サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

教祖とその周辺

宗教社会学研究会編集委員会 編

詳細情報

タイトル 教祖とその周辺
著者 宗教社会学研究会編集委員会 編
著者標目 宗教社会学研究会 (1975年)
シリーズ名 宗教社会学研究会論集 ; 4
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社雄山閣出版
出版年月日等 1987.10
大きさ、容量等 253p ; 22cm
ISBN 4639006829
価格 2800円 (税込)
JP番号 88007324
部分タイトル 教祖の理論的考察 教祖と宗教的指導者崇拝の研究課題 島薗進著. ヴェーバー社会学におけるカリスマ論の位置 勝又正直著. 教祖とその信仰体験 自己受容化とカリスマの成熟-円応教教祖深田千代子の場合 磯岡哲也著. 現代新宗教におけるカリスマー高橋信次とGLAに関する一考察 沼田健哉著. 救済体験と宗教的権威の形成-ウェスレーとメソディズムの場合 山中弘著. 教祖と教祖をめぐる集団 分派教団における教祖の形成過程-妙智会教団の場合 渡辺雅子著. 教祖のドラマトゥルギー-カリスマの制度化と継承 川村邦光著. 信者の意識から見た仏教運動の創始者-大日本仏教済世軍と真田増丸 藤井健志著. 教祖とその時代 蒙古来襲期における仏教系新宗教運動とその教祖達-叡尊、忍性、日蓮、一遍 笠井正弘著. 中世の宗教運動とその創始者-特に伊勢神道発生に留意して 白山芳太郎著. 専修念仏宗における指導者像の変容-『選択集』製作を通してみた 林淳著. 解説. 文献解題 中村圭志ほか著. 各章末:参考文献
出版年(W3CDTF) 1987
件名(キーワード) 宗教社会学
件名(キーワード) カリスマ
NDLC HK23
NDC(8版) 161.3
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで