サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

足立康著作集 3 (塔婆建築の研究)

足立, 康, 1898-1941

詳細情報

タイトル 足立康著作集
著者標目 足立, 康, 1898-1941
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社中央公論美術出版
出版年月日等 1987.12
大きさ、容量等 376p ; 22cm
注記 編修: 太田博太郎
ISBN 4805514132
価格 9800円
JP番号 88013800
巻次 3 (塔婆建築の研究)
部分タイトル 北魏塔婆様式の系統に就いて.聖徳太子の造塔に対する御精神.粟原寺の露盤に就いて.南都七大寺塔婆の高さ.『七大寺巡礼私記』に現われた塔婆の記事.元興寺五重塔の高さ.東大寺東塔の落成年代.東大寺七重塔の高さに就いて.西大寺八角七重塔に就いて.当麻寺西塔に関する疑い.久米寺塔婆考.高野山根本大塔とその本尊.春日西塔と興福寺塔との関係.興福寺三重塔の焼失年代.十三重木造塔婆の造立例.円覚寺の華厳塔.建長寺華厳塔に就いて.延暦寺相輪[トウ]の形式.西蓮寺相輪[トウ]に就いて.重源上人の塔. 解説 太田博太郎著
出版年(W3CDTF) 1987
件名(キーワード) 寺院建築--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 卒塔婆
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KA344
NDC(8版) 521.81
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで