サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

バイオセンサー最先端技術

詳細情報

タイトル バイオセンサー最先端技術
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社シーエムシー
出版年月日等 1987.8
大きさ、容量等 264p ; 27cm
注記 監修: 軽部征夫
注記 発売: ジスク
注記 各章末: 文献
価格 48000円
JP番号 87051212
出版年(W3CDTF) 1987
件名(キーワード) バイオセンサ
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC RA71
NDC(8版) 464
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • バイオセンサー最先端技術
  • 目 次
  • 【第I編 総論】
  • 第1章 総論 軽部征夫
  • 1 はじめに 3
  • 2 バイオセンサーの原理 3
  • 3 生体材料 5
  • 4 トランスデューサー 7
  • 5 酵素センサー 8
  • 6 免疫センサー 9
  • 7 微生物センサー 11
  • 8 バイオサーミスタ 13
  • 9 フォトバイオセンサー 15
  • 10 マイクロバイオセンサー 16
  • 11 おわりに 18
  • 【第II編 開発動向】
  • 第2章酵素センサー 久保いづみ
  • 1 はじめに 21
  • 2 酵素センサーの原理 21
  • 3 酵素固定化技術 22
  • 3.1 固定化の意義 22
  • 3.2 酵素の固定化法 23
  • 4 最近の技術動向 25
  • 4.1 メディエー夕固定化型酵素センサー 25
  • 4.2 好熱性細菌由来の酵素を用いた酵素センサー 28
  • 4.3 その他の酵素センサー 28
  • 4.4 固定化法の進歩 29
  • 5 酵素センサーの実用化 30
  • 第3章 微生物センサー 鈴木博章
  • 1 はじめに 33
  • 2 微生物センサの構造・原理 34
  • 3 使用ずる微生物 35
  • 4 トランスデューサー 35
  • 5 微生物の固定法 36
  • 6 微生物センサー各論 37
  • 6.1 グルコースセンサー 37
  • 6.2 アルコールセンサー 37
  • 6.3 アンモニアセンサー 37
  • 6.4 二酸化炭素センサー 38
  • 6.5 アミノ酸センサー 39
  • 6.6 有機酸センサー 39
  • 6.6.1 酢酸センサー 39
  • 6.6.2 ギ酸センサー 39
  • 6.7 発がん物質センサー 40
  • 6.8 耐熱性微生物センサー 40
  • 6.8.1 二酸化炭素センサー 40
  • 6.8.2 BODセンサー 41
  • 6.9 その他のセンサー 43
  • 7 今後の課題 43
  • 第4章 免疫センサー 佐野恵一
  • 1 はじめに 45
  • 2 間接法 45
  • 2.1 ラジオイムノアッセイ法(RIA法) 45
  • 2.2 酵素免疫測定法(EIA法) 46
  • 2.3 蛍光免疫測定法 47
  • 2.4 蛍光偏光免疫測定法 48
  • 2.5 スピンイムノセンサー 49
  • 2.6 リポソームイムノセンサー 49
  • 2.7 酵素免疫センサー 51
  • 2.8 発光免疫センサー 53
  • 3 直接法 55
  • 3.1 ネフェロメトリー免疫測定法 55
  • 3.2 免疫センサー 56
  • 3.3 ゆらぎ免疫センサー 58
  • 第5章 電極センサー 本橋亮一
  • 1 はじめに 63
  • 2 過酸化水素電極 63
  • 3 溶存酸素電極 67
  • 4 電導度電極 69
  • 5 イオン電極 71
  • 6 酸化還元電位電極 73
  • 7 おわりに 75
  • 第6章 FETセンサー
  • 1 集積型FETバイオセンサー 木村純 77
  • 1.1 SOS/ISFET 77
  • 1.2 SOS/ISFET型ワンチップバイオセンサー 78
  • 1.2.1 参照電極の固体化 78
  • 1.2.2 SOS/ISFET型ワンチップバイオセンサー 80
  • 1.3 フォトリソグラフィーによる酵素膜のパターニング 82
  • 1.4 バイオセンサーのインテリジェント化 84
  • 2 FETセンサーのための固定化酵素膜製膜法 塩野悟 88
  • 2.1 はじめに 88
  • 2.2 FETバイオセンサーのための固定化酵素膜製膜法の概観 89
  • 2.3 直接フォトパターニング法を適用したFETバイオセンサー 93
  • 2.3.1 単機能性FETバイオセンサー 93
  • 2.3.2 多機能件センサー 98
  • 2.4 おわりに 99
  • 3 酢酸菌および酢酸菌の細胞膜を利用したISFETアルコールセンサー 北川泰 101
  • 3.1 はじめに 101
  • 3.2 酢酸菌の細胞膜およびその特徴 101
  • 3.2.1 酢酸菌の細胞膜酵素の特徴 101
  • 3.2.2 酢酸菌のアルコール酸化酵素系を利用した場合の利点 102
  • 3.3 酢酸菌を用いたISFETアルコールセンサー 103
  • 3.3.1 実験方法 103
  • 3.3.2 結果と考察 104
  • 3.4 細胞膜を用いたISFETアルコールセンサー 107
  • 3.4.1 実験方法 107
  • 3.4.2 結果と考察 108
  • 3.5 おわりに 110
  • 4 FETマイクロバイオセンサーの開発 後藤正男 112
  • 4.1 はじめに 112
  • 4.2 原理 113
  • 4.2.1 構造 113
  • 4.2.2 測定系 113
  • 4.2.3 界面電位 114
  • 4.3 生体素子 115
  • 4.3.1 酵素 115
  • 4.3.2 微生物 116
  • 4.3.3 抗原・抗体 116
  • 4.3.4 レセプター 117
  • 4.3.5 イオノフォア(抗生物質) 117
  • 4.3.6 プロトンポンプ,生体膜,人工生体素子 117
  • 4.4 有機薄膜 118
  • 4.4.1 要求特性 118
  • 4.4.2 有機薄膜の形成法およびその種類 118
  • 4.4.3 ポリビニルブチラール膜 119
  • 4.4.4 固定化法 119
  • 4.5 デバイス 120
  • 4.5.1 集積化 120
  • 4.5.2 アモルファスシリコンーISFET 120
  • 4.6 おわりに 123
  • 第7章 フォトバイオセンサー 前田拓巳
  • 1 はじめに 126
  • 2 化学発光を利用したフォトバイオセンサー 127
  • 2.1 化学発光を利用したフォトバイオセンサー 127
  • 2.1.1 化学発光 127
  • 2.1.2 バイオフォトダイオード 127
  • 2.2 フローインジェクション方式によるフォトバイオセンサーシステム 129
  • 2.3 電気化学発光を利用したフォトバイオセンサー 130
  • 3 蛍光,吸光を利用したフォトバイオセンサー 131
  • 3.1 光ファイバー化学センサーの種類 132
  • 3.2 光ファイバー酵素センサー 133
  • 3.3 光ファイバー免疫センサー 135
  • 3.4 光ファイバーpHセンサー 135
  • 3.5 その他の光ファイバーセンサー 136
  • 4 おわりに 137
  • 第8章 マイクロバイオセンサー
  • 1 マイクロバイオセンサー(埋込み式) 服部信司 139
  • 1.1 はじめに 139
  • 1.2 バイオセンサーを用いた臨床化学分析 139
  • 1.3 人工膵臓用グルコースセンサー 141
  • 1.3.1 人工膵臓の概要 141
  • 1.3.2 ベッドサイド型グルコースセンサー 142
  • 1.3.3 携帯型または埋込み型人工膵臓用グルコースセンサー 142
  • 1.4 おわりに 151
  • 1.4.1 今後の課題 151
  • 1.4.2 実用化の展望 151
  • 2 マイクロバイオセンサー(使い捨て型) 野添由照 153
  • 2.1 はじめに 153
  • 2.2 酵素電極法による使い捨て型バイオセンサーの現状 154
  • 2.2.1 2極法と3極法 156
  • 2.2.2 過酸化水素電極を用いたグルコースセンサー 157
  • 2.2.3 メディエーターを用いたグルコースセンサー 161
  • 2.2.4 温度依存性 163
  • 2.3 おわりに 164
  • 第9章 圧電素子バイオセンサー 村松宏
  • 1 はじめに 166
  • 2 振動子センサーの展開 166
  • 2.1 水晶振動子の化学計測への応用 166
  • 2.2 SAWデバイスの化学計測への応用 167
  • 2.3 バイオセンサーへの展開 168
  • 3 圧電素子のバイオセンサーへの応用 168
  • 3.1 水晶振動子の免疫センサーへの応用 168
  • 3.1.1 抗BSA(ウシ血清アルブミン)抗体測定センサー 168
  • 3.1.2 競争法を利用した免疫測定 169
  • 3.1.3 二段階法 170
  • 3.1.4 サンドイッチ法 170
  • 3.1.5 白血球計測センサー 171
  • 3.1.6 病原性微生物センサー 171
  • 3.2 SAWデバイスによる免疫測定 173
  • 4 フローセルを用いた水晶振動子バイオセンサー 174
  • 5 おわりに 178
  • 【第III編 応 用】
  • 第10章 医 療 依田賢太郎
  • 1 はじめに 183
  • 2 臨床検査への応用 183
  • 2.1 検体検査 184
  • 2.1.1 酵素センサー 184
  • 2.1.2 免疫センサー 190
  • 2.1.3 酵素免疫センサー 191
  • 2.1.4 その他のセンサー 192
  • 2.2 生体検査 192
  • 2.2.1 経皮血液ガス測定用センサー 192
  • 2.2.2 心臓カテーテル用酸素センサー 192
  • 2.2.3 乳酸連続モニター 192
  • 2.2.4 カテーテル用ISFETセンサー 192
  • 2.2.5 ヘモグロビン測定用センサー 193
  • 3 人工臓器への応用 194
  • 3.1 人工膵臓 194
  • 3.2 人工腎臓 194
  • 3.3 人工肝臓 195
  • 4 おわりに 195
  • 第11章 発酵工業 引馬基彦
  • 1 はじめに 197
  • 2 成分センサーの必要性 198
  • 2.1 プロセス管理におけるオンライン計測 198
  • 2.2 測定対象成分の発酵槽外への取り出し 199
  • 3 バイオセンサーの方式と選定 200
  • 3.1 酸素電極方式 202
  • 3.2 メディエー夕ー利用酸素電極方式 202
  • 3.3 過酸化水素電極方式 203
  • 3.4 ISFET方式 203
  • 4 バイオセンサーの性能評価試験 203
  • 5 バイオセンサーの実用化例ーグルタミン酸センサー 207
  • 5.1 開発の経緯 207
  • 5.2 測定原理 208
  • 5.3 応答特性 208
  • 5.4 実用性 209
  • 5.5 グルタミン酸迅速定量システム 209
  • 6 おわりに 210
  • 第12章 食 品 松本邦男
  • 1 はじめに 213
  • 2 食品分野における酵素センサーの利用 214
  • 3 食品分野に利用されている酵素センサー 216
  • 3.1 原理 216
  • 3.1.1 固定化酵素膜ー過酸化水素電極方式 216
  • 3.1.2 固定化酵素膜ー酸素電極方式 217
  • 3.2 固定化酵素の調製 220
  • 3.2.1 多孔性ポリアクリロニトリル膜 220
  • 3.2.2 感光性ポリビニルアルコール膜 222
  • 4 食品分野における酵素センサーの応用例 222
  • 4.1 単機能型酵素センサー 222
  • 4.1.1 アルコールセンサー 222
  • 4.1.2 グルコースセンサー 226
  • 4.1.3 乳酸センサー 227
  • 4.1.4 ペプチドセンサー 228
  • 4.1.5 マルトオリゴ糖センサー 228
  • 4.2 多機能型酵素センサー 229
  • 4.2.1 魚介類の鮮度センサー 230
  • 4.2.2 旨味成分センサー 230
  • 5 おわりに 232
  • 第13章 工業プロセス 山下直
  • 1 工業プロセスに対するバイオセンサーの応用 235
  • 2 工業プロセスにおいて要求されるオンラインセンサーの条件 236
  • 3 オンラインセンサーとしての性能(1)ー酵素センサーの場合 236
  • 3.1 アスコルビン酸センサー 236
  • 3.2 その他の酵素センサー 240
  • 4 オンラインセンサーとしての性能(2)ー微生物センサーの場合ー 240
  • 4.1 酢酸センサー 240
  • 4.2 エチルアルコールセンサー 242
  • 5 バイオセンサーを用いたオンライン分析システム 242
  • 6 今後の発展と問題点 244
  • 第14章 環境計測 大谷芳亨
  • 1 はじめに 245
  • 2 BODセンサー 245
  • 3 BODセンサーによる測定システムの概要 246
  • 3.1 微生物膜の作製方法 246
  • 3.2 BODセンサーの構成 246
  • 3.3 測定システムの構成 246
  • 3.4 BOD標準液 247
  • 4 測定システムの特性 248
  • 4.1 BODセンサーの応答 248
  • 4.2 検量線 248
  • 4.3 pHと温度の影響 248
  • 4.4 従来法(5日間法)とBODセンサー法との相関 249
  • 4.4.1 有機化合物の測定 249
  • 4.4.2 実廃水の測定 250
  • 4.5 安定性 251
  • 5 BOD連続測定装置 251
  • 5.1 構成と機能 251
  • 5.2 装置の仕様 252
  • 5.3 装置のメンテナンス 253
  • 6 今後の課題 253
  • 【第IV編 海外の研究開発・市場】
  • 第15章 海外の開発・市場動向  Valerie M.Owen(訳:民谷栄一)
  • 1 はじめにーバイオセンサービジネスー 257
  • 2 応用 259
  • 3 医療用酵素電極 261
  • 4 他の商業用バイオセンサー 262
  • 5 将来展望 263

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで