サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

古典派経済学研究 3

早坂忠 編

詳細情報

タイトル 古典派経済学研究
著者 早坂忠 編
著者標目 早坂, 忠, 1931-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社雄松堂出版
出版年月日等 1986.2
大きさ、容量等 388p ; 22cm
ISBN 4841900187
価格 4000円 (税込)
JP番号 86027000
巻次 3
部分タイトル J.ステュアートにおける歴史と経済 八幡清文著. サー・ジェイムズ・ステュアートにおける均衡概念の発見-価格論をめぐって 大森郁夫著. 同感論の基本構成-スミス社会形成論研究序説 鈴木信雄著. スミス価値論の成立過程-『法学講義』から『国富論』へ 新村聡著. アンダソン『考察』のスミス批判と『国富論』増訂問題-その歴史的位相 菊池壮蔵著. リカードウの「絶対価値」概念についてーリカードウ価値論の一側面 有江大介著. シスモンディの恐慌論 中宮光隆著. 異端の経済政策思想-バーミンガム学派の諸提言,1837~1844年 西沢保著. J.S.ミルの経済学方法論 馬渡尚憲著
出版年(W3CDTF) 1986
件名(キーワード) 古典学派 (経済学)
NDLC DA22
NDC(8版) 331.4
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで