サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

中古文学と漢文学 1

和漢比較文学会 編

詳細情報

タイトル 中古文学と漢文学
著者 和漢比較文学会 編
著者標目 和漢比較文学会
シリーズ名 和漢比較文学叢書 ; 第3巻
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社汲古書院
出版年月日等 1986.10
大きさ、容量等 364p ; 22cm
ISBN 4762932272
価格 5500円 (税込)
JP番号 87003032
巻次 1
部分タイトル <侍臣>攷-古今和歌集歌人の官職と律令 新井栄蔵著. 「幽玄」の源流と平安文学への反映 梅野きみ子著. 『新撰万葉集』における「和」と「漢」-在原棟梁歌「秋風に綻びぬらし藤袴」を手掛りに 泉紀子著. 和歌と漢詩文-後拾遺時代の諸相 川村晃生著. 賀茂斎院の生活と文学-有智子内親王の漢詩と選子内親王の和歌 所京子著. 平安朝七夕考説-詩と歌のあいだ 吉川栄治著. 弓張月攷-「照る月を弓はりとしもいふことは」の周辺 丹羽博之著. 冬夜の詠-平安詩歌における「夜」の展開と貫之 三木雅博著. 平安朝漢詩文における縁語掛詞的表現 工藤重矩著. 王朝漢詩の表現覚書-王朝詩と白詩と 本間洋一著. 嵯峨詩壇の中唐詩摂取に関する試論-「落花篇」と韓愈 大塚英子著. 小野篁-承和期の文人の一典型として 藤原克己著. 紀長谷雄『競狩記』について 蔵中スミ著. 研究文献目録 中古篇 1(昭和四十年~昭和五十九年):p327~364
出版年(W3CDTF) 1986
件名(キーワード) 日本文学--歴史--平安時代
件名(キーワード) 漢文
件名(キーワード) 漢詩 (日本)
NDLC KG16
NDC(8版) 910.23
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで