルのEXPAND 289
  • 6 6.8.3 SC=フィールド(セクション・コード) 291
  • 6 6.8.4 検索例 292
  • 6 6.8.4 (1) 検索例1 292
  • 6 6.8.4 (2) 検索例2 295
  • 6 6.9 タイトル 300
  • 6 6.9.1 /TIフィールド 300
  • 6 6.9.2 検索例 300
  • 7 書誌事項の検索 303
  • 7 7.1 著者名、機関名からの検索 304
  • 7 7.1.1 Author Index 304
  • 7 7.1.2 Author Index Manufacturing System(AIMS) 305
  • 7 7.1.3 AU=フィールド(著者、発明者) 307
  • 7 7.1.4 CS=フィールド(機関名) 308
  • 7 7.2 文献のタイプからの検索 309
  • 7 7.2.1 文献のタイプと抄録数 309
  • 7 7.2.2 DT=フィールド(文献のタイプ) 310
  • 7 7.3 原報からの検索 311
  • 7 7.3.1 JN=フィールド(雑誌名) 311
  • 7 7.3.2 CO=フィールド(CODEN) 311
  • 7 7.3.3 SN=フィールド(ISSN) 311
  • 7 7.3.4 PU=フィールド(出版社) 311
  • 7 7.3.5 PY=フィールド(発行年) 312
  • 7 7.3.6 LA=フィールド(使用言語) 312
  • 7 7.3.7 JA=フィールド(CAの巻、号) 312
  • 8 特許の検索 313
  • 8 8.1 特許の収録範囲 314
  • 8 8.2 Patent Index 317
  • 8 8.2.1 パテント・ファミリー 317
  • 8 8.2.2 優先権主張 318
  • 8 8.2.3 Patent Indexの索引項目 318
  • 8 8.3 特許に関するフィールド 321
  • 8 8.3.1 特許出願関係 321
  • 8 8.3.1 (A) AC=フィールド(特許出願国と優先権主張国) 321
  • 8 8.3.1 (B) AD=フィールド(特許出願日) 322
  • 8 8.3.1 (C) AN=フィールド(特許出願番号) 322
  • 8 8.3.2 発明者と特許出願人 322
  • 8 8.3.2 (A) AU=フィールド(発明者) 322
  • 8 8.3.2 (B) PA=フィールド(特許出願人) 322
  • 8 8.3.3 特許資料関係 323
  • 8 8.3.3 (A) PC=フィールド(特許発行国) 323
  • 8 8.3.3 (B) PD=フィールド(特許発行日) 323
  • 8 8.3.3 (C) PN=フィールド(特許の番号) 323
  • 8 8.3.4 PCT,EPC出願関係 324
  • 8 8.3.5 主要国における特許出願番号、特許の番号の付け方 324
  • 8 8.3.6 主要国の特許資料名とコード 326
  • 9 MAP機能 327
  • 9 9.1 MAPコマンドの使用できるファイルとフィールド 328
  • 9 9.2 一般的形式 330
  • 9 9.3 フィールドを変更する場合 335
  • 9 9.4 qualifierを付ける場合 336
  • 9 9.5 MAPコマンドの利用パターン 339
  • あとがき 343
  • 付.1 CA SEARCHブルーシート抜粋 347
  • 付.2 CHEMNAMEなどブルーシート抜粋 350
  • 付.3 CAS使用の略語と記号 352

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで