サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

新・導電性高分子材料

詳細情報

タイトル 新・導電性高分子材料
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社シーエムシー
出版年月日等 1987.2
大きさ、容量等 245p ; 27cm
注記 監修: 雀部博之
注記 発売: ジスク
注記 各章末: 文献
価格 48000円
JP番号 87023785
出版年(W3CDTF) 1987
件名(キーワード) 導電性高分子材料
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC PA431
NDC(8版) 578
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 新・導電性高分子材料
  • 目次
  • 【基礎編】
  • 第1章 ソリトン,ポーラロン,バイポーラロン:導電性高分子における非線形励起と荷電状態 Solitons,Polarons,and Bipolarons:The Fundamental Nonlinear Excitations and Charge Storage Configuraーtions of Conducting Polymers A.J.Heeger
  • 1 Introduction 5
  • 1.1 Polyacetylene and Polythiophene 5
  • 1.2 Degenerate Ground State:Solitons as Nonlinear Excitations 7
  • 1.3 Neutral Solitons in transー(CH)x 11
  • 1.4 Nonーdegenerate Ground State:Bipolarons as Nonlinear Excitaーtions 12
  • 1.5 Solitons,Polarons,and Bipolaーrons 15
  • 2 Solitons in Polyacetylene:A Sumーmary of EXperinmental Results 16
  • 2.1 Solitons in transー(CH)x:Charge Transfer Doping 17
  • 2.1.1 1nfrared Active Vibrational Modes 17
  • 2.1.2 The Mid-Gap Absorption 18
  • 2.1.3 The Reversed SpinーCharge Relations:Charge Storage in Spinless Solitons 19
  • 2.2 Solitons in transー(CH)x:Phoーtoexcitation 23
  • 2.2.1 1nfrared Active Vibrational Modes 23
  • 2.2.2 Photoinduced Absorption and Photoconductivity 25
  • 2.2,3 The Reversed SpinーCharge Relations:Photogeneration of Spinless Charged Soliーtons 30
  • 3 Bipolarons in Polythiophene:A Sumーmary of Experimental Results 31
  • 3.1 Bipolarons(and Polarons)in Polythiophene:Charge Transーfer Doping 32
  • 3.1,1 1nfrared Active Vibrationa1 Modes 32
  • 3.1.2 Symmetric Gap States and the Associated Electronic Transitions 32
  • 3.1.3 ESR Measurements During Electrochemical Doping of Polythiophene:Charge Storage in Spinless Bipolarons 35
  • 3.2 Bipolarons(and Polarons)in Polythiophene:Photoexcitation 37
  • 3.2.1 Infrared Active Vibrational Modes 38
  • 3.2.2 Photoinduced Absorption and Lightーinduced ESR 40
  • 4 Photogeneration of Nonlinear Excitaーtions in Semiconducting Polymers:Fast Response Nonlinear Optical Phenomena 44
  • 5 Conclusion 47
  • 第2章 導電性高分子の理論的設計 J.L.ブレダ Theoretical Design Conducting Polymers,J・L・Bredas
  • 1 The Valence Effective Hamiltonian Technique for Polymers 58
  • 1.1 Description of the VEH method 58
  • 1.2 Application of the VEH method to the simulation of photoelectron spectra 62
  • 2 Electronic Properties of Organic Polyーmers:Correlation with The Conducーtion Capabilities upon Doping 66
  • 2.1 Polyacetylene 69
  • 2.2 Polyparaphenylene and derivaーtives 70
  • 2.3 Polyperinaphthalene and polyーperianthracene 72
  • 2.4 Polypyrrole and methyl derivaーtives 76
  • 2.5 Polythiophene 79
  • 2.6 Polyvinylene sulfide 80
  • 2.7 Synopsis 80
  • 3 Molecular Engineering of Organic Polymers with a Very Small Inーtrinsic Bandgap 81
  • 3.1 Relationship between bandgap and bond lenghth alternation in aromatic polymers 82.
  • 3.2 Electronic structure of polyisothiーanaphthene 89
  • 3.3 Electronic structure of polythieno[3,4ーc]thiophene and polyisoーnaphtothiophene 100
  • Acknowledgements 102
  • 第3章 擬1次元導体 村田恵三,石黒武彦
  • 1 はじめに 108
  • 2 擬1次元性 109
  • 2.1 擬1次元性とフェルミ面 110
  • 2.2 電子軌道 110
  • 2.3 擬1次元性と温度効果 112
  • 2.4 分極関数 112
  • 2.5 Peierls(パイエルス)転移 113
  • 2.6 ネスティング 115
  • 3 電荷密度波ーTTFーTCNQを中心としてー 116
  • 3.1 電気伝導度と圧力効果 116
  • 3.2 非線型伝導 117
  • 3.3 超伝導との類似点 118
  • 3.4 実空間での観測 119
  • 4 スピン密度波ーTMTSF塩,TMTTF塩を中心としてー 119
  • 4.1 圧力効果,磁場効果 121
  • 4.2 スピン密度波とスピンーパイェルス相 122
  • 5 超伝導 122
  • 5.1 TMTSF塩 122
  • 5.2 BEDTーTTF塩 124
  • 5.3 その他の超伝導 125
  • 6 おわりに 125
  • 第4章 パイロポリマーから低次元グラファイトヘ 吉村進
  • 1 はじめに 128
  • 2 パイロポリマー 129
  • 2.1 モノマーから得られるパイロポリマー 129
  • 2.1.1 酸化重合 130
  • 2.1.2 熱分解重合 130
  • 2.1.3 重縮合 132
  • 2.1.4 気相成長 133
  • 2・2 ポリマーから得られるパイロポリマー 134
  • 2.2.1 ポリアクリロニトリル 134
  • 2.2.2 縮合系高分子 135
  • 3 低次元グラファイト 138
  • 3.1 1次元グラファイト 139
  • 3.1.1 理論からの期待 139
  • 3.1.2 1次元グラファイトの合成 140
  • 3.2 2次元グラファイト 141
  • 4 材料科学としての今後の課題 143
  • 第5章 共役系導電性高分子 弘岡正明
  • 1 導電性有機・高分子化合物の展開 148
  • 2 共役系高分子の基本特性と諸問題 148
  • 3 構造制御による電導度の向上 150
  • 3.1 ポリアセチレン 150
  • 3.2 ポリフェニレンビニレン 151
  • 3.3 ポリピロール 152
  • 3.4 ホリフェニレンスノレフィド 152
  • 4 導電性高分子の賦形 153
  • 4.1 Durhamホリアセチレン 153
  • 4.2 スルホニウム塩法ポリフェニレンビニレン 154
  • 4.3 賦形性ポリーpーフェニレン 154
  • 4.4 チオフェン系可溶性ポリマー 155
  • 5 今後の課題と展望 156
  • 第6章 イオン注入によるドーピング 和田達夫,雀部博之
  • 1 はじめに 159
  • 2 イオン注入と注入イオン分布 161
  • 3 イオン注入による構造変化 166
  • 4 イオン注入による導電性の制御と安定性 170
  • 4.1 ドーピング効果 170
  • 4.2 pーn接合の形成 173
  • 5 おわりに 176
  • 第7章 超イオン導電体(固体電解質) 重原淳孝
  • 1 イオン伝導 178
  • 2 有機超イオン伝導体 180
  • 2.1 設計の要点 180
  • 2.2 高分子ーMXハイブリッドイオン伝導体(Biーionic Conductor) 182
  • 2.3 電解質型イオン伝導体(Singleーionic Conductor) 185
  • 【応用編】
  • 第8章 高分子バッテリー 川合幹夫
  • 1 はじめに 191
  • 2 高分子電池材料 192
  • 2.1 負極材料 192
  • 2.1.1 リチウム金属 192
  • 2.1.2 リチウム合金 192
  • 2.1.3 導電性高分子 193
  • 2.2 正極材料 193
  • 2.2.1 分子設計 193
  • 2.2.2 PTPA類の高分子物性 195
  • 2.2.3 PTPA類の電導度測定 195
  • 2.2.4 pTPA類の電極特性 195
  • 2.3 電解質 196
  • 3 高分子電池の試作 197
  • 3.1 PTPA正極特性 197
  • 3.2 高分子電池特性 198
  • 4 今後の課題 200
  • 第9章 透明導電性高分子 田坂茂,宮田清雇
  • 1 はじめに 202
  • 2 透明導電性膜の原理 202
  • 2.1 自由電子の光吸収 202
  • 2.2 バンド吸収,不純物吸収,エキシトン吸収 203
  • 2.3 酸化物半導体の透明性 204
  • 2.4 有機導電性高分子における光吸収 204
  • 3 透明導電性高分子の例 205
  • 3.1 ポリイソチアナフテン 205
  • 3.2 高分子・導電性高分子複合体 206
  • 3.3 固気界面重合によるポリピロール薄膜 207
  • 3.4 固気界面重合フィルムの反応条件 209
  • 4 おわりに 213
  • 第10章 導電性高分子を用いたデバイス 吉野勝美
  • 1 はじめに 215
  • 2 導電性高分子の性質 215
  • 3 導電性高分子の作成法 216
  • 4 導電性高分子の応用 219
  • 4.1 導電性高分子の導体としての応用 219
  • 4.2 電子素子 220
  • 4.3 光機能素子 221
  • 4.4 電池応用 223
  • 4.5 太陽電池 225
  • 4.6 センサ応用 225
  • 4.7 電磁シールド 227
  • 4.8 その他の応用 228
  • 5 おわりに 230
  • 第11章 プラスチックバッテリー 与那原邦夫
  • 1 はじめに 232
  • 2 ポリアセチレンを主体としたバッテリー 232
  • 2.1 ヘンシルバニア大学グルーフについて 232
  • 2.2 芝浦工大グルーブについて 234
  • 2.3 阪大グルーブについて 234
  • 2.4 PAバッテリーの問題点 235
  • 2.4.1 自己放電 935
  • 2.4.2 有機溶媒の分解 235
  • 2.4.3 PAの劣化 236
  • 3 固体電解質について 236
  • 4 PA以外の高分子電極を用いたバッテリー 239
  • 4.1 ホリパラフェニレン(PPP)を電極としたもの 239
  • 4.2 ポリアニリン(PAn)を電極としたバッテリー 240
  • 4.3 その他のバッテリー 240
  • 5 亜鉛ー臭素電池 242
  • 6 おわりに 243

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで